概要

ベーカーマッケンジーは北米9都市およびラテンアメリカ7カ国の15都市に計24のオフィスを擁しており、日本企業による同地域への投資および事業展開をあらゆる側面から支援しています。

ベーカーマッケンジーは、米国においてコーポレート分野を手掛ける最も優れた法律事務所の一つとして認識されており、豊富な経験、高品質なサービス、そしてクライアントのニーズに対する深い理解に基づく付加価値の高いリーガルサービスによって高い評価を受けています。

また中南米諸国の事務所には、500名を超える弁護士が所属しており、現地企業のみならず、米国、ヨーロッパ、アジアパシフィックに本拠を置く国際的な大企業による同地域における投資活動を支援しています。昨今、アジアと並ぶ有望な投資先として、日本企業の間でも同地域に対する注目が高まっていますが、これらの国々に進出するにあたっては、現地のビジネス環境、法制度、文化、慣習に対する正確な理解が必要不可欠です。東京事務所では、中南米諸国から弁護士を招聘しセミナーを開催するなど、現地の最新動向に関する積極的な情報提供をはじめ、各事務所と密接に連携を図りながら、日本企業が現地で直面する複雑かつ高度な法的問題の解決を支援しています。

なお現在、パロアルトオフィスに日本語を解する弁護士が所属しており、また東京事務所には、シカゴやサンフランシスコ、ニューヨークにおける駐在経験を有する専門家が執務しています。

各オフィスのについてのより詳しい情報は、下記のオフィス名をクリックしてご覧ください(英語)。