新着アラート 米国

米国
50の州における屋内退避命令/再開状況の調査

2020年3月以降、州や地方自治体がCOVID-19感染拡大から市民を守るために、全米において屋内退避命令又は自宅待機命令が広まっている。もっとも、米国の一部での感染拡大の停滞傾向に伴い、各州が現在、これらの命令を緩和して経済を再開する計画を実施ないし検討している。本記事では、米国の50の州及びワシントンD.C.のそれぞれにおける、これらの命令の状況及びオフィスや小売店等の再開の状況についてまとめたうえで、日々更新し、最新の情報を提供する。

米国
COVID-19期間中の金融系企業における労働法上の懸念点

COVID-19は、米国においては2020年3月13日に公式に感染拡大状況にあると宣言されたが、半年が経過した現在でも、雇用者は、健康及び安全に関する命令、連邦政府機関が更新する政策や裁判所の決定、急増する訴訟といった日々の変化に対応するために困難に直面し続けている。本記事では、金融系企業の雇用者が直面する労務上の懸念点について解説した記事を紹介する。

米国
歳入庁がコロナ禍による非居住者への連邦税の軽減措置を提供

歳入庁(IRS)は、2020年5月11日付で、Rev. Proc. 2020-20により、COVID-19の蔓延により影響を受けた特定の非居住納税者に連邦所得税の軽減を提供している。また、その後も5月27日付及び6月12付でFAQを公表し、(i)米国に長期滞在する外国人は、その滞在日数により米国の税務居住者として判定され(Substantial Presence Test)、米国での納税義務を負うことがあるが、健康状況により滞在を余儀なくされたケース(Medical Condition Exemption)についてはその滞在日数が判定から除かれること、(ii)COVID-19の移動制限(COVID-19 Emergency Travel Disruptions)により一次的に米国で事業を行う個人又は法人は米国の恒久的施設(permanent establishment)を通じて事業を行ったとはみなされないこと等のガイダンスを提供している。

米国
COVID-19感染拡大に起因する集団訴訟のリスク第2弾‐集団訴訟を回避するための積極的なリスク軽減戦略について

本記事は、COVID-19感染拡大に起因する集団訴訟のリスクを取り上げた全3回シリーズの第2回目である。シリーズ第1回目で消費者集団訴訟についてまとめて以来、さらなるCOVID-19感染拡大により、価格の釣上げ、感染予防対応における過失、イベントの中止、商品の返品・返金等に関して損害賠償を求める消費者集団訴訟が増加している。本記事では、COVID-19感染拡大に起因する集団訴訟のリスクに対処するために企業が取り得る積極的なリスク軽減戦略について説明する。

米国
COVID-19に関連して追加借入れ等を行ったDelaware Statutory Trustsに係る制優遇措置の保全(Rev. Proc. 2020-34)

歳入庁は、2020年6月4日、Grantor Trust(信託契約の一種)としての税制優遇措置を受けているDelaware Statutory Trusts(「DST」)が、COVID-19に関連して、追加の借入れ、出資を受けた場合においても一定の場合においては、税制優遇措置を継続して受けることができるとするセーフハーバールールRev. Proc. 2020-34を公表した(既存のRev. Rul. 2004-86等では、DSTは追加の出資を受けることができないとする等、Grantor Trustとしての税制優遇措置を受ける場合には諸々の制限が課せられている)。

米国
リタイアメントプランから支給される分配金に係る優遇措置

コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法では、「適格者(qualified individuals)」について、COVID-19に関連して、2020年1月1日から2020年12月31日の期間において特定のリタイアメントプラン(例えば、401(k)といった確定拠出年金等)から支給された分配金について、個人所得税の課税を繰り延べるなどの優遇措置が設けられている。本記事では、適格者の定義を含む本措置の詳細について解説する。

米国
司法省による米国人労働者保護のためのより詳細な調査

司法省は、2020年4月、2017年に発令された「バイ・アメリカン、ハイヤー・アメリカン」の大統領令が3周年を迎え、「米国人労働者に対する差別と闘う決意の再確認」というプレスリリースを発表した。COVID-19感染拡大に起因する景気後退の後、米国の雇用者による外国人労働者の優遇措置について、政府によってより詳細な調査がされることが予想される。本記事では、関連する法律と罰則の概要、米国の雇用者に対する差別禁止規定の施行の進展、リスクを軽減するために米国の雇用者が取るべき措置について解説する。

