新着アラート ポーランド

ポーランド
COVID-19影響下における解雇

全国的な隔離制限の導入は、事業者に重大な影響を与えている。事業者は、業務プロセス及び財務計画を見直す必要があり、その結果として人員削減や一部の従業員の解雇を余儀なくされることになる。本記事では、COVID-19影響下における解雇について解説する。

ポーランド
COVID-19感染拡大下におけるライフサイエンス分野の法律問題と課題について

政府は、COVID-19感染拡大に対応するため、医薬品及び医療機器に関する輸出禁止製品のリストを拡張した。これに伴い、製薬会社等の医療関連会社は、例えば製品納入の遅延による債務不履行又は契約の解除といった既存の契約に関わる問題に直面すると考えられる。本記事では、このような問題を解決する際に使用されることが予想される不可抗力条項及び「rebus sic stantibus」という異常事態に対応する条項の適用要件等について解説する。

ポーランド
「危機防止シールド(Anti-Crisis Shield)4.0」の労働関連規制の改正

2020年6月24日、COVID-19対応策である「危機防止シールド(Anti-Crisis Shield)4.0」規則が改正及び施行され、従業員報酬や勤務時間、社会保険料、納税期限、安全衛生教育等に関する、雇用者にとって重要な措置が導入された。本記事では、本改正の内容を概説する。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com