このページを印刷する

茨城敏夫 (いばらき としお)

パートナー
コーポレート/M&A、紛争解決、自動車産業

プロフィール

当事務所に入所する以前は、大手監査法人において主に上場会社等の会計監査業務に従事。2003年当事務所に入所後、東京事務所のコンプライアンス/不正調査グループ及びコーポレート/M&Aグループに所属。2005年から2007年には、国内大手証券会社の自己投資(プリンシパル・インベストメント)部門に出向し、企業再生投資案件、プライベート・エクイティ投資案件その他各種投資案件に関与した経験を有する。2011年6月から2012年8月までベーカーマッケンジーのメンバーファームであるBaker McKenzie.Wong & Leow(シンガポール)に勤務し、日系企業の東南アジア各国におけるコンプライアンス/社内調査案件及び投資案件に関与。

取扱業務

企業法務全般に従事。企業のコンプライアンス及びその関連分野を専門とする。日系企業の海外事業に関するコンプライアンスプログラムの整備に関して、アドバイスを提供。日本国内はもとより海外においても、不正調査及び不祥事対応に係る豊富な経験を有する。また、会計・税務に関する知識・経験を生かして国内及びクロスボーダーのM&A案件も手掛ける。

主要実績

コンプライアンス/不正調査

  • 多数の東京証券取引所上場の日本企業及びNYSE上場の米国企業の日本子会社の不適切会計事案の調査に従事
  • 東京証券取引所第一部に上場している複数の電機メーカー及び商社のアジア地域における贈収賄防止/競争法コンプライアンスプログラムの構築及び運用を支援
  • 東南アジアにおける米国FCPAに基づく贈賄事件の調査において、NYSE上場の日系企業を支援
  • 日本交通技術(JTC)の第三者委員会の調査担当弁護士として、ODA事業に係るアジアにおける贈賄事件の調査に従事
  • 東京証券取引所第一部上場企業のインドの買収案件に関して、買収後の被買収企業の贈賄防止コンプライアンス監査を支援
  • 海外の医薬品メーカーの国内の薬機法違反事件について、社内調査の実施、立入検査への立ち会い、当局との折衝等を支援
  • 国際カルテル事件において、東京証券取引所第一部上場の自動車部品メーカーを代理
  • 日本の機械メーカーの中国子会社の現地従業員による横領事件に関して社内調査を支援

コーポレートM&A

  • 米保険会社プロテクティブ社の株式を100%取得するに際し、第一生命を代理(Best FIG Deal by FinanceAsia Japan 2014/15受賞)
  • 日本の鉄鋼商社によるシンガポール及び南アフリカの資源会社の少数持分取得を伴う戦略的提携案件を支援

著書・論文

  • 「米国司法省のFCPA違反企業に対する執行方針―FCPAパイロットプログラムの正式採用」『NBL』(共著、商事法務、2018年3月15日号)
  • 「グローバルコンプライアンスの最近の潮流 日弁連「海外贈賄防止ガイダンス(手引)」の公表」『金融法務事情』(著者、きんざい、2016年10月10日号)
  • 「外国公務員贈賄防止指針の改訂のポイント(1)(2)(3・完)―国際的な規制環境および海外コンプライアンス実務の視点から」『NBL』(共著、商事法務、2015年10月~12月発行)
  • 『3つのステージで考えるアジア事業投資とコンプライアンス戦略』(共著、中央経済社、2014年1月発行)
  • 『海外進出企業の贈賄リスク対応の実務 - 米国FCPAからアジア諸国の関連法まで』(共著、中央経済社、2013年5月発行)
  • 「2012年11月公表 米国FCPAガイドラインの要対応ポイント」『Business Law Journal』(レクシスネクシス・ジャパン、2013年3月号)
  • 「東南アジア進出戦略の羅針盤」『ビジネス法務』(中央経済社、2012年10月)
  • 「World Legal & Business Guide No. 9 シンガポール」『Business Law Journal』(レクシスネクシス・ジャパン、2011年12月号)
  • その他多数

 

登録

日本(2003年)

日本(公認会計士)(2003年)

所属

  • 東京弁護士会

学歴

1995年 早稲田大学政治経済学部卒業

2011年 コロンビア大学ロースクール(LL.M.)修了

関連情報