このページを印刷する

津田朗彦 (つだ あきひこ)

パートナー
税務・移転価格

プロフィール

東京事務所の税務・移転価格グループに所属。

当事務所に入所する以前は、日本及び米国(ロサンゼルス)の大手会計事務所にて、移転価格サービスを日米の多国籍業及び在米日系子会社に提供する。

取扱業務

二国間及び一国間・事前確認、BEPS関連文書化、移転価格ポリシーの構築及び実行支援、同時文書化(6662等)、無形資産評価、グローバル・サプライチェーンの再構築、税務調査対応、移転価格に関する期末対応(Fin 48等)、などを、幅広い業種の多国籍企業に対して日本語及び英語で提供する。

主要実績

  • 自動車・輸送用機器、電子・電気機器、製薬、精密・医療機器、IT、スポーツ・玩具、事務機器、エネルギーなど、多様な業種における多くの日米間・事前確認に携わり、日本及び米国の両方からアドバイスを提供
  • 複数の大手製造企業に対して、移転価格ポリシーの作成を行い、国外関連者との折衝を含めたポリシーの実行を支援
  • 多くの税務目的の無形資産評価に携わり、また、二国間・事前確認とも併せて提供
  • 会計監査における移転価格対応において、監査人を含む多くの交渉経験を有する

学歴

  • 中央大学卒業(1993年)
  • 早稲田大学 大学院修了(2003年)
  • サウスウェスタン大学ロースクール(JD)修了(2016年)

言語

日本語、英語

*本資料においてパートナーとは各専門分野において案件管理責任者となる上級専門職を指しており、民法上の組合員を意味するものではありません。

関連情報

取扱業務