米国
COVID-19に関連する、入国規制を拡大し国外の非移民ビザ申請者に影響を与える入国に関する大統領告示

大統領は、現在進行中のCOVID-19の感染拡大に関連する景気後退の間、米国の労働力を保護するために、4月22日の告示で概説された入国規制を拡大する告示に署名した。本告示は、現在米国外におり、2020年6月24日時点で有効な非移民ビザまたはその他の公的渡航書類を所持していない個人に適用される。さらに、本告示は、2020年4月22日の告示で概説された移民ビザの発給に関する制限を2020年12月31日まで延長する。本記事では、本告示の詳細及び本告示を踏まえて企業が取るべき行動について解説する。

米国
企業におけるリモートワーク制度の構築

COVID-19感染拡大を受けて、企業は在宅勤務及びリモートワークの方針を検討せざるを得なくなった。多くの企業では、ほとんどの従業員についてリモートワークに取り組まざるを得ず、通常の就業場所とは異なる場所に移転せざるを得なかった従業員もいた一方、リモートワークの実施が非常に成功したため、永久的にリモートで働くことを検討している者もいる。本記事では、ベーカー&マッケンジーが作成した、企業におけるリモートワーク制度の構築に関する法的問題点について解説したパンフレットを紹介する。

米国
米国50州の自宅待機命令及び経済再開に関する最新情報【6/16更新】

COVID-19対策として2020年3月以降全米で発令された自宅待機命令(Shelter- in-place order)に関して、一部の州では、感染拡大の鎮静化を受け規制が緩和され、経済活動の再開が進められている。本トラッカーでは、米国 50 州各州の自宅待機命令とその有効期限、経済活動の再開に関する計画や新たな命令等に関する情報を毎週更新する。

米国
連邦準備制度理事会によるメインストリート貸付プログラムに関する新しいタームシート及び質問集(FAQ)の発行について

連邦準備制度理事会は、2020年6月8日、COVID-19の感染拡大前に健全な財務状態にあった米国の中小企業に融資を行うことを目的とするメインストリート貸付プログラムに関して、2020年4月30日に発表されたタームシートに代わるメインストリート融資ファシリティー及び2020年5月27日に発行された質問集(FAQ)に代わる新たなFAQを発行した。本記事では、タームシート及びFAQの主な変更点並びにメインストリート貸付プログラムを構成する3つのファシリティーについて解説する。

米国
COVID-19環境下において損失控除を確保するための計画

現在のCOVID-19を取り巻く環境では、多くの企業が未曾有の欠損金を生じる状況に直面している。CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)では、2018年、2019年、2020年に発生した欠損金に関して5年間の繰戻し還付が一般的に認められている。もっとも、残念ながら多くの企業、特に繰戻し還付の対象となる5年間に欠損金を生じている企業は、繰戻し還付を利用することができない。本記事では、支配権変動によりもたらされる、欠損金利用制限を規定した内国歳入法セクション382の影響の重大性について解説した上で、COVID-19の影響による企業価値の低下や潜在的な内部統制への違反を防ぐために、企業が検討すべき措置について解説する。

米国
連邦準備制度理事会によるCOVID-19対策としてのメインストリート貸付プログラム及び文書書式に関する新たな質問集(FAQ)の発行について

連邦準備制度理事会は、2020年5月27日、同年4月30日に発行された質問集(FAQ)に代わる、メインストリート貸付プログラムに関する新たなFAQを発行した。また、同プログラムを運営するボストン連邦準備銀行(FRBB)は、同日、同プログラムに関連するいくつかの文書書式及びモデル規定を発表した。本記事では、新たなFAQ及び文書書式の内容について解説する。

米国
金融危機から得た教訓のCOVID-19下における証券取引委員会(SEC)による執行

COVID-19危機の後、SEC執行部は2008年の世界的な金融危機における経験をもとに、異常な市場変動と金融逼迫が生じた期間に発生する不正行為の潜在的なパターンを特定することになると考えられる。本記事では、SEC執行部が現在注力している分野、及び特に資産運用業界に焦点を当て2008年の金融危機において実施された執行措置について分析し、COVID-19危機を受けてSECの執行措置が予想される企業について解説する。

