新着アラート フランス

フランス
COVID-19の感染拡大を受けた税制上の措置

フランス政府は、COVID-19の感染拡大を受けて様々な税制上の措置を講じている。本記事では、複数の直接税の納税猶予や割り戻し、法人税の申告期限の延長、特例措置を利用する大企業の配当制限、税額控除による還付の迅速化、ロックダウン期間中の居住者判定を含む主要な措置の骨子を概説する。

フランス
ロックダウンの緩和計画 ― 企業が取るべき対応

首相は、2020年4月28日、5月11日以降のロックダウンの段階的緩和に関する計画の概要を公表した。また、労働省は、同年5月3日、従業員の安全と健康を確保するための企業向けの国家的解禁計画を公表した。本記事では、これらの計画の概要を紹介すると共に、従業員の体温測定等といった個人情報の収集に関する注意について説明する。

フランス
COVID-19感染拡大を踏まえた公共契約に関する法的ガイド

COVID-19感染拡大による経済的、財政的、社会的影響に対処するため、政府は、緊急事態を宣言し、公共調達法及び公共契約の規定に適応する措置を講じることを許可している。本記事では、公共契約における入札の手続の短縮や直接受注の許可等について概説する。

フランス
COVID-19に関する活動制限措置と緊急対策についてのアップデート

COVID-19の感染拡大を受けて、企業の活動制限措置が採られている。同制度は、従業員解雇の回避を目的として、一時的な労働時間の削減や事業所の閉鎖といった措置の利用を推奨するものである。本記事では、活動制限を実施した場合の従業員の賃金、雇用者に対する補助金、必要な行政の認可について紹介する。

フランス
活動制限措置:COVID-19の影響を受けるフランス企業の重要事項

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com