このページを印刷する

茨城 敏夫 (いばらき としお)

パートナー
コーポレート/M&A、紛争解決、自動車産業

プロフィール

当事務所に入所する以前は、大手監査法人において主に上場会社等の会計監査業務に従事。2003年当事務所に入所後、東京事務所のコーポレートM&Aグループに所属。2005年から2007年には、国内大手証券会社の自己投資(プリンシパル・インベストメント)部門に出向し、企業再生投資案件、プライベート・エクイティ投資案件その他各種投資案件に関与した経験を有する。2011年6月から2012年8月までベーカーマッケンジーのメンバーファームであるBaker McKenzie.Wong & Leow(シンガポール)に勤務し、東南アジア各国の日本企業の投資案件及びコンプライアンス案件に多数関与。

取扱業務

企業法務全般に従事。国内及びクロスボーダーM&A/プライベート・エクイティ案件における法務監査の実施、各種契約書の作成及びストラクチャーの検討。上場会社等のディスクロージャー規制、インサイダー取引規制及びTOB規制等に関するアドバイスの提供。日本企業のアジアを中心とした海外のコンプライアンス体制の構築及び海外社内調査の支援。M&A、会計・税務、金融に関する知識・経験を基にした事業再生に関するアドバイスの提供。

著書・論文

  • 『3つのステージで考えるアジア事業投資とコンプライアンス戦略』(共著、中央経済社、2014年1月発行)
  • 『海外進出企業の贈賄リスク対応の実務 - 米国FCPAからアジア諸国の関連法まで』(共著、中央経済社、2013年5月発行)
  • 「2012年11月公表 米国FCPAガイドラインの要対応ポイント」『Business Law Journal』(レクシスネクシス・ジャパン、2013年3月号)
  • 「東南アジア進出戦略の羅針盤」『ビジネス法務』(中央経済社、2012年10月)
  • 「World Legal & Business Guide No.9 シンガポール」『Business Law Journal』(レクシスネクシス・ジャパン、2011年12月号)
  • 『注釈金融商品取引法 第1巻』(第2章の2「公開買付けに関する開示」を共同執筆、きんざい、2011年4月発行)
  • 『実践TOBハンドブック改訂版』(共著、日経BP社、2010年10月発行)
  • 『合併・買収の統合実務ハンドブック』(共著、中央経済社、2010年6月発行)
  • 『Q&A 取引先の倒産対応マニュアル』(共著、日本経済新聞出版社、2010年1月発行)

登録

2003年 弁護士登録(東京弁護士会)
2003年 公認会計士登録

所属

  • Tokyo Bar Association – Member
  • Japanese Institute of Certified Public Accountants – Member

学歴

1995年 早稲田大学政治経済学部卒業(経済学士号取得)
2011年 コロンビア大学ロースクール(LL.M.)修了

関連情報