米国
労務観点からのダイバーシティ&インクルージョン ー 継続的な取り組みの必要

COVID-19の感染拡大は、これまでの数々の困難な時期と同様、不当な差別を助長し、雇用における多様性推進の取組みを後退させるかもしれない。本記事では、労務の観点から、最も根本的かつ重要なダイバーシティ&インクルージョンの理念を遵守するために雇用者及び従業員が留意し取り組むべき事項を紹介する。

米国
COVID-19後の米国の再生可能エネルギープロジェクトの見通し

COVID-19感染拡大により再生可能エネルギー産業全体の主要なサプライチェーンは混乱し、税制優遇措置も間もなく終了する可能性があるため、プロジェクトの資金調達状況は変化しつつある。もっとも、再生可能エネルギーが経済発展及び雇用創出の観点からもたらす利益等を勘案すれば、再生可能エネルギー産業が米国を現在の経済的不況から脱却させるための一助となる可能性は十分考えられる。本記事では、今日の環境下において再生可能エネルギー産業が直面している主要な課題について考察し、プロジェクト開発業者が将来の計画を立てる際の考慮事項について説明する。

米国
歳入庁(IRS)がCARES法の実施に関するFAQを拡充

IRSは、CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)に関する多くの条項を実施するためのガイダンスを提供するために、FAQを大幅に拡充して公表している。CARES法の救済策の適用関係を確定する際にFAQに記載されている制限に影響を受ける可能性があり、納税者は予期せぬ結果を回避するために、これらFAQの制限に注意する必要がある。IRSは現在少なくとも10のFAQを掲載しており、CARES法の幅広い納税者救済規定をカバーしている。主要トピックとしては、米国政府からの現金給付規定(economic impact payments)、給与税の支払いの繰り延べ、従業員のリテンションクレジット、中小企業向けの給与保護プログラム(雇用維持のための融資)等が含まれている。

米国
CARES 法にかかる税務上の便益の遡及的効果

2020年3月27日に成立したCARES法に関して、歳入庁から通知が発出されており、一定の税務上の便益を納税者に対して遡及的に与えている。主な項目として、①2018年から2020年に取得された特定の資産(Qualified improvement property)について、耐用年数を取得年度に遡って15年と変更する、若しくは取得年度に一括償却されたものとするもの、②2019年、2020年に届出られたセクション163(j)の選択届出(利息の損金算入制限)の取り下げを認めるものが挙げられる。

米国
税務居住者性の判定

米国に長期滞在する外国人は、その滞在日数により米国の税務居住者として判定され(Substantial Presence Test)、米国での納税義務を負うことがある。ただし、その判定には例外があり、健康状況により滞在を余儀なくされたケース(Medical Condition Exemption)については、その滞在日数が判定から除かれるというものがある。歳入庁が公布したRevenue Procedure 2020-20によると2020年2月1日から2020年4月1日のうち最大60日については、Medical Condition Exemptionの対象とすることが可能であるとしている。

米国
CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)から生じるASC740(法人所得税に係る会計処理)の問題

米国会計基準では、税法の改正による繰延税金資産及び繰延税金負債の残高の影響額は、原則的には新たな法律が制定された日が属する期間に認識される必要がある(FASB Accounting Standards Codification(ASC)740)。トランプ大統領は2020年3月27日にCARES法に署名したため、12月決算企業であれば2020年の第1四半期(その他の企業であれば会計年度の四半期)に変更を反映する必要がある。本記事では、繰越欠損金、アーニングス・ストリッピング 163(j) 支払い利子の損金算入限度、適格改善資産(Qualified Improvement Property)について、その影響について触れる。

米国
カリフォルニア州における予算確保のための一時的な税制措置

カリフォルニア州知事のGavin Newsomは、2021年6月期の予算確保のために、1月に提出した予算案の修正を行った。この予算案の修正では、所得が100万ドルを超える納税者に対して、2020年1月1日から2022年12月31日の間に始まる事業年度について欠損金の利用を認めないといった措置が含まれている。過去の同様の措置においては、欠損金の利用期限の延長が併せて導入されているが、今回も同様の措置が取られるものと見込まれている。

