新着アラート 南アフリカ

南アフリカ
ロックダウン期間に係る減税

本記事では、2020年8月25日に下院に提出された災害に伴う減税に係る法案(Disaster Management Tax Relief Administration Bill)のキーポイントについて、ベーカー&マッケンジー ヨハネスブルクオフィスの担当者が解説を行っている。

南アフリカ
COVID-19によるジェンダープロジェクトへの影響-前進に向けた教訓及び提案

COVID-19の経済的・社会的影響は、女性を含む、社会的に弱い地位にあるコミュニティにとって、明らかに厳しい状況となっている。本記事では、雇用機会の喪失や学校等の閉鎖による育児の負担の増加等のCOVID-19によって女性に生じている影響について概説した上で、COVID-19感染拡大の収束後に、性差のないより包括的な世界を作るためにとるべき行動について提案する。

南アフリカ
COVID-19による脱グローバル化の促進 ー 海外直接投資(FDI)と新たな日常への準備について

グローバル化は、総合的に見て、南アフリカの経済成長に貢献してきたと言える。もっとも、COVID-19以降、世界各国の政府は、COVID-19感染拡大により弱い立場に置かれる可能性のある産業を保護するための規制を強化し、対内的な海外直接投資(FDI)への障壁措置を導入している。本記事では、COVID-19下における各国政府のFDIに対する対応措置について説明し、今後の南アフリカにおいて、国内産業保護のための規制強化とFDIの誘致による経済活性化とのバランスをいかに図っていくかに関する考察を提供する。

南アフリカ
COVID-19間の世界中における不正な救済請求の急速な拡大

COVID-19による経済的影響を緩和するために政府によって設立された救済スキームにおける過剰又は不正な請求が世界中で急速に拡散したことに伴い、政府側も当該請求の適法性を監査し、不正な請求であることが判明した場合に厳しく取り締まる傾向を強めている。その結果、世界中の企業や個人が、意図的か否かを問わず、過剰又は不正な請求を提出することによる重大な法的リスク及び風評被害のリスクに晒されており、企業は救済を申請する際には、事業を行う各国の無数の法的・規制上の問題を考慮した法令遵守を厳格に確保する必要がある。

南アフリカ
フォーチュン500に学ぶ ー アメリカのトップCEOはCOVID-19後の未来をどのように予想しているのか

COVID-19後の新しい日常が世界中で始まり、企業は危機への対処において回復力を示さなければならない。企業は、COVID-19感染拡大の影響から回復するための職場戦略と計画を実行する必要があるだろう。本記事では、ベーカー&マッケンジーのヨハネスブルグオフィスの専門家が、フォーチュン500社のCEOの考えを踏まえながら、未来の職場がどのように機能するのかについて検討する。

南アフリカ
COVID-19後のサーバー犯罪:投資業界におけるオーソライズド・プッシュ・ペイメント(APP)詐欺

COVID-19によりオンラインでのビジネス取引が急増したが、このような仮想取引の世界への急速な移行に伴い、サイバー犯罪が着実に増加している。犯罪者は、オーソライズド・プッシュ・ペイメント(APP)詐欺等の手法を用いて、投資家を含む個人や事業者から大金を盗んでいる。本記事では、APP詐欺の手法並びに投資マネージャー、投資家及び銀行に課せられる法的義務の内容について解説する。

南アフリカ
COVID-19による移民に関する制限

2020年6月1日からロックダウン制限のレベル3に移行したことで、国境を越えた人の移動について、追加措置が導入された。本記事では、国境の封鎖、旅客船やクルーズ船の寄港禁止、船員の強制検疫、フライト制限、南アフリカ人の拠点国への帰国等、レベル3における国境を越えた移動に関する措置について紹介する。

南アフリカ
COVID-19感染拡大下における引抜き禁止協定の規制

競合他社への人材流出防止の目的から一部の雇用者が導入している引抜き禁止協定は、公正な労働市場の促進を阻害し得るとして米国等海外競争規制当局の懸念対象となっており、COVID-19感染拡大後には、政府が一定の規制を行う可能性もある。本記事では、今後予想される引抜き禁止協定に関する規制について概説する。

