新着アラート メキシコ

メキシコ
COVID-19による合併症等のリスクが高い脆弱者の職場復帰に関する基準

保健省、労働社会保障省(STPS)及び社会保険庁(IMSS)は、2020年7月27日、職場に復帰した際COVID-19により合併症を発症したり、死亡したりする可能性のある脆弱な従業員への対応に関して、企業が遵守しなければならない基準(「新基準」)を発表した。本記事では、新基準及び脆弱な従業員に対してとるべき措置について概説する。

メキシコ
連邦民間航空局が航空業務再開に関するガイドラインを発表

連邦民間航空局は、2020年5月18日、COVID-19緊急事態収束後の航空機の運航再開に向けて、空港コンセッション事業者や許可保有者、空港運営者が遵守すべきガイドラインを発表した。本記事では、同ガイドラインの概要、及び航空業者がとらなければならない運航再開の手続を紹介する。

メキシコ
段階的な活動再開に向けたガイドライン

保健省は、2020年5月14日、社会的活動・教育活動・経済活動の一般的な再開に向けた戦略を定める計画を発表した。本計画は、2020年5月18日時点、同日から同月31日までの間及び翌月1日時点の3つの時点における段階的な活動再開を計画するものである。本記事では、段階的な活動再開の内容及び本計画のもとで取るべき対応に関する情報を提供する。

メキシコ
メキシコ社会保障協会(IMSS)が安全な職場復帰のためのガイダンスを発表

メキシコ社会保障協会(IMSS)は、2020年4月30日、COVID-19による業務停止解除後の従業員の安全な職場復帰のために、雇用主が実施すべき措置に関する勧告を発表した。同勧告は、職場復帰に伴うCOVID-19感染のリスクから従業員を保護するための対策、及び実際にCOVID-19感染症が発生した場合にとるべき措置を内容とする。本記事では、雇用主に求められる人員再配置や防護具提供等の措置、事業計画の策定及び段階的な従業員の職場復帰の手順等について概説する。

メキシコ
2019年度個人所得税の申告期限の延長

メキシコ国税庁は本来2020年4月末である2019年度の個人所得税の申告期限を、2020年6月末まで延長することを2020年4月22日に公表した。この措置は、COVID-19の影響を勘案したものであるとともに、メキシコ国税庁のウェブサイト上での電子申告にかかる技術的なトラブルに対応するものである。なお、この措置に伴い、2020年4月末から2020年6月末の期間について延滞税は課されないこととされている。

メキシコ
COVID-19を受けた、商事破産法への「第15章緊急時破産手続」の追加

元老院において、2020年4月28日、緊急時における破産手続を追加する商事破産法の改正の動きがあり、その内容はCOVID-19の感染拡大のような緊急事態によって経済的影響を受けた企業に対し、通常の倒産手続とは異なる手続にて破産手続開始の申立てを可能にするものと予想される。本記事では、新たな破産手続の特徴を含む、商事破産法改正の動きに関する情報を提供する。

メキシコ
政府がCOVID-19感染フェーズ3を宣言

政府は、COVID-19感染フェーズ3を宣言し、保健省は、感染拡大防止措置を2020年5月30日まで延長すると公表した。また公衆衛生審議会は、生活に不可欠でない活動の停止措置を、感染者数が最も多い地区では同年5月30日まで継続する一方、COVID-19感染者数が少ない又は存在しない自治体では同年5月18日から再開できるとし、さらに、60歳以上の高齢者や妊娠中又は産褥期の女性、高血圧や糖尿病等の診断を受けた患者については、従事する仕事の内容を問わず、厳正な自宅待機措置を講じるものとした。

メキシコ
社会保障協会による雇用者及び従業員の救援及びオンライン手続の簡略化

メキシコ社会保障協会(IMSS)は、2020年4月13日、雇用者の社会保険料の支払いを容易にし、従業員がCOVID-19を原因とする障害者手帳及び補助金の支払いをオンラインで取得できるようにするための措置を発表した。同様に、IMSSは失業者が個人の退職口座から資金を引き出すことを可能にした。

メキシコ
COVID-19対応としての労働省による職場の検査基準の公表

労働省は、2020年4月1日、保健省が発した安全衛生規則の遵守について確認するための職場に対する検査基準を発行した。本記事では、同基準の内容について紹介した上で、同基準を踏まえて企業が取るべき行動について解説する。

メキシコ
観光省及び保健省が自宅待機期間中に営業を続ける宿泊施設に対するプロトコルを発表

2020年3月30日から4月30日までの「休止期間」の決定に伴い、保健省及び観光省は、2020年4月2日、同期間中に営業を続ける宿泊施設に対するプロトコルを発表した。本記事では、同プロトコルが規定する宿泊施設の遵守事項(稼働率の制限、医療機関との連携、レストランやジムの閉鎖、宿泊客や従業員への安全配慮等)について概説する。

メキシコ
メキシコにおける不可抗力条項及びそれに関連する法原則

COVID-19の急速な感染拡大による世界規模のビジネスへの影響を受けて、事業者の中には、COVID-19の感染拡大が不可抗力事由若しくは契約上の義務を免除する法原則に該当するという主張を企図している事業者もあると考えられる。本記事では、実際に当該主張を検討している事業者及び契約の相手方に向けて、メキシコの裁判所において不可抗力条項がどのように解釈されるかに関する重要な問題に対する回答を提供する。

メキシコ
COVID-19の影響に直面する賃貸借契約

メキシコの多くの事業者にとっても、事業上、賃貸借契約は重要なものであるが、特に賃貸借契約上の賃料支払義務の履行は、政府機関よりCOVID-19に対する健康上の予防策に関連して発令される様々な措置により影響を受けると予想される。本記事では、賃貸人及び賃借人の双方に対するCOVID-19の影響ついて解説する。

メキシコ
COVID-19に対する防止措置と軽減措置

労働省は、2020年3月20日、「COVID-19に対する職場の行動指針」を発表した。また、保健省は、2020年3月24日、COVID-19感染拡大の防止を目的とした強制措置を定める決議事項を発表した。本記事では、これらの内容について説明する。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com