米国
安全に再開するために - COVID-19期間における環境コンプライアンス遵守義務を軽減する環境保護庁及び州の執行方針に依拠するためのガイドライン

環境保護庁(EPA)は、2020年3月26日、執行の対象を日常的なコンプライアンスの監視及び報告に関連する特定の違反に限定する、COVID-19期間における一時的な執行方針を発表した。もっとも、本執行方針は、多くの環境団体から、環境汚染者に対して何もしないことを明らかにするものとして批判されている。また、カリフォルニア州等9つの州が、本執行方針が執行不能であると主張して訴訟を提起している。本ガイドラインは、このような状況下においてもコンプライアンスの遵守が期待される企業が、潜在的な環境コンプライアンスの問題に対処するためにとるべき行動について、情報を提供する。

米国
イリノイ州及びミネソタ州における再開計画に関する分析

イリノイ州知事は、2020年5月5日、同州の経済を再活性化するための5段階の再開計画を発表した。この再開計画は、同月19日時点において、第2段階に入っている。また、ミネソタ州知事も、同月13日、同州の経済を再活性化するための再開計画を発表した。この再開計画は、同月18日に発効している。本記事では、それぞれの州の再開計画の内容について解説する。

米国
米国50州の自宅待機命令及び経済再開に関する最新情報

COVID-19対策として2020年3月以降全米で発令された自宅待機命令(Shelter- in-place order)に関して、一部の州では、感染拡大の鎮静化を受け規制が緩和され、経済活動の再開が進められている。本トラッカーでは、米国 50 州各州の自宅待機命令とその有効期限、経済活動の再開に関する計画や新たな命令等に関する情報を毎週更新する。

米国
福利厚生制度にかかる費用要件の緩和

内国歳入庁(IRS)は、2020年5月12日、内国歳入規則セクション125に規定する福利厚生制度にかかる費用につき、Notice 2020-29を公布しその要件を緩和した。Notice 2020-29では、従前は福利厚生制度の期中の変更は原則認められなかったところを、期中の変更を可能にするとともに、福利厚生制度のベネフィットは、"use it or lose it"といわれるように年度内に利用しなければ失効していたところを、2020年については、2.5か月の有効期間の延長又は500ドルまでのベネフィットの次年度への繰越を認めている。

米国
ウィスコンシン州最高裁判所が自宅待機命令について無効判決を下す

ウィスコンシン州最高裁判所は、2020年5月13日、州の自宅待機命令が違法かつ無効であり、執行不能であるとの判決を下した。COVID-19感染拡大に対応して発行された緊急命令の有効性を争う訴訟は全米各地で提起されているが、ウィスコンシン州の判決は自宅待機命令について州最高裁判所が判断をした初めての裁判となった。本記事では、この判決に関する背景、争点、審判対象とならなかった事項等について解説する。

米国
雇用者が留意すべき、COVID-19関連のレイオフによる適格退職年金の部分的終了から生じうる雇用者の責任

COVID-19 関連のレイオフや人員削減(RIF)を検討している雇用者は、適格退職年金の加入者が大幅に減少した場合に「部分的終了」が生じ、その結果、「影響を受ける従業員」への給付を完全に確定しない限り税制適格性を失う可能性があることに留意しなければならない。本記事では、内国歳入庁(IRS)のガイダンスに基づく、部分的終了の推定基準及び雇用者に生じる責任について概説する。

米国
トランプ大統領、国内の送電網に関する「敵対国」の機器の使用を禁止

トランプ大統領は、2020年5月1日、外部からの攻撃等による国内の送電網の混乱を防ぐため、特定の外国から供給された機器の使用を禁止する旨の大統領令を発令した。具体的には、エネルギー省(DOE)が、「外国の敵対勢力(foreign adversary)」によって開発、製造、供給され、米国の国家安全保障に「容認できないリスク」をもたらすと判断した送電網に関するシステムの機器の取得、譲渡、設置が禁止される。本記事では、今後の電力事業関連取引に大きな影響を及ぼしうる同令の内容と、開発者や製造業者の留意事項を概説する。

