BMTokyoPodcast cover_CASE0234185_YSakakibara_Tokyo_Opt1

ベーカー&マッケンジー東京事務所では、コロナ感染による米国訴訟の傾向を分析する特集として、紛争解決グループによるポッドキャストシリーズ「US Litigation Now」をお届けして参りましたが、このたび新シリーズとして、「US Litigation Now 2」を開始いたしました。「US Litigation Now 2」では、コロナ感染による米国訴訟の傾向やその他近時の状況も踏まえながら、より一般的に米国訴訟の制度や訴訟戦略についても議論し、日本企業が米国訴訟に対して備えるに当たり必要な情報をお届けします。

録音は、日本語でのイントロ、英語でのインタビュー及び日本語でのまとめにより構成されます。録音された音源を場所・時間を問わずご聴講いただけるサービスとなりますので、お気軽にご利用いただますと幸いです。


第3回目は、米国にてビジネス活動を再開する際に確認すべき責任免除法制について、東京事務所の井上がアンカーを務め、ベーカー&マッケンジー・ワシントンDCオフィスのJennifer Semko弁護士が議論を展開します。責任免除法制は、コロナ感染とビジネス活動を両立させるには、欠かせない法制度となります。

(11/9) 米国最新情報:スペシャリスト・インタビュー (Jennifer Semko)


第2回目は、米国の訴訟におけるディスカバリーについて、東京事務所の粕谷がアンカーを務め、ベーカー&マッケンジー・ワシントンDCオフィスのJennifer Semko弁護士とサンフランシスコオフィスのMark Goodman弁護士が議論いたします。

(11/5) 米国最新情報:スペシャリスト・インタビュー (Jennifer Semko / Mark Goodman)


第1回目となる今回は、いわば新シリーズのイントロダクションとして、米国訴訟と日本の訴訟との違いについて議論していきます。Discovery、Privilege、陪審員制度も含めたTrial、クラスアクション、米国訴訟と日本の訴訟の文化的な違い、更にはこのような違いも踏まえた和解や訴訟戦略など多岐に渡って議論します。

(10/27) 米国最新情報: スペシャリスト・インタビュー (Peter Tomczak / Barry Thompson)


本ポットキャストに関するお問合せ

関連情報