海外売上比率の拡大が日本企業にとっての経営課題となって久しく、各企業は、海外工場/販売拠点の設立や外国企業との合弁/M&Aを通じて、急速に海外事業を拡大しています。その一方で、事業展開した各国でコンプライアンス上の問題に直面する企業が増えており、それにより、巨額の罰金、許認可の取消し/入札停止、役職員の逮捕等の重大なコンプライアンス・リスクに発展するケースもあります。日本企業が直面する可能性のあるコンプライアンス上の問題は、その業種、進出国、進出形態等によって様々ですが、事業展開する対象国が、北南米、欧州、アジア、中東と多様化してきていることに伴い、限られた国や地域での経験や知識だけでは対応が難しいケースも増えており、文字通りグローバルな知見を持つことが求められます。

そのような状況において、日本企業にとっては、自社の海外事業を分析し、コンプライアンス・リスクの高い事業、分野及び進出国を特定し、それに対して適切な対応をとることが急務となっています。べーカーマッケンジーでは、世界各国のオフィスで培った知識や経験を集約し、日本企業のコンプライアンス担当役員、コンプライアンス・オフィサー、法務部長等を対象とした、コンプライアンス・クリニックをご提供させていただいております。

担当弁護士

日本企業の海外における各種のコンプライアンス問題への対応経験が豊富なパートナー弁護士(複数名)が中心となって担当いたします。

ニューズレター

「海外事業に取り組む日本企業のためのグローバルコンプライアンス・アップデート」ニューズレターは、海外事業を展開する日本企業のために、ベーカーマッケンジー東京オフィスにおいて海外コンプライアンス問題を取り扱うの様々な分野の専門家が結集し、その知識・経験とグローバルネットワークを最大限に活かし、海外のコンプライアンス問題に関する最新の動向や実務上の留意点を定期的にお届けするものです。

お問合わせ

本件に関するお問合わせは、下記までご連絡ください。

べーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

〒106-0032
東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山森タワー28F
03-6271-9900 (代表)

お問合わせ:
marketing.tokyo@bakermckenzie.com