米国
連邦準備制度理事会がPMCCF及びSMCCFに関するFAQの増補版を公表

連邦準備制度理事会は、2020年5月4日、Primary Market Corporate Credit Facility (PMCCF)及びSecondary Market Corporate Credit Facility (SMCCF)に関する、多く見受けられる質問(FAQ)の増補版を公表した。これらの措置は、COVID-19の感染拡大に対応して、企業に対し流動性を持たせるために実施されている。

米国
連邦準備制度理事会(FRB)がメイン・ストリート・レンディング・プログラムの対象範囲・適格性の拡大及び修正案を発表

連邦準備制度理事会(FRB)は、2020年4月30日、COVID-19感染拡大による打撃を受けた中小企業への融資を行う「メイン・ストリート・レンディング・プログラム」の対象範囲及び適格性の拡大を発表した。今後は利用可能な融資の選択肢が増え、より規模の大きい企業も支援対象となる。本記事では、具体的な融資の種類及び要件、プログラムの主要な修正点について説明する。

米国
入国者関連ニュース: 最新のCOVID-19に関連する入国についての大統領令による米国外の入国ビザ申請者への影響

大統領は、2020年4月22日、現在米国外にいて入国ビザを持っていない個人に対する入国ビザの発行を今後60日間停止するという声明を出した。同声明の対象はそれ単体では広範なものではないが、2017年の米国製品優先購入・米国人優先雇用に関する大統領令と相まって、より大きな影響を生じさせる恐れがあるものである。本記事では、同声明によって生じる影響及びそれを踏まえて事業者が採るべき行動についての情報を提供する。

米国
2020年4月14日にテキサス州鉄道委員会の公聴会で検討された原油生産制限の影響について

テキサス州鉄道委員会は、2020年4月14日、原油の供給過剰及びCOVID-19の影響による需要減少によって生じている原油安に対処するため、2020年5月から州内の原油生産の一部停止を命じるか否かの検討を行うために公聴会を開催した。同委員会の判断は、世界の原油市場に大きな影響を及ぼすことになると考えられるため、本記事では同公聴会の内容について説明する。なお、同委員会は、2020年4月21日に結論を発表する予定である。

米国
短時間勤務補償(ワークシェア)プログラムとその利用の是非

COVID-19の影響により多くの企業がコスト削減を余儀なくされる中、米国の一部の州では、解雇の代わりに労働時間を短縮された従業員に対して、日割計算による部分的な失業補償を給付する、ワークシェア・プログラムが実施されている。また、CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済保障法)は、2020年7月31日までの間、同プログラムを利用する従業員に対して、週600米ドルを追加支給することとしている。本記事では、同プログラムの対象地域、補償内容、利用要件、雇用者にとっての利用のメリット・デメリットを説明する。

米国
多くの州で申告納税の延長を許容

現在40の州とワシントンDCにおいて、法人税の申告及び納税期限の延長が認められており、その期限を2020年7月15日としているものが多数みられる。また、21の州とワシントンDCにおいては、売上税及び使用税の納付期限の延長を認めている。

米国
裁判所の緊急命令による訴訟遅延及びこれにより企業に与えられた選択肢について

米国全域の法域、特にCOVID-19のホットスポットでは、裁判所が緊急命令を出して審尋を中断し、時効を停止させ、必要不可欠な業務以外は行われないこととなっている。また、緊急性のない審尋は、自宅待機命令やソーシャル・ディスタンスのガイドラインを遵守するためにZoomやSkypeを利用して行われている。一方で、COVID-19による経済的影響を受けている企業としては、係属中の訴訟の進行を遅らせることが有益となる可能性もある。本記事では、州と連邦の両方を含むいくつかの管轄での緊急命令について紹介し、企業が訴訟よりも事業や雇用に注力したい場合に採りうる選択について解説する。

米国
税務当局のCOVID-19への対応(納税申告及び期限の延長、州税審判所の審問延期等)

トランプ大統領は、2020年3月27日、2兆ドル(約220兆円)という空前の規模の経済対策となるコロナウイルス支援・救済・経済保障法(CARES法)に署名した。CARES法では、様々な税金の減免が定められているが、現行法との整合性については未確定な部分がある。

