新着アラート トルコ

トルコ
銀行による融資の推進を意図した銀行調整監視機構(BRSA)の決定

銀行調整監視機構(BRSA)が2020年4月18日付で発した決定により、銀行は2020年5月1日以降、資産比率を当該決定において示された公式を用いて週単位で計算することを求められることとなった。BRSAの決定は、COVID-19の感染拡大による経済的影響を最小限に抑えるために、実体経済への資金注入を加速化することを目的としている。この観点から、BRSAは、銀行がCOVID-19への対応においてより積極的な役割を果たすことを要請する一方で、行政制裁を通じた機能的な金融支援メカニズムを確保する。

トルコ
COVID-19の感染拡大による金融構造への影響

COVID-19の感染拡大は雪だるま式の影響をもたらし、世界全体及び各地のマクロ経済システムの運用を混乱させている。この急速に変化する状況を考えると、企業、スポンサー、銀行、その他の金融機関は、自身のビジネスに対する潜在的な経済的、規制的及び法的な影響を認識する必要がある。本記事では、COVID-19 の感染拡大により生じた、既存及び新しい金融構造に影響を与える重要な問題として、財務制限条項・「重大な悪影響」条項・融資条件・電子署名の導入などの事項について詳解する。

トルコ
COVID-19感染拡大対策としての銀行調整監視機構(BRSA)による金融機関の報告義務の緩和措置について

銀行調整監視機構(BRSA)は、2020年4月2日、金融機関の報告義務に関して一定の緩和措置を導入した。同緩和措置により、銀行、独立監査機関、格付機関、資産運用会社、その他の金融関連会社が、BRSA及びその他の関係当局に提出しなければならない届出及び報告書等の提出期限が60日間延長されることとなった。本記事では、同緩和措置の内容について解説する。

トルコ
銀行部門によるCOVID-19感染拡大に対する追加対策措置の実施

銀行調整監視機構(BRSA)は、2020年3月17日付の決定において、債務不履行に関する一定の緩和措置を発表した。その後、BRSAは、2020年3月19日付の決定において、COVID-19感染拡大に対する追加対策措置を実施している。また、トルコ銀行協会(TBA)は、銀行運営に関する一定の指針を発表している。本記事では、同追加対策措置及びTBAが発表した指針の内容について説明する。

トルコ
COVID-19感染拡大による知的財産裁判所及び特許商標庁における法的権利の期限停止期間の延長について

大統領は、2020年4月30日、法的権利の喪失を防止するための停止期間を延長する政令を発行し、知的財産裁判所及び特許商標庁における法的権利の期限停止期間を2020年6月15日まで延長した。同停止期間開始時点において、15日以内に期限切れとなるはずであった法的権利については、同停止期間終了の15日後に期限切れとなる。本記事では、同停止期間延長措置及びその終了が権利者に与える現実的な影響について説明する。

トルコ
COVID-19の影響下において公開会社が留意すべき事項

COVID-19による影響はトルコの会社にとっても最も重要な問題となっている。本記事では、証券取引関連法の観点から、公開会社がこの困難な状況下において留意すべき重要な事項について解説する。

トルコ
COVID-19の感染拡大に対応した短時間勤務手当

大統領は2020年3月18日、COVID-19の感染拡大に対応して短時間勤務手当を導入すること、及び申請手続について簡易かつ簡潔なものとすることを発表した。本記事では、2020年3月24日時点での短時間勤務手当に関する概括的な情報を紹介する。

トルコ
国庫・財務省歳入局が一時的に各種申請及び納税ID番号発行申請の電子申請を容認

2020年3月19日、国庫・財務省歳入局は、2020年4月10日までの期間中、開業、廃業、支店の設置又は廃止、住所変更といった各種の申請を税務署のウェブサイト、モバイルアプリ又は郵便を介して受け付ける旨の通知を発行した。また、同通知によれば、外国人の場合、税務署のウェブサイトを介して、納税ID番号の電子申請を行うことも可能である。

トルコ
COVID-19 - 使用者へのクイックガイドパートII(給与支払いの中止、雇用契約の解除、報酬、社会保障機関への通知)
トルコ
COVID-19パンデミック ― トルコのデータプライバシー、外国監督機関の見解に関するFAQ

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com