本Corporate & Tax Global Updateは、グローバルローファームであるベーカーマッケンジーのネットワークを最大限に活かし、日本と世界の会社法務と税務の「今」をタイムリーにお届けしています。

2020年アーカイブ

2019年アーカイブ

2018年アーカイブ

2017年アーカイブ

2016年アーカイブ

Corporate & Tax Global Update Vol. 53(2020年12月号)

令和3年度税制改正大綱等の最新情報をお届けします。

PDFをダウンロード

主要記事

日本

Corporate & Tax Global Update Vol. 52(2020年11月号)

日本の「ビジネスと人権」に関する行動計画の策定、オランダの2021年度税制案等の最新情報をお届けします。

PDFをダウンロード

主要記事

日本/グローバル

アジア

  • インドネシア:雇用創出法(オムニバス法)の制定
    雇用創出法(通称、オムニバス法)が11月2日に施行された。オムニバス法は、75以上の現行法令を改正し、許認可手続の簡素化、複数の法令規制の統一、ならびにグローバルでの変化および課題に対応するための政府の政策判断の迅速化等を通じて、投資促進、雇用の創出および経済の活性化を図る。
  • ミャンマー:居住取締役要件に関する一時的な救済手段
    2020年10月10日、外務省は、ミャンマー会社法が求める居住取締役要件について、新型コロナによる渡航制限の影響を考慮した一時的な救済手段を発表した。
  • マレーシア:輸入デジタルサービスに対するサービス税制度を精緻化
    マレーシアでは、2020年1月1日に輸入デジタルサービスに対するサービス税が導入された。今般当該サービス税制度の適用・運用にあたっての実務上の疑問や懸念に応える形で、より詳細な規定が導入されており、本稿では当該規定について概説する。

欧州

  • オランダ:2021年度税制案
    2020年9月15日、オランダ政府は、2021年に向けた税制案(Tax plan for 2021)を公表した。本稿では、日系企業にとって影響が大きいと考えられる項目について概説する。

Corporate & Tax Global Update Vol. 51(2020年10月号)

会社法改正(取締役等の報酬等として交付される株式及び新株予約権等に関する規定、取締役の個人別の報酬等についての決定方針に関する規定、並びに役員等賠償責任保険契約に関する規定の新設)、令和3年度経済産業省税制改正要望のポイント等の最新情報をお届けします。

PDFをダウンロード

主要記事

日本/グローバル

アジア

  • フィリピン: 新型コロナウイルス対策法第2弾の施行
    2020年9月15日、新型コロナウイルスの影響により疲弊したフィリピン経済の立て直しに必要な大統領の権限行使を認めるバヤニハン法の第2弾が施行された。同法には、経済支援策、規制緩和等、多様な政策が盛り込まれている。

米州