米国
COVID-19感染拡大下での企業及び慈善団体による助成について

本記事では、雇用者が困窮した従業員を支援するために寄付者助言基金(DAF)、内国歳入法に基づく慈善財団に寄付する方法、企業が自社の民間財団やその他の慈善団体を通じて困窮した企業にプログラム関連投資を行う方法といった、企業及び企業財団がCOVID-19の感染拡大を抑えるために採りうる助成及び寄付によるフィランソロピー活動について説明する。

米国
ディストレストM&A 低迷した事業を連邦倒産法第363条に基づく再建方法により買収する買主向けのロードマップ

COVID-19の影響を受けた現在の市場は、企業や投資家にとって、低迷している事業を潜在的に下落した価格で買収する機会が創出されるという状況にある。今日のボラティリティの高いグローバル市場では、あらゆる規模の企業がCOVID-19の影響を受けているため、法廷外での再建に代替する連邦倒産法第363条に基づく再建方法が増加する可能性がある。本記事では、連邦倒産法第363条に基づく再建方法の概要や、ストーキング・ホース入札の役割等について詳細に解説する。

米国
海外業務制限を条件としたCARES法に基づく中小企業への融資支援について

CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済保障法)には、COVID-19感染拡大により経済的困難に直面している中小企業への融資支援プログラムが含まれている。もっとも、同支援プログラムの申請には、ローン期間中及びローン完済後2年間の海外業務制限という条件が伴う。本記事では、同支援プログラムの内容及び海外業務制限という条件が事業に与える影響について説明する。

米国
COVID-19危機下における従業員の健康と安全確保

複数の州で自宅待機命令が発令される中、必須の事業等として稼働を継続する企業には、従業員の健康と安全を確保するための施策が要請されている。本記事では、政府のガイドラインに基づく感染予防措置や職務環境評価報告書の作成、COVID-19感染時の労災の適用要件、職務環境の安全管理に関連する従業員や労働組合からの訴訟リスクについて紹介する。

米国
中小企業庁及び財務省がPaycheck Protection Actのための資金発動を発表

中小企業庁(SBA)と財務省は、2020年3月31日、コロナウイルス支援・救済・経済保障法(CARES Act)で創設されたPaycheck Protection Programに基づき、金融機関による中小事業者融資金3,490億ドルの導入を開始した。本記事では、本プログラムにおける中小事業者融資要件、税額控除・還付申請、給与税納付期限の延期、従業員への失業補償、短時間勤務に伴う収入減少への手当等について概説する。

米国
州政府はCARES 法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)の適用に取り組む~申告期限の延長、納税猶予、州税審判所の審問延期等~

2020年3月27日に発行した財政的救済を目的とした連邦政府措置であるCARES 法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)には、数多くの減税規定(繰越欠損金利用制限や利息制限の緩和等)が含まれている。各州政府は、連邦規定への準拠及び準拠内容について検討しており、検討期間中は申告期限、納税猶予、州税審判所の審問延期等の措置が延長される。また。一部の州は特定の非所得税の救済を継続する。

米国
EPA(環境保護庁)が公表した新たな「暫定的」実行方針に関する環境法アップデート

環境保護庁は、環境法上の義務の履行に関する「暫定的な実行方針」を公表した。このCOVID-19施策によれば、規制対象施設が本施策に基づく義務を履行していた場合、COVID-19によりコンプライアンス上の問題が生じたとしても、罰則又は執行を適用しないものとされる。本記事では、この施策について解説する。

米国
Paycheck Protection Programに関する規制の公表により借入人が留意すべき事項

財務省及び中小企業庁(SBA)は、2020年3月30日、Paycheck Protection Program(PPP)に関する規制と申請について公表した。本記事では、借入人の既存債務の免除の可否、申請開始日、借入人の手続、金利及び満期について概説する。

米国
連邦税の申告及び納付期限が延長

内国歳入庁は、2020年4月15日に期限の到来する特定の税務申告及び支払いの期限を、2020年7月15日まで延期すると公表した。納税者(個人及び法人、信託、パートナーシップ等)には、各種連邦税(所得税、贈与税、遺産税及び世代間財産移転税)に係る確定申告の期限を延長し、2019年の納税(及び第1四半期の予定納税)を2020年7月15日まで延期した。

