Corporate-Tax Global Update

グローバルローファームであるベーカーマッケンジーのネットワークを最大限に活かし、日本と世界の会社法務と税務の「今」をタイムリーにお届けします

概要

近年、複雑さを増すグローバル経営環境下では、多国籍企業の意思決定において、既存の特定ビジネスのみならず、他のビジネスや将来のビジネスを視野に入れた複合的な見地に基づく経営判断が求められています。ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)は、このような多国籍企業の経営判断をより確実に行うことを支援するために、高品質かつ包括的なサービスを提供しております。また、ベーカーマッケンジーの特質は、法務・税務・経済分析の専門家が、プロジェクト毎に適切なチームを結成して協働できる体制が整備されているところにもあります。このようなサービスを提供できるのは、経済のグローバル化の進展及び企業の多国籍化と足並みを揃えて世界的なネットワークを構築してきたファームの歴史的背景にもよるものです。ファームの設立初期から各オフィスには必ず税務の専門家を配置するポリシーを採用してきたことで、数多くの国境をまたぐM&A、組織再編やビジネス・リストラクチャリング、税務訴訟等、多国籍企業の直面する複雑な案件について法務のみならず税務において包括的なサービスをご提供してきました。例えば、企業の経営判断と密接な関係を有する移転価格問題についても、これを単なる税務問題として取り扱うのではなく、企業が抱えている根本的な問題にまで踏む込んで分析することで、実践的な解法をご提案させて戴いております。このような高度なサービスを提供するためには、各専門家(弁護士、税理士、公認会計士、エコノミスト、アナリスト)が各々の専門性を活かしながら有機的かつシームレスなサービスを提供することが不可欠であり、われわれベーカーマッケンジーはまさにこのようなサービスを提供するために存在しています。