南アフリカ
ポストCOVID-19における小規模事業者の存続のための共同事業

長期的な支払能力の確保やCOVID-19感染拡大の影響を乗り越えるために、企業が競合他社やサプライチェーンの異なる段階で事業を行っている当事者と共同事業関係を構築する必要性が生じているが、企業は競争法の適用を免除されていない。政府は、保健省、財務大臣、貿易産業競争省のいずれかの要請に基づき協力して行われる協定に限り、ヘルスケア、銀行業及び小売業の部門において、水平的制限及び垂直的制限に違反していないことを条件として共同事業を認める一括適用免除制度を導入した。本記事では、共同事業における競争法の適用に関して、最近の動向を説明する。

南アフリカ
REITのステータス維持に関する、ヨハネスブルク証券取引所のパブリックコメント募集

南アフリカのREITは、そのステータスにより認められる税務メリットを享受するために、収入の75%を決算期後4か月以内に投資家に分配することが求められているが、COVID-19の対策としての都市ロックダウンの影響により、REITはキャッシュフローに大きな打撃を受けており、投資家への分配を行うことができる状況にない。この状況を鑑み、ヨハネスブルク証券取引所はパブリックコメントを求めている。このパブリックコメントを受けて、REITのステータス維持のための収入に占める投資家への分配割合の引き下げ、投資家への分配のタイミングの延期を認める、というような取り扱いが認められる可能性がある。

南アフリカ
COVID-19期間における調停の推奨

COVID-19の影響により、当事者が直接出席することが求められる訴訟手続を利用した紛争解決に支障が生じている。本記事では、COVID-19によるロックダウン状態が、紛争解決の手段として調停の利用を促進している理由について、調停に関する規則改正や調停を利用するメリットを踏まえて解説する。

南アフリカ
仮想世界でのディールメイキング - COVID-19感染拡大下におけるコンプライアンス及び調査

COVID-19感染拡大により、多くの企業がリモートワークの導入を促進した。また、電子的な手段によりサービスを提供する企業も増加している。本記事では、このような仮想世界への移行の加速が、大企業や多国籍企業のコンプライアンス制度及び調査に与える影響について解説する。主たる内容は、企業の不正調査手段の電子化及び調査時における留意事項についてである。

南アフリカ
過大な価格設定か、過度の訴追か。COVID-19関連の価格つり上げに対する競争委員会の対応に関する分析

過大な価格設定を禁じる法令は市場を独占する企業に向けられたものあるが、競争委員会は、今般のCOVID-19感染拡大下において、過大な価格設定に関与したと疑われる小規模で無名の企業に対する追及に高い関心を示している。本記事では、過大な価格設定に関する競争法上の法的枠組みの概要説明及び競争委員会が上記企業に対して行った訴追等に関する解説並びにこれらに関する分析を行う。

南アフリカ
COVID-19影響下における競争法の適用除外及び規制

COVID-19の感染拡大が国家的災害として宣言されたことを受け、COVID-19に対する政府の施策を強化するために、ヘルスケア部門、銀行業及び小売業における規制の適用除外、消費者保護及び国家的災害の管理に関する規制を含む様々な競争規制が発令された。本記事では、南アフリカ競争法4条に基づく水平的制限及び同5条に基づく垂直的制限の適用の免除、その他の規制緩和について解説する。

南アフリカ
COVID-19期間中及びその後における遠隔地取引及び紛争解決手続の電子化

COVID-19の影響により、裁判、仲裁、調停等の紛争解決手続の電子化が促進している。本記事では、各紛争解決手続の電子化措置の詳細、各紛争解決手段の今後の展開、及びこれらを踏まえた今後の遠隔地取引における留意事項について解説する。

南アフリカ
仮想世界でのディールメイキング ー COVID-19終息後の職場環境

COVID-19による事業所の閉鎖は、従業員の在宅勤務を余儀なくし、働き方や職場環境についての新たな発見や変化をもたらしている。本記事では、COVID-19終息後も広く実施されることが見込まれる在宅勤務について、雇用主の労務管理の観点から考察する。

南アフリカ
ロックダウン中の従業員の解雇

COVID-19の影響により、働き方や雇用者の経済的状況に変化が生じているが、ロックダウン中も雇用者及び従業員は従前同様の権利義務を有することに留意しなければならない。本記事では、雇用者が労働関係法(LRA)に基づいてとるべき解雇手続について、ロックダウン下における実施方法(オンライン会議ツールを用いた不正行為調査や従業員への通知等)を紹介する。

