新着アラート 英国

英国
政府が商業用テナントに関する権利喪失猶予期間及び賃料回収制限を2020年12月31日まで延長

政府は、商業用テナントに対するCOVID-19保護措置の延長を公表し、賃料不払いに対する現行の権利喪失猶予期間及び商業用滞納賃料の回復措置(CRAR)の利用期限を2020年12月31日まで延長した。また、現在9月30日までの期限となっているCorporate Insolvency and Governance Act 2020 (CIGA)に基づく法定請求書の送達と清算申立てに関する制限についても、同様の期限延長が検討されている。本記事では、上記の期限延長措置の詳細について解説する。

英国
COVID-19対応としての商業テナント保護の終了

政府によりCOVID-19対応として導入されたテナント保護のための緊急措置は、2020年9月30日に終了するが、政府は、かかる措置の期限を延長する意向を示していない。政府は、「COVID-19感染拡大時における商業用テナント賃貸借契約関係のための行動規範」によって賃貸人・賃借人間に公平で協力的な関係が維持されると期待しているのかもしれないが、この行動規範は任意かつ拘束力の無いものであるため、賃貸人・賃借人間の交渉が決裂した場合の解決手段とはなり得ない。本記事では、本緊急措置が2020年9月30日で終了することによる賃貸人及び賃借人に対するそれぞれの影響を考察する。

英国
COVID-19を受けた脱税誘発防止策の不備に係るHMRCの査察状況

2020年8月25日付で、「脱税誘発防止策の不備に伴い企業へ刑事罰を科す法律(CCO)」に関連して、HMRCは現在10件の査察を進行中であることを公表した。これは、HMRCが2019年12月以来、新たな査察が1件しか増えていないことを示している一方で、さらに22件の潜在的案件が現在審査中であり、今年の間に活動が大幅に増加したことを示している。これにより、進行中のCCO関連の査察と潜在的案件の合計数は32になった。この数字から明らかなように、COVID-19の影響にもかかわらず、HMRCは企業の犯罪的な脱税違反の解明においてCCOを通じた取り締まりの強化を継続している模様である。

英国
法定病欠手当の更なる変更

政府は、2020年8月26日、手術その他の病院での処置のために入院前14日間の自己隔離を推奨された従業員に対する法定病欠手当(SSP)の受給資格を更に拡大した。このような理由で自己隔離をしなければならず、仕事をすることが出来なくなった従業員は、自己隔離の初日からSSPを受給する権利を有する。

英国
ハイペイセンター(HPC)及び英国人材開発協会(CIPD) によるFTSE100企業のCEOの報酬に関する年次調査報告書の発表

ハイペイセンター(HPC)及び英国人材開発協会(CIPD)は、2019年及びCOVID-19感染拡大下におけるFTSE企業のCEOの報酬に関する年次報告書を発表した。同報告書によれば、COVID-19感染拡大下において大多数の企業がCEOの報酬の削減措置を講じたが、いずれの措置も表面的かつ短期的なものに過ぎず、FTSE100企業のCEOの報酬は依然として高水準を維持している。HPC及びCIPDは、同報告書において、非常に高額なFTSE企業のCEOの報酬は、経営陣と従業員の所得格差を拡大し、COVID-19感染拡大下において求められる企業内の「連帯の精神」を損なうリスクがあると指摘する。本記事では、同報告書の内容について解説する。

英国
COVID-19影響下における消費者法上の問題

競争市場庁(CMA)は、消費者法を遵守していないと考えられる休暇施設事業者であるVacation Rentals及びSykes Cottagesに対し、COVID-19による制限により休暇をキャンセルした顧客に対する全額払戻しの確保など更なる措置を講じた。CMAのCOVID-19タスクフォースは、この2社が休暇施設の賃貸に関する苦情の大半を占めていると公表した。また、CMAは、パッケージ旅行部門に対する公開書簡を公表し、懸念事項を強調している。本記事では、CMAの休暇施設事業者に対する措置及びパッケージ旅行部門に対する公開書簡について解説する。

英国
雇用維持賞与と一時帰休した者に対する法定通知及び解雇手当の計算に関する新規則

歳入関税庁(HMRC)は、2020年7月8日、雇用維持賞与(JRB)の策定を公表し、同月31日に更なるガイダンスを公表した。また、政府は、同月30日、一時帰休に関連する給与が計算において削減されることの排除を目的として、一時帰休した従業員に対する法定通知や解雇手当の計算に関する新しい規則を導入した。本記事では、JRBに関するガイダンス及び一時帰休者に対する計算に関する新規則について解説する。

