新着アラート マレーシア

マレーシア
裁判手続におけるバーチャルな通信手段の導入

Dewan Rakyat(下院)は、2020年8月26日、1964年司法裁判所法、1948年下位裁判所法、1955年下位裁判所規則法を改正する3つの法案を可決した。これらの改正により、裁判所は、(i)ライブビデオリンク、(ii)ライブテレビリンク、又は(iii)その他の電子的な通信手段と定義される「遠隔通信技術」を使用してバーチャルな手続を行うことが可能となった。

マレーシア
2020年新型コロナウイルス疾患の影響軽減のための暫定措置法案

2020年8月12日、「2020年新型コロナウイルス疾患の影響軽減のための暫定措置法案」が連邦議会下院に提出され、第三読会を通過した。同法案は、マレーシアにおけるビジネス及び個人に対するCOVID-19感染拡大の影響を軽減するための暫定的な措置について規定している。本記事では、特定の契約についての契約上の義務からの救済、訴え提起期間の延長、破産手続開始要件である負債総額の基準値の増額(50,000リンギットから10,000リンギットへ)等、同法案の内容について解説する。

マレーシア
製造分野への外国直接投資に対する10年~15年間の法人税免税措置を含む、国内経済再生を目的とした税制優遇措置を発表

首相は、2020年6月5日、国内経済再生を目的とした税制優遇措置を発表した。これには、外国直接投資を誘致するための法人税の免税措置(10年~15年間)、売上・サービス税(SST)に係る延滞税の50%減税(2020年7月から9月までに支払われるSSTに係る延滞税)、事業所の改修やICT機器等への投資に係る優遇措置、観光税の免除、宿泊サービス及びその他の関連サービスに係るサービス税の免除、国内観光費に対する個人所得税控除等が含まれている。

マレーシア
国家経済復興計画(PENJANA)及び回復移動制限令(RMCO)

政府は、2020年6月5日、COVID-19による影響を踏まえ、経済活性化のための国家経済復興計画(PENJANA)を導入した。また、COVID-19の国内感染者数の減少に鑑み、政府は、2020年6月7日、移動制限令(MCO)が同月9日に終了することを宣言した。MCOは、2020年6月10日から同年8月31日まで有効な回復移動制限令(RMCO)に置き代わる。本記事では、国家経済復興計画の主要な点及びRMCOの影響について解説するベーカー&マッケンジーが作成したクライアントアラートを紹介する。

マレーシア
COVID-19対策としての条件付き活動制限令、規制期間中の日次報告義務

2020年5月4日から2020年6月9日までの条件付き活動制限令の実施により、禁止されている活動を除く全ての経済・事業活動につき、一定の条件及び業界特定の標準運営手続(SOP)の遵守を条件として、事業を再開することが許可されている。人的資源省の労働安全衛生部(DOSH)は、2020年5月20日、事業を再開した企業に対し、各事業に適用されるSOPの遵守に関連して、日次報告書提出の義務の導入を発表した。本記事では、同義務について説明する。

マレーシア
感染症の予防及び管理に関する規則について

感染症の予防及び管理に関する規則が、2020年5月13日に施行され、同年6月9日まで効力を有する(第4次延長期間)。この規則は、衛生上の問題と経済的な問題のバランスを図る「ニューノーマル」の下で、規制を改良しているものである。本記事では、禁止行為、感染地域内及び同地域間の移動制限、集会及び行列の管理、公共交通機関(航空機)による移動、議会の開催等に関して、この規則を説明する。

マレーシア
ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファームに対する従来型の転換社債の発行による代替的資金調達

移動制限令(MCO)が発効して以来、流動性の問題に直面している中小・零細企業等に対して代替的な資金調達手法を提供する動きの中で、証券委員会(SC)は、2020年4月28日、SC1に登録されたベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファームに対する従来型の転換社債の発行を企業に認めるLodge and Launch Framework及びLodgement Kitに基づくUnlisted Capital Market Productsに関するガイドラインを改訂した。

