新着アラート ドイツ

ドイツ
エネルギー関連法のアップデート — 蓄電

蓄電技術は、再生可能エネルギー発電の割合の増加に伴う不均衡な電力供給への柔軟な対応、及び再生可能エネルギーを燃料とする自動車の普及の促進を可能とするため、非常に重要な技術となってきている。本記事では、EU及びドイツの気候変動対応戦略の重要な柱となる蓄電分野の展望について解説する。

ドイツ
エネルギー関連法のアップデート ― E-mobility

自動車購入のための奨励金の支給や国全体における充電設備の拡充義務化等の実施により、自動車業界に対してインセンティブを与えるとともに顧客の購入意欲を刺激することで、E-mobilityへの移行が進められている。本記事では、EU及びドイツの気候変動対応戦略の本質的な柱となるE-mobility領域の展望について解説する。

ドイツ
エネルギー関連法アップデート ー 再生可能エネルギー

EU加盟国は、2030年までにEUの全体エネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合を少なくとも32%に引き上げるという目標を掲げている(2018年には既に、イギリスを含めて18%に達している)。 しかし、各EU加盟国について、拘束力のある国内目標は設定されておらず、各国は加盟国エネルギー・気候統合計画を通じてEU委員会に貢献度を報告することが求められているのみである。本記事では、太陽光、風力、バイオマスといった再生可能エネルギーに関するEU及びドイツ国内の規制状況、並びに予想される今後の展開について解説する。

ドイツ
COVID-19感染拡大下における労働安全衛生のための規制要件

連邦労働社会省(BMAS)は、2020年4月、COVID-19労働安全衛生基準の一部としてCOVID-19感染拡大防止に関する一般規定を公表した。その後、一部の批判を受けて、同年8月10日、BMASは連邦労働安全衛生研究所(BAuA)と共同でCOVID-19労働安全衛生規則を公表した。同規則は、COVID-19感染拡大防止のために必要な労働安全衛生維持のための具体的な規制要件を定めている。本記事では、同規則が制定された背景と目的、同規則の雇用主に対する利点、同規則の概要及び具体的な内容について説明する。

ドイツ
COVID-19に対処するための企業法務ガイドライン第12版

本記事では、COVID-19感染拡大に対応した企業法務に関わる幅広い分野の法整備について、2020年6月12日時点における情報を提供する。主たる内容は、従業員と企業に関わる法律、組織再編及び倒産に関する法律、サプライチェーンに関する法律、会社運営に関する法律、流動資産及び資金調達に関する法律、製薬・医療製品に関する法律などである。また、第11版において更新された内容は、従業員の雇用に関する事項、不動産賃貸借に関する事項、独占禁止法・競争法に関連する事項、財政支援措置に関する事項、税制緩和措置に関する事項である。

ドイツ
COVID-19に対処するための企業法務ガイドライン第11版

本記事では、COVID-19感染拡大に対応した企業法務に関わる幅広い分野の法整備について、2020年6月12日時点における情報を提供する。主たる内容は、従業員と企業に関わる法律、組織再編及び倒産に関する法律、サプライチェーンに関する法律、会社運営に関する法律、流動資産及び資金調達に関する法律、製薬・医療製品に関する法律などである。また、第11版において更新された内容は、従業員の雇用に関する事項、不動産賃貸借に関する事項、独占禁止法・競争法に関連する事項、財政支援措置に関する事項、税制緩和措置に関する事項である。

ドイツ
COVID-19に対処するための企業法務ガイドライン第8版

本記事では、COVID-19感染拡大に対応した企業法務に関わる幅広い分野の法整備について、2020年5月8日時点における情報を提供する。主たる内容は、従業員と企業に関わる法律、組織再編及び倒産に関する法律、サプライチェーンに関する法律、会社運営に関する法律、流動資産及び資金調達に関する法律、その他の注意すべき法律である。

ドイツ
ホームオフィスにおける労働法、データ保護及びサイバーセキュリティ

COVID-19感染拡大の影響により、多くの従業員がホームオフィスの導入を余儀なくされている。しかし、ホームオフィスであったとしても、データ保護及びサイバーセキュリティへの対処については、企業の体制下にあるべきである。また、雇用者は、従業員又は場合によっては労使協議会との間で、在宅勤務に関する明確な規則を策定するために個別のホームオフィス契約を締結することも推奨される。本記事では、労働法、データ保護及びサイバーセキュリティの観点からホームオフィスの導入に関する重要な視座について述べたベーカー&マッケンジーが作成したアラートを紹介する。

ドイツ
COVID-19感染拡大下での公共契約に関する法的ガイド

連邦及び州の規制当局は、COVID-19感染拡大防止に関連する緊急性の高い公共調達に関して、条例やガイダンスを発表している。本記事では、医療用マスクや病床といった緊急の必要がある公共調達の手続の迅速化、特定の物品に関する入札プロセスを伴わない直接受注の許可、不測の事態に対応するための既存の基本合意内容を超える追加発注の許可、州ごとの公共調達に関する規制緩和措置について概説する。

ドイツ
COVID-19に対処するための企業法務ガイドライン

本記事では、COVID-19感染拡大に対応した企業法務に関わる幅広い分野の法整備について、2020年4月3日時点における情報を提供する。

ドイツ
COVID-19危機に対応する労働関連法整備

COVID-19の感染拡大を受けて、労働関連の法整備が連日行われている。本記事では、学校や保育施設の閉鎖により在宅を余儀なくされた児童を持つ労働者への経済的支援、ビデオ会議や電話会議による労働評議会(Works Council)決議の導入、及び企業の短時間勤務及び給与に関する要件緩和について紹介する。

ドイツ
COVID-19 – ドイツにおいてベーカー&マッケンジーが提供する法務サービスのご案内

ベーカー&マッケンジーは、ドイツ内のCOVID-19に関連する全ての法的問題について、定期的なアップデートを提供しており、その分野は裁判所関連、取引、商事契約(不可抗力)、雇用、データ保護、税務、財政支援、知的財産等多岐にわたる。本記事では、各分野におけるサービスについて紹介する。

ドイツ
時短勤務の導入とそれに伴う給与削減の規制緩和、給与削減に対する補助金支給

時短勤務規制が緩和され、企業による時短勤務の導入とそれに伴う給与削減が進んでいる。時短勤務により削減される給与補填のため使用者が従業員に対して給付しなければならない補助金については、新法制定により、政府による一部または全部の負担が可能となった。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com