新着アラート EMEA

EMEA
COVID-19 ― エネルギー関連法のアップデート ー 水素エネルギー

水素エネルギーは、欧州委員会が提言した、温室効果ガス排出量削減目標を含む「欧州グリーンディール」構想、及び欧州の脱炭素化を実現する上で、重要なエネルギーとして位置づけられている。本記事では、水素エネルギーに関する欧州の法規制とその展望について概説する。

EMEA
ライフサイエンス分野におけるCOVID-19対策に関する調査のアップデート

世界各国政府はCOVID-19に対する緊急政策を実施しており、特に医療・ライフサイエンス分野では、医療機器の十分な供給を確保するための介入権限から、行政手続きの簡素化のための期限や規制要件の緩和まで多岐に亘っている。本記事では、ベーカー&マッケンジーが作成した、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域各国の医療・ライフサイエンス分野における収用、価格及び償還、公共調達、法的期限等について概要をまとめたガイドを紹介する。

EMEA
EU首脳陣はCOVID-19対策として7,500億ユーロ(8,580億米ドル)規模の復興計画に合意

2020年5月27日に欧州委員会が発表した復興計画(ERP)の一環として、EU首脳陣は、COVID-19の影響により衰退したEU経済の復興を支援するために7,500億ユーロ(8,580億米ドル)の復興基金を創設することに合意した。同基金は、投資を促進し、COVID-19後の景気に弾みをつけるために、企業が「グリーンイニシアチブ」のための直接助成金及び有利な条件での融資を受けることを可能にするものである。本記事では、より詳細なERPの内容について解説する。

EMEA
行動規範及び賃貸借当事者間への影響

複数国に不動産を所有・占有する者にとって、法域間の法的・商業的立場の違いは重要な問題であり、このことはCOVID-19の混乱下でより顕著となっている。多くの法域では、自主的な行動規範の導入により、賃貸借当事者間の良好な関係性の維持を奨励している。本記事では、英国、フランス、及びオランダの専門家がそれぞれの法域における行動規範の規定とそれによる市場への影響について説明する。

EMEA
COVID-19ライフサイエンス調査

COVID-19感染拡大を受けて、EMEA各国政府は、ヘルスケア及びライフサイエンスの分野において各種規制緩和等を行い、国民の健康・福祉保護に対する関係当事者の集中的な取り組みを促進している。本記事では、EMEA各国における、医療機器や隔離施設確保に関する政府の介入権限、医薬品価格や還付手続への影響、公共調達やその他取引に関する政府の規制緩和や特別措置等について概説する。

EMEA
ヘルスケア・ライフサイエンスニュースレター2020年4月号

本記事では、COVID-19感染拡大への対応として、EMEAの各国政府がヘルスケア・ライフサイエンス分野において採用した措置の概要について説明する。

EMEA
ライフサイエンス分野におけるCOVID-19対策の調査

世界各国の政府は、COVID-19感染拡大に対処するために緊急措置を講じている。特に、ヘルスケア及びライフサイエンスの分野では、治療や医療機器の適切な供給を行うために、様々な措置が採られている。本記事では、EMEA各国の政府がヘルスケア及びライフサイエンスの分野で採用した対策の概要について説明する。

EMEA
COVID-19による紛争解決分野への将来的な影響について

COVID-19感染拡大の影響により、企業が直面する紛争の数や種類が増えてきている。本記事では、短期的及び長期的側面からのCOVID-19感染拡大に起因する紛争の種類についての解説、並びに、COVID-19感染拡大が将来的に紛争解決方法に与える影響についての考察を行う。

EMEA
ヘルスケア・ライフサイエンス事業会社におけるコロナウイルス・リスク・チェックリスト

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com