米国
CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)による航空関連の融資や補助金が利用可能に

大統領は、2020年3月27日、CARES法(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)に署名し、融資と補助金の両方の形で米国の航空業界に対し大規模な金融支援を行った。また、財務省は、同年3月30日に、本融資のための準備手続き及び最低要件並びに本補助金のためのガイドライン及び申請手続きを公表した。本記事では、CARES法における融資、補助金等について解説する。

米国
在宅勤務における電子的な契約締結方法

北米のほぼすべての大企業は、COVID-19による危機に対応して、在宅勤務を導入している。ビジネス界の大部分がリモートワーク環境に適応している現在の状況下で、在宅で取引を交渉する場合、電子的に署名した契約が確実に法的拘束力を有するかという問題に直面している。本記事では在宅勤務における電子的な契約締結方法について紹介する。

米国
コロナウイルス支援・救済・経済保障法(CARES Act)の米国における重大な影響

コロナウイルス支援・救済・経済保障法は、先週米国議会上院で可決された後、本日3月30日に米国議会下院でも可決された。現在、法案はホワイトハウスにあり、トランプ大統領が間もなく同法案に署名をすることが予想されている。本記事では、同法案に定められている退職金制度のいくつかの重要な特徴について説明する。

米国
政府によるCOVID-19への対応措置及びライフサイエンス産業への影響

本年2月より米国全土の地方、郡及び州レベルの政府は、COVID-19への対応措置を行っており、先週から多くの州で一定の非必須事業の停止を義務付ける行政命令が発令されている。本記事では、当該行政命令のライフサイエンス産業に対する適用をまとめ、当状況下で事業継続の観点から考慮すべき業務上及び戦略上の対策を紹介する。

米国
サプライチェーン保護のためのCARES法に基づく中小企業への金融支援

2020年3月27日、COVID-19への対応策であるコロナウイルス支援・救済・経済保障法(CARES法)が成立した。本記事では、自己のサプライチェーン下にある企業の支援を希望する大企業に有用な対策について紹介する。

米国
COVID-19感染拡大に基づく集団訴訟及び予想される傾向

COVID-19感染拡大による混乱は、COVID-19を原因とする集団訴訟に新しい傾向をもたらした。本記事では、過去数週間の間に米国で提起された主要な集団訴訟にくわえて、COVID-19の流行が進行し、今後企業と顧客に影響を与えることが予想される集団訴訟の傾向について説明する。

米国
COVID-19により公開会社が留意すべき主要な考慮事項

米国の公開会社は、COVID-19並びにその関連事業及び市場の混乱に関連する情報開示及びその他の証券法上の義務についての無数の問題に直面している。本記事では、公開会社に関連するいくつかの重要な考慮事項について説明し、公開会社がCOVID-19に起因するリスク及び不確実性に対処するために有用な指針について紹介する。

米国
証券取引委員会による公開会社の提出義務に関する追加的な救済措置

COVID-19の感染拡大を受けて、証券取引委員会は2020年3月25日、一定の要件を満たす公開会社に対して、証券取引所法に基づく提出義務について提出期間を延長する追加的な救済命令を発令した。当該命令は2020年3月4日に先行して発令された命令に取って代わるものである。また、同委員会は2020年3月25日、レギュレーションS-Tによる署名の要件に関するガイダンスを公表した。本記事では、これらの救済措置について概説する。

米国
COVID-19対応の混乱の中での環境コンプライアンスの管理

COVID-19の影響により、米国の多数の製造業がその製造施設を閉鎖し、操業を休止する事態となっている。操業休止がいつまで続くのか不透明な中、企業は、急速に変化する経営状況に起因する環境コンプライアンス及びリスク管理の問題に効果的に対処する必要があるため、本記事では、その方法について説明する。

米国
テキサス州の自宅待機命令に関するアップデート

テキサス州の各郡で自宅待機命令が発令されている。各命令は2020年3月23日から25日にかけて順次発効し、生活必需品の購買やインフラ関連事業等の「必須の活動」以外は、自宅待機が要請されることとなる。本記事では、各郡の自宅待機命令の対象外となる事業や、事業者の義務について紹介する。

米国
ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州で全域を対象とする外出禁止命令を公表

ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州の各州で、医療機関やインフラ事業といった必須の事業以外の事業の稼働や従業員の出勤を禁じる行政命令が公表された。各命令は2020年3月21日から23日にかけて順次発効する。本記事では、命令の対象外となる事業の範囲、命令に違反した際の罰則、従業員の失業保険等について紹介する。