南アフリカ
競争法の観点からの仮想世界でのディールメイキング

COVID-19は、ビジネスの世界に多くの課題を提示すると同時に、メディア・通信技術を用いた革新の好機をももたらしている。本記事では、電話やビデオ会議等の技術を駆使した企業への法務サービスのシームレス化、厳しい経済状況下での談合増加の懸念による競争法規制当局の規制強化の展望と必要な対応、及び今日におけるバーチャルな法務サービスの例(ビデオ会議やバーチャルデータルームを利用した合併業務や、遠隔地での訴訟手続等)について紹介する。

南アフリカ
失業保健基金によるCOVID-19期間中の年次有給休暇に対する支払について

雇用労働大臣は、2020年4月8日、2020年3月26日に発効されたCOVID-19による失業保険基金(UIF)に対する請求の取扱いに関する通達の修正を発表した。この修正により、雇用主は、COVID-19も関連して失業保険基金から受け取った金額と、ロックダウン期間中の従業員の年次有給休暇に対して支払った給与とを相殺することが可能となった。本記事では、同修正の詳細について解説する。

南アフリカ
COVID-19事業救済措置のアップデート

COVID-19の感染拡大を受けて、政府は、2020年3月に開始した中小・零細企業に対する財政支援措置に加えて、融資や助成金給付、税制上の救済といった、更なる支援措置の実施を決定した。本記事では、政府による基金の設立と融資、事業を閉鎖した雇用主や観光産業・宿泊施設関連企業等に対する助成金の給付、補助金の支給や納税の猶予措置等について紹介する。

南アフリカ
COVID-19状況下での企業結合規制と事業再生の今後の展望

COVID-19がもたらした経済的危機により、多くの企業が経営難に陥っている。本記事では、COVID-19感染拡大収束後の経営再建手段となる可能性のある企業合併・買収について、競争法の観点から企業結合規制手続に関する規制当局の対応等の展望を概説する。

南アフリカ
COVID-19による入国管理手続の緩和措置について

COVID-19感染拡大の影響により、雇用主及び労働者は世界的な渡航制限に直面している。内務省は、入国管理上の問題に対処するために、ビザ等の申請処理に関する緩和措置についてのガイダンスを発表した。本記事では、同ガイダンスの内容について説明する。なお、同ガイダンスに基づく緩和措置は2020年7月31日まで継続する。

南アフリカ
ロックダウンにより影響を受けた事業者及び労働者にかかる新税制

南アフリカでは、ロックダウンにより影響を受けた事業者及び労働者をサポートするために、新たな措置が公表された。この措置には、付加価値税(VAT)の還付の早期化、技能開発税の4か月間の免除、炭素税の申告納税期限の3か月延長、特定の寄付にかかる10%の所得控除などが含まれる。また、一定の中小企業者については、延納が認められているが、その中小企業者の範囲も拡大されている。

南アフリカ
COVID-19に対応した小規模事業者の救済計画

COVID-19の感染拡大を受けて、特に中小規模事業者及び零細事業者を支援するために、政府支援による私的債務の救済案が多数導入されている。本記事では、導入された救済措置のいくつかについて留意すべき情報を提供する。

南アフリカ
雇用救済措置に関する重要なアップデート

雇用労働大臣は、COVID-19の感染拡大により事業を停止し、又は就業時間を短縮している雇用者を支援するための一時的な従業員救済措置(TERS)を導入し、2020年4月上旬にいくつかの改正がなされた。本記事では、この救済措置の要件及び支給額等を説明するのに加え、失業保険基金(UIF)や労働災害補償法(COIDA)による救済の可能性についても言及する。

南アフリカ
災害管理税軽減法案を公表

財務省は、災害管理税軽減法案及び説明文書を公表し、2020年4月15日までのパブリックコメントを受け付ける。本記事は、拡大される雇用促進優遇税制、中小企業向けの納税猶予、COVID-19災害救済のために設立されたファンドへの免税措置(所得税/贈与税)等について概説する。

南アフリカ
外出禁止措置 ― 税制を通じた中小企業と従業員への支援

ラマポーザ大統領は、2020年3月23日、2020年3月26日から2020年4月16日までの21日間全土で外出禁止措置を行うことを公表した。また、これにより企業と従業員が多大な影響を受けるため、大統領は、政府が個人や中小企業を支援するための措置を講じることも公表した。本記事では、当該措置について紹介する。

南アフリカ
ヨハン・ボテス(ヨハネスブルグオフィス、パートナー)がCOVID-19における安全な職場環境についてCNBCアフリカのインタビューに応じる

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com