マレーシア
p-hailingサービスに関する安全ガイドライン

運輸省(MOT)は、食品、飲料及び小包の配達のためにオートバイの運転手を使用するp-hailingサービスに関するガイドラインを公表した。運転手による配達を行う企業は、ガイドラインを厳守する必要がある。本記事では、ガイドラインについて詳細に説明する。

マレーシア
活動制限令の緩和措置及びPRIHATIN検査制度について

国際貿易産業大臣は、2020年4月28日、活動制限令の一部緩和措置の実施を発表した。また、社会保障機構は、2020年4月27日、COVID-19検査に関してPRIHATIN検査制度のガイドラインを発表した。本記事では、同緩和措置及び検査制度について説明する。

マレーシア
COVID-19がラブアン法人の税務上の居住地判定に与える影響

ラブアン法人の取締役がマレーシア国内に滞在できず取締役会がマレーシア国内で開催できない場合、マレーシアの管理支配地基準を満たさず、マレーシア税務当局が居住地証明を発行しない恐れがある。ラブアン法人の取締役会がマレーシア国内で開催できるか、できない場合には、取締役の構成を見直す等の手当てが早急に必要となる。

マレーシア
建設プロジェクトにおける移動制限期間中の集中型労働宿舎(CLQ)と建設作業員の宿泊に関する運用ガイドライン

公共事業省(MOW)は、建設業開発庁(CIDB)と共同で、移動制限命令(MCO)期間中の申請プロセスと申請承認時に遵守すべき条件に関して、標準実施要領及びガイドラインを公表した。本記事では、ベーカー&マッケンジーが作成した、総合的標準実施要領及び建設現場における予防措置に関するガイドラインについてのアラートを紹介するのに加え、新たに作成した移動制限期間中の集中型労働宿舎(CLQ)と建設作業員の宿泊に関する運用ガイドラインの概要を紹介する。

マレーシア
リモートワークによる潜在的な税務リスク(PEリスクや個人所得税の問題等)

COVID-19の影響により、従業員が個人的な理由で一時的に本国に転居したり、渡航制限や検疫措置により海外で長期にわたり働く事態が生じている。所属している法人の業務を異なる国で継続して行う場合には、恒久的施設(PE)や個人所得税上の重大な課税上の問題を引き起こす可能性があり、本記事ではそれらに関する留意点や対応策を概説する。

マレーシア
政府による景気刺激策の実施

COVID-19感染拡大による経済的影響に鑑み、政府は、2020年3月27日、国民の福祉の維持、企業支援、経済強化に焦点を当てた景気刺激策(PRIHATINパッケージ)の詳細を発表した。本記事では、同策の概要を紹介する。

マレーシア
COVID-19の集団感染及び活動制限令がマレーシアのプロジェクトファイナンス契約に対して与える影響

COVID-19の集団感染流行及び活動制限令により、外部借入を通じて資金調達をしているプロジェクトの建設工事に重大な混乱が生じる可能性がある。本記事では、COVID-19の集団感染及び活動制限令が、特に建設段階にあるプロジェクトのファイナンス契約に及ぼす影響及び金融機関等や投資家が利用できる手段について分析する。

マレーシア
COVID-19補足アラート – 金融機関に関する重大な留意事項

活動制限令(MCO)発令後、感染症予防管理規則2020の補足として国家安全保障理事会から発行されたプレスリリースにおいて、銀行及び金融は不可欠なサービスとされ、金融サービス及び証券取引についての規定が詳細に補完された。金融機関は今後の動向にも注意する必要がある。

マレーシア
政府による活動制限令(移動規制)のマレーシアにおける建設とインフラの契約に対する活動制限令の影響

マレーシアでは、2020年3月18日から2020年3月31日まで、全国的に活動制限命令が発表されている。本記事では、マレーシアにおける建設とインフラの契約に対する当該命令の影響と、契約当事者が採り得る措置について概観する。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com