米国
COVID-19に対する州及び地方における税務対応 – 連邦個人所得税の申告期限の延長に関する州の対応、COVID-19による固定資産税評価の複雑化、税務訴訟の遅延の継続

COVID-19の感染拡大を受けて、今週多くの州が、連邦個人所得税の申告期限の延長に関する対応を行い、近日中により多くの州がこれに対応することが予想される。また、COVID-19は、固定資産税の評価・支払い・不服申立てを複雑化させ、税務訴訟では手続の遅延や聴聞会のリモートでの実施が行われている。

米国
米国議会上院、COVID-19法案税制条項の合意へ

米国議会上院は、2020年3月22日に新法(the CARES Act)の草案を回覧した。本記事では、同法案の税制条項の内容を要約し、関心のあるステークホルダーに対して重要な留意事項について説明する。

米国
リモートワーク期間中の営業秘密の保護の重要性

COVID-19の懸念に対応して、企業は、リモートワークを許可(又は要求)している。もっとも、これにより営業秘密の保護に対する新たな懸念を提起されている。かかる「一時的な」リモートワークの環境では、従業員は、会社のシステムやデータベースから機密情報へのアクセス、ダウンロード又は保存をする機会を相当程度持つことになるため、営業秘密の管理形態について十分に留意するべきである。

米国
カリフォルニア州知事が同州全域を対象の外出禁止命令を発令

カリフォルニア州知事が、2020年3月20日、同州全域に対して外出を禁止する命令を発令した。当該命令は16種の重要なインフラ事業を除き、同州居住のすべての住民が対象で、無期限で実施される。本記事では、当該命令の対象外である重要インフラ事業や当該命令に違反した際の罰則について説明する。

米国
カリフォルニア州、WARN法の60日前通知の要件を放棄―ただし可能な限り早い通知が必要

連邦労働者調整及び再訓練予告法(WARN法)では、工場の閉鎖や従業員の大量解雇の際には60日前の通知が要求されている。もっとも、各州法では、連邦WARN法とは異なる規制をしているものもあり、カリフォルニア州では、COVID-19の影響を踏まえ、当該60日前通知の要件を放棄する旨の州知事令を発令した。本記事では、当該州知事令の内容、企業に与える影響及び企業が採るべき措置について紹介する。

米国
COVID-19に関する新入社員の採用時の手続に関するアップデート

国土安全保障省は、特定の使用者についてCOVID-19によるForm I-9の要件を緩和するガイドラインを公表した。本記事では、当該ガイドラインの対象となる使用者や使用者が行うべき手続について説明する。

米国
新法「ファミリー・ファースト・コロナウイルス対応法」に基づく有給の病気休暇と介護休暇について

米国議会上院は、2020年3月18日、有給の病気休暇や介護休暇を盛り込んだ「ファミリー・ファースト・コロナウイルス対応法」(FFCRA)を可決し、トランプ大統領が同日FFCRAに署名し、成立した。本記事では、FFCRAの内容や有給の病気休暇の取得の要件などについて説明する。

米国
イリノイ州で自宅待機命令が発効

イリノイ州で、2020年3月21日午後5時から同年4月7日まで、すべての住人に対する自宅待機命令が発効した。「最低限の基本業務」を除くすべての「必須の事業及び業務」でない業務について、州内で行うことが禁止される。本記事では、当該命令により影響を受ける業務やこれに違反することによる罰則について紹介する。

米国
州及び地方における税務対応として、より多くの管轄地域が納税申告期限を延長し、訴訟手続きを延期

多くの州の税務当局が窓口業務を中止しており、多くの州裁判所及び行政裁判所が聴聞会の日程を延期する若しくは特定の手続きをリモートで行うとし、州及び地方の税務訴訟についてもCOVID-19の影響が出ている。本記事では、各州の対応について紹介する。

米国
サンフランシスコ湾岸地域での自宅待機命令の実施
米国
近時の市場の不安定さに対処するためのガイダンスとベストプラクティス
米国
COVID19による休暇中の従業員への支払い、一時帰休、休業
米国
コロナウイルス(COVID-19)の重要案件に対する影響への対処とリスク軽減策

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com