このページを印刷する

池田成史 (いけだ せいし)

パートナー
キャピタル・マーケット、不動産、銀行・金融

プロフィール

東京事務所のパートナー(2004年~)。約20年にわたり、投資銀行、事業会社、ファンド等に対して様々なアドバイスを提供する。1999年まで青木総合法律事務所(合併を経て現事務所)所属、2000年~2001年にシドリー・オースティン・ブラウン&ウッド法律事務所(ニューヨーク)、2001年にリンクレーターズ法律事務所(ロンドン)において勤務。2002年~2004年にかけて、社内弁護士としてドイツ銀行/ドイツ証券株式会社に勤務。

2018年に宅地建物取引士登録、2019年にマンション管理士及び業務管理主任者登録。

取扱業務

国内外において、TK-GKスキーム・特定目的会社(TMK)及び信託等を利用した不動産取得案件を多数取扱う。また国内上場案件及びIPO、サムライ債関連案件、ファンドの私募案件、クロスボーダーM&A案件、デリバティブ案件、信託関連業務、並びにコンプライアンス関連業務を含む一般企業法務にも対応する。

主要実績

  • 米国系ファンドによる国内大型ホテルや商業施設のTMKスキームを通じた買収ないし売却案件
  • 海外ファンド・投資家によるニセコ所在のスキーリゾート買収及びホテルやリゾート施設の開発案件
  • アジア系ファンドによるTK-GKスキームを通じた国内商業ビルの買収及びファイナンス案件
  • オフショアファンドを利用した不動産ポートフォリオを対象とするファンドオブファンズへの投資スキームのストラクチャー案件
  • 商業用建物や居住用建物に対するノンリコースローン案件
  • 国内外の企業によるグローバルオファリング案件
  • 証券訴訟案件(企業側代理)

著書・論文

  • 『法律から見えてくる「金融」の未来』(クロスメディア・パブリッシング、2019年1月)
  • 「平成23年資産流動化法の改正と不動産証券化実務への影響」『NBL』(共著、商事法務、2012年1月15日号)
  • 『合併・買収の統合実務ハンドブック』(共著、中央経済社、2010年6月)
  • 『Q&A金融商品取引法の実務』(共著、三省堂、2008年)
  • 『金融商品取引法(情報開示制度)』(日経ビジネスオンライン、2007年)
  • 「The Emergence of New Trends」『International Equity Capital Markets Handbook 2005/06』(The Euromoney)

登録

日本(1994年)

米国ニューヨーク州(2001年)

所属

  • 第一東京弁護士会会員
  • ニューヨーク州弁護士会会員
  • 日本証券業協会「投資勧誘のあり方に関するワーキング・グループ」委員

受賞歴

  • 2009年以降、IFLR1000/Asialawの「Capital markets-debt and equity-local law」部門においてLeading Lawyerとして選出
  • 2012年以降、Chambers Globalの「Capital Markets」部門、Chambers Asiaの「Capital Markets」部門及び「Real Estate」部門においてUp and Coming Lawyerとして選出
  • 2013年、Chambers Asiaの「Real Estate」部門においてLeading Lawyerとして選出
  • 2018年からLegal 500の「Real Estate」部門においてTier 1に選出

学歴

1991年 東京大学法学部卒業

1994年 最高裁判所司法研修所修了

2000年 エモリー大学ロースクール法学修士課程修了

言語

日本語

英語

関連情報