新着アラート 香港

香港
効果的な内部通報プログラムを導入するために企業が知っておくべきこと

COVID-19危機の間、詐欺、汚職、ハラスメントなどの分野で内部通報が増加しており、内部通報プログラムは、あらゆるコンプライアンス・プログラムの重要な構成要素であり、内部不正行為に対処し、法律や規制を確実に遵守するための不可欠なツールとなっている。また、米国司法省の「企業コンプライアンス・プログラムに対する評価ガイドライン」(米国司法省ガイダンス)が2020年6月1日に改訂されたことにより、内部通報プログラムに組み込むべき追加の推奨事項が発表された。本記事では、内部通報に関する香港の法的枠組みに定められたガイダンスの概要及び新しい米国司法省ガイダンスの推奨事項のアップデートに関する情報を提供する。

香港
訴訟から仲裁へ - 長期の待機期間にある訴訟当事者の選択肢

第一審裁判所(CFI)において商業的訴訟が係属している当事者は、審理まで長期の待機期間に直面している。COVID-19の影響によってCFIが閉鎖した2020年1月29日から同年5月3日までの「通常休廷期間」(GAP)の結果、状況は悪化している。本記事では、今日の困難な状況下において紛争を早期解決し、前進することを望む訴訟当事者に向けて、訴訟から仲裁への移行という選択肢を提案し、仲裁を選択することによるメリット及び仲裁を選択する際に留意すべき事項に関して解説する。

香港
雇用支援政策(ESS)の詳細

政府は、期間限定で適格雇用者に対して賃金補助金という形で財政支援を行う雇用支援政策を導入しており、その追加情報及びFAQが2020年5月12日に公表された。本記事では、適格雇用者の範囲の拡張、補助金の金額及び支給指定月の拡張、MPF(強制積立年金)記録、賃金減額の可否、政府によるモニタリング等、新たに公表されたESSの詳細について説明する。

香港
COVID-19からの職場再開にあたり雇用者が考慮すべき7つの重要な項目

香港は現在、COVID-19の第二波を乗り越えようとしている。香港政府は3月末、第二波で増加した感染数を抑制するために、公務員に在宅勤務を再度指示した。多くの民間企業の雇用主が政府に倣って、在宅勤務制度を導入した。最近数週間、COVID-19の感染数は大幅に減少し、一貫して一桁台で推移、全く新しい症例が記録されなかった日もあった。その結果、香港では、現在在宅勤務を行っている雇用主は、職場を再開し、通常通りの業務に移行するための最善の方法を検討している。本記事ではその目安として、事業主が職場再開を計画する際に考慮すべき7つの重要な項目をハイレベルで示した。

香港
COVID-19感染拡大期間における裁判所の遠隔審問とその後の影響

香港の裁判所は、2020年1月29日から2020年5月3日までを一斉休廷期間(GAP)として、現在、ビデオ会議設備を用いた遠隔審理を部分的に実施しているが、同措置はさらに長期化する可能性がある。本記事では、裁判所が発表した遠隔審理に関するガイダンスが定める当事者がとるべき手続、遠隔審理の対象となる裁判手続、使用可能な設備、その後の裁判実務への影響、遠隔審理実施の際の留意事項等について解説する。

香港
COVID-19の影響下で雇用主による雇用維持のための期間限定の810億香港ドル規模の財政支援を含む香港雇用支援政策(ESS)について

香港政府は、2020年4月18日、COVID-19感染拡大対策として、1375億香港ドル規模の救済措置の導入を決定した。これには、810億香港ドル規模の雇用支援政策が含まれる。本記事では、現在判明している同政策の内容及び注意点について解説する。

香港
第2弾となる1,375億香港ドルの防疫抗疫基金措置を公表

政府は、2020年4月8日、2020-21年度予算における1,200億香港ドルの救済措置と、2020年2月に立法会で承認された300億香港ドルの防疫抗疫基金に加えて、第2弾となる防疫抗疫基金措置を公表した。本記事では、ベーカー&マッケンジーがまとめた、COVID-19に対する追加経済対策について説明する。

香港
証券及期貨事務監察委員会(SFC)によるCOVID-19影響下における適合性及び監視についてのアップデート

証券及期貨事務監察委員会(SFC)は、2020年3月27日、COVID-19の感染拡大が国内外の市場の変動、流動性及び信用性に与える影響を考慮して、市場の当事者に対して、現在の市場の状況下における重要な義務に関して注意を喚起する2つの回覧を発表した。本記事では、証券先物委員会による現在の市場の状況を踏まえた監視状況及び同回覧の観点から、市場の当事者が採るべき行動について解説する。

香港
COVID-19の感染拡大中における雇用者の義務及び留意事項

WHOがCOVID-19について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言を行ったことを受け、雇用者は自身の義務及び事業への影響を検討するようになった。本記事では、安全配慮義務とは何か、雇用者は従業員に体温測定をさせることが出来るか、従業員が感染した場合の雇用者の義務等、FAQへの回答を紹介する。

香港
旅行者に対する入国禁止、検疫義務及び香港入国ビザの発行手続の一時停止

香港特別行政区政府は2020年3月25日から、海外から香港に渡航するすべての非香港居住者の入国を制限する14日間の入国禁止措置を採っている。また、香港国際空港での全ての乗り継ぎサービスも14日間停止されている。その他、2020年3月23日以降、香港入境事務所は提供するサービスを、香港入国書類の緊急申請・回収、香港への新規入国のための身分証明書の差し替えと身分証明書の初回登録、及びビザ更新のサービス等に限定している。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com