英国
医療機器規則(MDR)適用開始の遅延とBrexitへの影響

COVID-19感染拡大の影響により、医療機器規則(MDR)の適用開始がBrexit移行期間(終了予定日:2020年12月31日)後の2021年5月26日まで延期された。これにより、Brexit後の英国の医療機器規制の法的枠組みに大きな影響が生じることが予想される。本記事では、英国政府の対応等、予想されるBrexit関連の影響を紹介する。

英国
今後の論点 ー COVID-19に関連する保険及びリスクについての質問集

COVID-19感染拡大の状況が変化する中で、多くの企業は、事業の維持に注力する状態から事業の回復及び強化に注力する状態へと移行しつつある。これに伴い、保険契約を締結している企業はその経済的負担の一部を保険金により補填することになると考えられる。もっとも、COVID-19に関連する特定の事業損失が補償の対象となるかどうかは非常に複雑な問題であり、保険契約の条件及び各企業の個別状況の両方を慎重に検討して判断する必要がある。また、企業がCOVID-19に対応するための労働環境整備を行う上で保険が役立つか否かや、COVID-19が保険契約の更新及び将来的な損失補償にどのような影響を及ぼすのかについても上記同様に複雑な問題であり、これらの点を事業戦略の一環として包括的に検討する必要がある。本記事では、COVID-19対応策の一環として、保険契約を締結している企業が留意すべき重要な問題点をまとめた質問集を提供する。

英国
Brexitのために備蓄されている医薬品の危機

製薬業界は、Brexitのために確保された医薬品の備蓄品の一部が、COVID-19に感染した患者の治療のために完全に使い切られていると政府に警告している。製薬業界は、現在の備蓄品では、Brexitによる取引の停止と感染拡大の第2波が重なった場合に耐えられないという懸念のため、COVID-19を治療するための「重要な」医薬品を購入し、保管することを政府に求めている。本記事では、備蓄品の消耗の理由、製薬業界による提言の内容を踏まえ、今後予想される動きについて検討する。

英国
ロックダウン規制の更なる緩和を反映した雇用者向けガイダンスの更新

政府は、パブ、レストラン、美容院、ホテル及び宿泊施設、映画館、屋外ジムを含めたより多くの事業について、7月4日から再開が許可されると公表した。必要不可欠でない小売業については、6月15日から再開が許可されている。本記事では、政府が更新した安全な職場復帰のための職場別ガイドについて説明する。

英国
政府が公衆衛生及び国家安全保障関連取引への介入基準を引き下げ

政府は、2020年6月22日、COVID-19及び公衆衛生の緊急事態への対応に必要な国内企業、並びに国家安全保障上重要な国内企業及びその技術について、2002年会社法の合併規制基準を引き下げることを公表した。本記事では、本改正の趣旨及び内容を概説する。

英国
政府は賃料不払いを理由とした賃貸人の権利喪失及びその他の賃料回収手段の一時停止措置の延長を発表

政府は、2020年6月19日、COVID-19対策措置として導入されていた以下の措置を2020年9月30日まで延長することを発表した。延長の対象となる対策措置は、賃料不払いを理由とした賃貸人による事業用賃借権の権利喪失の一時停止措置、商業用滞納賃料回収手続(CRAR)の利用制限措置、賃料回収のための法定請求権の一時停止措置である。本記事では、それぞれの対策措置の内容について説明する。

英国
不正援助及び詐欺的取引に関する高等法院による判決

本記事は、2020年3月の上旬、COVID-19が世界に拡散する前に、不正援助、詐欺的取引及び代位責任に関して高等法院によって下された判決について解説するものである。本判決は、ブローカー、銀行、トレーダー、及び支払いやその他の取引を処理する他の仲介業者にとって多くの注意すべき教訓を含んでおり、本判決の理解を深めることはCOVID-19の感染拡大前又はその間に行われた行動による影響が明らかになるCOVID-19後の世界への備えとして有用である。

英国
COVID-19感染拡大下における柔軟な一時休職措置に関するガイダンスの公表について

政府は、2020年6月12日、柔軟な一時休職措置の変更に関するガイダンスを公表した。同ガイダンスは、2020年6月1日に発表され、同年7月1日から適用される柔軟な一時休職措置の改正に関する留意事項について詳細な情報を提供するものである。本記事では、柔軟な一時休職を従業員に命じる際の同意取得の要否、柔軟な一時休職措置によって休職した従業員の手当ての計算方法、及び柔軟な一時休暇の開始時期等に関する事項を含む、同ガイダンスの内容について説明する。

