ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)(以下、「ベーカーマッケンジー」)及びベーカーマッケンジー ソウルオフィスは、風力、太陽光、送電、蓄電池プロジェクトの開発・運営を行う世界最大級の民間企業であるPattern Energy Group LPと、その日本法人で日本の再生可能エネルギー分野の先駆者である株式会社グリーンパワーインベストメント(GPI)がスポンサーとなる、北海道の石狩湾沿岸から約3キロメートルの港湾区域での112 MWの石狩湾新港洋上風力発電事業に対するプロジェクトファイナンスにおいて、スポンサー及びそのプロジェクト企業に対してアドバイスを行いました。

本プロジェクトファイナンスは、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社SMBC信託銀行、株式会社SBI新生銀行、株式会社みずほ銀行、ソシエテ・ジェネラル銀行及び株式会社日本政策投資銀行による共同アレンジとして組成されました。

本プロジェクトには、100MW / 180MWhの蓄電池が含まれており、洋上風力発電と蓄電池を組み合わせたプロジェクトとしては、世界でも最初の案件の一つであると同時に、日本最大であり、日本のエネルギー転換における重要なマイルストーンとなります。また、日本で資金調達を実現した数少ない商業規模の洋上風力発電プロジェクトの一つであり、国外のスポンサーが主導した最初のプロジェクトでもあります。

既に洋上専用のシーメンスガメサ8.0MW風力発電機14基の設置工事が始まり、2023年12月の商業運転開始を予定しています。北海道電力ネットワーク株式会社が電力購入者となり、20年間の固定価格買取制度が適用されます。

本プロジェクトは、Project Finance International(PFI)によるthe Asia Pacific Offshore Wind Deal of the yearを受賞したほか、IJGlobalによるRenewables Deal of the Year (Offshore Wind)も受賞しています。

ベーカーマッケンジーのチームは、東京事務所のパートナーである北村辰一郎小林努、ソウルオフィスのJae-Hyon Ahnが本案件を率い、東京事務所のプロジェクトパートナーであるイアン・マックファーソン及びカウンセルであるピエール・シアソンほか、石川直樹磯部まな住吉祐樹フェイ・ジョウミカエル・ティラロンゴ及びバートレット今出川 義寛によるチームがサポートしました。