このページを印刷する

近藤浩 (こんどう ひろし)

パートナー
コーポレート/M&A、労働

プロフィール

当事務所のパートナーとしてM&Aプラクティス・グループのリーダーを長年務めると共に、ベンチャーキャピタル及びプライベートエクイティの諸案件を主導。また、事務所内において複数の指導的役職に就く。寄稿、著書多数。東京弁護士会及び日本弁護士連合会所属。

取扱業務

M&A、プライベートエクイティ、企業法務一般、労働法を専門とする。飲料食品等の日用品、製薬、通信、保険業界等における日本の大型M&A案件で重要な役割を担う。また、MBOやLBOを主とするプライベートエクイティ投資、企業再編、証券取引規制、独占禁止法、労使紛争処理の分野にも精通。

主要実績

担当責任弁護士として従事した代表的取扱案件は以下の通り。

  • 国内最大手ビール製造会社による豪州飲料事業の買収
  • 国内消費財メーカーによる豪州大手同業者の買収
  • 外資系大手保険会社による国内保険会社の株式公開買付による買収
  • 英国系国際通信会社による国内通信会社の株式取得及び売却
  • 国内生命保険会社による破綻生保からの営業の譲受並びに新設会社への吸収合併方式を利用した相互会社の株式会社化
  • 国内大手通信3社による合併

著書・論文

主な著書は以下の通り。

著書

  • 『3つのステージで考えるアジア事業投資とコンプライアンス戦略』(共著、中央経済社、2014年1月発行)
  • 『クラウドと法』(共著、きんざい、2011年10月)
  • 『アジア事業戦略におけるBaker McKenzieのアプローチ – 3つのステージで考える法務・税務戦略』(共著、Baker McKenzie、2011年8月)
  • 『合併・買収の統合実務ハンドブック』(共著、中央経済社、2010年6月)
  • 『クロスボーダーM&Aの実務』(共著、中央経済社、2008年7月発行)
  • 『法務デューディリジェンスの実務』(JICPA、2002年11月)

論文

  • 「World Legal & Business Guide No.18 南アフリカ共和国」『Business Law Journal』(共著、レクシスネクシス・ジャパン、2012年9月号)
  • 「World Legal & Business Guide No.6 オーストラリア」『Business Law Journal』(共著、レクシスネクシス、2011年9月号)
  • 「特集 M&A・事業再生の視点からみた新会社法Q&A(85問)」(共同編集責任・執筆、季刊『事業再生と債権管理』、きんざい、2005年10月5日発行 110号)
  • 「M&A 攻防の最前線 – 敵対的買収防衛指針」(共著、季刊『事業再生と債権管理』別冊 (No.5)、きんざい 2005年8月15日発行)
  • 「DESと法務デューディリジェンスの実務」(季刊『債権管理』、きんざい、2003年1月5日発行 99号)
  • 「株式取得と法務デューディリジェンスの実務」(季刊『債権管理』、きんざい、2003年1月5日発行 99号)
  • 「株式移転・株式交換と法務デューディリジェンスの実務」(季刊『債権管理』、きんざい、2003年1月5日発行 99号)

講演

  • 「ラストフロンティア諸国におけるM&Aその他の投資実務と最新事情」日経産業新聞フォーラム2012 「ラストフロンティア進出における投資戦略」~ブラジル、南アフリカ、トルコ、ミャンマーのM&Aとその他の海外展開実務~(スピーカー、日本経済新聞社主催、2012年11月)
  • 「深刻化するアジア・コンプライアンスに関する本社役員の経営責任」日経産業新聞フォーラム2012 「アジア進出における海外拠点マネジメント戦略」~ビジネスリスクへの対応とコンプライアンス強化に向けて~(スピーカー、日本経済新聞社主催、2012年4月)

登録

1987年 東京弁護士会登録

所属

  • 東京弁護士会会員
  • 日本弁護士連合会会員

学歴

1981年 中央大学法学部卒業
1991年 ハーバード・ロースク-ルにて法学修士取得
2007年 4月 中央大学法科大学院 客員講師 現任

言語

日本語、英語

関連情報