英国
歳入関税庁(HMRC)による従業員持株制度に対するCOVID-19による影響についての新しいガイダンス

政府は、株式の制度に関連してCOVID-19についてのガイダンスを公表している。同ガイダンスによって、年間売上高報告書提出期限(2020年7月6日)の延長をしないこと、及びCOVID-19の影響を受ける節税株式購入制度(SAYE)利用者のための救済措置に関する情報が発表された。本記事ではこれらの情報について解説した上で、株式インセンティブプラン(SIP)、株式シェアオプション計画(CSOP)、法人経営陣インセンティブ制度(EMI)のCOVID-19に関連するアップデートについての情報を提供する。

英国
COVID-19と消費者法の問題点 – 競争・市場庁(CMA)が宿泊客の返金とキャンセル、レジャー宿泊施設事業者への監視を強化

競争・市場庁(CMA)は、レジャー宿泊施設事業者に対して、COVID-19の影響により宿泊予約をキャンセルせざるを得なくなった宿泊客に対して全額返金すること等を義務付ける、消費者保護措置を発表した。本記事では同措置の概要と事業者の留意事項を紹介する。

英国
法定疾病手当金に関する追加の変更

政府は、2020年5月28日、これまでCOVID-19発症患者等のみを対象としていた法定疾病手当金について、新たに、国民保健サービス(NHS)による検査・追跡の結果COVID-19陽性反応者との接触が判明し自己隔離を余儀なくされた人々を支給対象に加えた。また、2020年5月26日には、従業員数250人以下の雇用者を対象とする、法定疾病手当金償還スキームの適用が開始した。本記事では、これらの措置の概要を紹介する。

英国
COVID-19下での就業において助言斡旋仲裁局(Acas)が職員のメンタルヘルス維持に関する新しいガイダンスを発表

助言斡旋仲裁局(Acas)の実施した調査により、COVID-19感染拡大下で在宅勤務を行った従業員の多くが労働環境を理由としてメンタルヘルスの不調を経験し、また、業務上孤立を感じていたことが明らかになった。そこで、AcasはCOVID-19下での就業において職員がメンタルヘルスを維持するための新しいガイダンスを発表した。このガイダンスは、従業員が在宅勤務、出勤している又は一時帰休中かにかかわらず、この状況下においてどのようにメンタルヘルスを維持するかについての実践的な方法を、従業員、経営者及び雇用主に提供するものである。

英国
政府が一時解雇スキームの変更を発表

政府は、雇用者が従業員を一時的に解雇することを認める「COVID-19雇用維持スキーム(Job Retention Scheme)」の変更を発表した。一時解雇された従業員は、2020年7月1日よりパートタイムでの就業再開が認められ、また2020年8月1日以降、政府及び雇用者から一定の手当を受給できるようになる。本記事では、本スキーム変更の概要を紹介する。

英国
新たな隔離措置及びCOVID-19による影響を受ける移民のためのビザに関する一時的措置の修正

政府は、2020年6月8日以降の英国への入国者に適用される新たな隔離措置及び、現在英国に滞在している移民で、現在のビザの有効期限が切れる前にビザを延長するか、又は英国を出国するかのいずれも選択することができない移民のためのビザに関する一時的な措置について更なる修正を発表した。本記事では、これらの新たな措置の措置内容及び適用対象について解説する。

英国
COVID-19 - 英国政府の対応策は改正法案に適合するか

5月20日、2020年度企業倒産及びガバナンス法案が議会に提出された。倒産及び再編法の改正案は、2002年以降英国倒産法における最も重大な変更となり、現在のCOVID-19感染拡大の観点から企業が直面する困難に対応しており、議会による審議により成立することが見込まれる。本記事では、改正案を概説し、ステークホルダーに対する実務的な影響を検討する。

英国
プッシュ型支払い詐欺の見抜き方及び対策方法

COVID-19により企業の財務の逼迫や主要なスタッフの不在が生じている現状は、詐欺師が企業を騙す絶好の機会であり、取引関係にある二つの企業を特定し、一方を装った詐欺的なメールを送信し、支払い先となる銀行口座の情報を詐欺師が管理する銀行口座に変更するよう要求する、承認されたプッシュ型支払い詐欺が増加している。本記事では、承認されたプッシュ型支払い詐欺の実態、その増加傾向、その見抜き方及び対策方法を、ベーカー&マッケンジーの経験を交えて紹介する。

英国
NHSXがデジタルヘルス技術に関する規格のドラフトを公表

国民健康保険サービス(NHS)の技術・デジタル部門であるNHSXが、デジタルヘルス技術(DHT)に関する規格のドラフトを公表した。技術の設計者は、DHT設計の初期段階でNHSXのガイドラインに留意し、DHTが利用者に対して明確な利益及び結果をもたらすように設計し臨床的に安全であることを実証する必要があり、DHTがデータ保護、セキュリティ、その他の規制を遵守するように設計しなければならない。

英国
デジタルヘルスソリューションにおける5つの法的問題

本記事では、医療機器規制や患者のデータの使用に関する問題等、COVID-19に対応してデジタルヘルス分野に新規参入する企業及び既存のデジタルヘルスサービスを強化する企業が留意すべき5つの法的問題について解説する。

英国
政府によるCOVID-19感染拡大下における有給休暇取得に関する新しいガイダンスの発表

政府は、COVID-19感染拡大下における有給休暇取得に関するガイダンスを発表した。同ガイダンスに法的拘束力はないが、雇用主から労働者に対して有給休暇を取得するよう要求できるか、実務上COVID-19の影響を理由に有給休暇を取得できるか、その他の有給休暇取得に関する主要な法的問題についての政府見解を示している。本記事では、同ガイダンスの内容について説明する。

英国
年金オンブズマンが申立ての受付を再開

新たな申立ての受付を停止していた年金オンブズマンが、申立ての受付を再開したことを公表した。郵便による申立ては認められず、オンラインで提出する必要がある。また、申立ての処理にかかる時間の長期化についても警告している。

英国
雇用者及び年金受託者(トラスティ)向けの追加的ガイダンス

現在も継続中のCOVID-19による影響への対応を支援するため、雇用者及び年金受託者に向けた重要な追加的ガイダンスが発表されている。当該ガイダンスはDBスキーム及びDCスキーム両方の雇用者及び年金受託者に関連する様々な分野を広く含んでいる。本記事では、年金規制局によるガイダンスのうち、雇用維持計画(CJRS)や年金詐欺に関するもの等を取り上げ、内容について解説する。

英国
政府によるCOVID-19ロックダウンの緩和政策の発表に沿った企業の事業再開・継続の促進

政府は、今後数ヶ月間に渡り段階的なロックダウンの緩和政策を実施することを発表している。同政策には3つの段階があり、英国は2020年5月13日から「スマートコントロール」と呼ばれる第2段階に移行する。本記事では、同緩和政策第2段階の内容及びその実施に伴い事業を再開・継続する企業が注意すべき考慮事項について説明する。

英国
個人事業者に対するCOVID-19支援措置の詳細発表

政府は、COVID-19の影響を受けている個人事業者及びパートナーシップが利用可能な個人事業者所得支援制度の詳細を発表した。個人が同制度における自己の申請資格を確認するためのオンラインツールは既に利用可能であり、申請用のオンラインポータルは2020年5月13日から利用可能となる。また、実際の支給は6月上旬となる予定である。本記事では、同制度について解説する。

英国
COVID-19における消費者法の問題-返金及び契約の解約

競争・市場庁(CMA)は、COVID-19の感染拡大及びその対策措置を受けて、消費者からの返金及び解約の要求に対応する際の消費者保護法の遵守に焦点を当てたガイダンスを発表した。本記事では、事業者による消費者からの返金及び解約の要求への対応、COVID-19の感染拡大を由来とする解約に対する小売事業者の対応に関連してCMAのガイダンスを検討する。

英国
COVID-19によるロックダウン状態からの職場への復帰の準備において雇用者が考慮すべき事項

英国は2020年5月7日までロックダウンが続いていたが、ロックダウン解除後、雇用者は安全な職場環境を維持しながら、従業員を仕事に復帰させる方法を考える必要がある。一部の国では規制を縮小し、日常生活への復帰を開始しているものの、感染の第二波の予防のため、あくまで段階的に移行している。本記事では、指針として、雇用主が通常の業務に近い形での再開や移行を計画する際に考慮すべき重要な7つの視点をハイレベルで紹介する。

英国
投資協会がCOVID-19を考慮した役員報酬パッケージに関するガイダンスを発行

投資協会(IA)は、2020年4月27日、COVID-19の影響が役員報酬パッケージにどのように反映されるべきかについての株主の期待に関するガイダンスを公表した。IAのガイダンスでは、COVID-19の影響は企業ごとに異なると指摘しつつ、株主は報酬委員会が最低限、個々の状況、特に利害関係者への影響を考慮することを期待していると指摘している。IAのガイダンスは状況の変化に応じて更新される可能性があるが、本記事では重要なポイントをまとめた。

英国
COVID-19対応としてのさらなる賃料回収規制の計画

政府は、家主が2020年6月30日までの間、「負担下にある」商業テナントに関して法定要求や清算の申し立てをすることを一時的に禁止し、滞納賃料を回収する際に家主に認められる商業的滞納賃料回収手段(CRAR)の利用に対する制限をさらに拡大する新法を導入するとしている。同新法の正確な条項はまだ明らかではないが、本記事では、政府が、2020年4月23日にプレスリリースにおいて発表した同新法に関する情報を提供する

英国
COVID-19による経済状況がPIPEsを解禁するか

上場企業がより多くの資金調達を必要としているところ、従来の資金調達方法に加え、これまで英国証券市場では一般的でなかったPIPEs又は投資家や投資家グループが上場企業に対して直接投資を行う相対取引が増加すると見込まれる。本記事では、PIPEsの概要、及びベーカー&マッケンジー ロンドンオフィスが作成したPIPEsの解禁についての記事(2020年IFLR掲載)を紹介する。

英国
雇用維持計画の現状

COVID-19雇用維持計画(CJRS)が実施されてから2週目に入ったが、現状、CJRSについて重要な点が不明確なままとされており、賃金補助の申請が却下されたり、支給後に遡及的な監査を受けたり、償還を要求されたりするリスクがある。本記事では、既に休職中の従業員を抱えているか、休職を検討中であるかに関わらず、このような労務リスク軽減のためにとりうる手段について検討する。

英国
個人情報保護監督機関(ICO)がCOVID-19緊急事態下での個人情報保護規制アプローチを発表

個人情報保護監督機関(ICO)は、COVID-19危機の影響により個人情報保護に関する法令の完全な遵守が困難になっている現状を考慮して、2020年4月17日、「柔軟かつ現実的」なアプローチを導入することを発表した。もっとも、原則として既存の規制が引き続き適用され、部分的に、開示請求時の情報開示までの期間や違反行為是正期間の延長、違反時における対象組織の経済状況を考慮した罰則の適否判断といった、柔軟な対応が採られることとなる。

英国
NHSXがデジタルヘルス技術に関する規格のドラフトを公表

国民健康保険サービス(NHS)の技術・デジタル部門であるNHSXが、デジタルヘルス技術に関する規格のドラフトを公表した。この規格は、デジタルヘルス技術(DHT)がより広範な医療・介護システムで使用されることを目的としており、またデジタルヘルスに関する技術開発者を支援するためのガイダンスを提供している。NHSXは、ドラフトに対するフィードバックの期間を4月22日までとしているが、COVID-19の影響で期間が延長される可能性もある。

英国
COVID₋19対策としての大企業、中規模起床、中小企業向け緊急融資制度、スタートアップ企業向けの未来基金の有用性

COVID₋19の感染拡大の影響を受ける企業の支援策として、財務大臣は、従前発表していた大企業向け、中小企業向けの緊急融資制度をさらに拡大するものとして、両者の中間にある中規模企業向けの緊急融資制度の導入を発表した。また、スタートアップ企業の支援策としての未来基金についてもその詳細を発表した。本記事では、これらの制度について留意しておくべき情報を提供し、その有用性について検討する。

英国
COVID-19と英国法における供給契約の不可抗力条項

COVID-19の影響による出荷の中止又は遅延等のため、各国の企業においても、国際貿易に係る供給契約上の不可抗力条項の適用を主張しているケースも出てきている。本記事では、英国法における不可抗力の概念、不可抗力条項の適用に代わる履行不能に基づく救済の可能性、不可抗力の主張の成否のポイント、その他英国法下において供給契約当事者が留意すべき事項について概説する。

英国
COVID-19と在宅勤務 – 英国外での在宅勤務は可能か?

COVID-19の影響により、従業員の一部が海外で在宅勤務をするケースも見られるようになった。従業員が海外において在宅勤務をする場合、雇用主は税務コンプライアンスの観点にも注意する必要がある。本記事では、源泉徴収及び税務上の報告義務の観点から、雇用主が注意すべき重要なポイントについて説明する。

英国
2020年コロナウイルス法 – 食料サプライチェーンに関する政府の新たな権限

2020年3月25日に施行された2020年コロナウイルス法により、生産者や小売業者等、食料サプライチェーンに関わる事業者は、これまで自主的に行われてきた食料供給に関する情報提供を、政府の要求に応じて行うこととなった。本記事では、情報提供義務の対象事業者、義務違反時の罰則、情報提供の方法について概説する。

英国
年金特別号:COVID-19を受けて加入者と雇用者の留意事項

ベーカー&マッケンジーは、英国年金規制局によるCOVID-19に関する最近の声明を反映したアクションプランを作成している。加入者と雇用者は、年金規制局による更なるアップデートを注視する必要がある。本記事では、確定給付年金に関する問題点及びそれに対応する留意事項について解説する。

英国
2020年コロナウイルス法による賃料未払いによる権利喪失への猶予措置

2020年コロナウイルス法によって、COVID-19による操業休止の影響で賃料の支払い及び事業継続可能性に不安を抱える商業上の賃借人への救済として、賃料未払いによる権利喪失への猶予措置が導入された。もっとも、当該措置には例外や留意すべき点があり、本記事では当該措置の内容について詳解する。

英国
COVID-19がファンド・オルタナティブ投資に与える影響

COVID-19の感染拡大に伴い、ファンドやオルタナティブ投資事業にも大きな影響が生じつつある。本記事では、ファンドのジェネラルパートナーや投資先会社に関する税務上の検討事項(例えば、非居住者である役員が渡航できなくなった場合の法人の税務上の居住要件、恒久的施設等)について概説する。

英国
政府、COVID-19に関連して倒産問題に直面する企業を支援するための倒産法改正を発表

COVID-19に対処するため、政府は、会社の取締役のための現行倒産法上の不当取引制度の一時的緩和措置の導入計画を発表した。これにより、政府が2018年に提案した倒産法改正案(債務者に有利な新しい再生法)を再度検討する機会にもなっている。本記事では、倒産法改正計画の内容及びその影響について考察する。

英国
政府によるCOVID-19に対応した雇用維持計画についての詳細

COVID-19に対応するために、政府は雇用維持計画の実施につき詳細な内容を含む2つのガイダンスを発表した。本記事では、これらのガイダンスの内容について紹介する。

英国
宿泊施設提供者へのCOVID-19に関する情報:閉鎖ルールの例外

政府は宿泊業界の事業者に対して施設を閉鎖する措置をとるように指示を出したが、顧客保護の観点から対象には重要な例外がある。また、2020年3月25日に2020年コロナウイルス法が施行されたことにより、宿泊業界のサプライチェーンや下請企業に影響が生じる状態にある。このような状況を踏まえて本記事では、宿泊業界の事業者が現状でとるべき行動について紹介する。

英国
文書の署名 ― 法人受託者への助言

COVID-19の影響により、在宅勤務が増加し、個人間の接触が厳しく制限される中で、文書の物理的な署名が困難となることは避けられない。文書に署名をして当局に提出する機会の多い法人受託者が特に影響を受けるため、本記事では、文書の物理的な署名に代替する電子署名等の実用的な署名手段について説明する。

英国
COVID-19に対する政府支援イニシアティブ ― 政府の措置は貴社の事業に役立つか?

財務省、首相及びイングランド銀行は、COVID-19の影響を受ける英国の企業を支援するために導入されているサポートパッケージの骨格をなす様々な措置について公表した。本記事では、その中でも、大企業を対象とするCOVID法人融資制度(CCFF)と中小企業を対象とするCOVID-19による事業中断に対する融資スキームについて紹介する。

英国
COVID-19に関する法人受託者の重要な留意事項

COVID-19の影響により、証券保有者及び借入人の双方を調整しなければならない法人受託者が難しい決断を迫られることは避けられない。本記事から、COVID-19に関する法人受託者の役割を考察する小連載を開始し、本記事では、新規取引及び既存取引に対する影響を考察する。

英国
政府によるCOVID-19への緊急措置

COVID-19危機に対応する政府の緊急権限は、3月末までに発動を開始することが予想され、COVID-19法案の一部は今月中にも発効する見通しである。本記事では、これらが雇用、イベント・集会の開催、税務、政府による事業支援、感染者の扱い、裁判実務等の各分野に及ぼす影響について紹介する。

英国
COVID-19を受けて、子育てや介護の責任をもつ労働者を支援するために使用者が今すべきこと
英国
年金に関する特別アラート、COVID-19を受けて加入者と使用者は何を考慮すべきか?

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com