新着アラート チェコ

チェコ
屋内におけるフェイスマスク着用義務の再開

保健省は、COVID-19の感染状況の好ましくない進展を受けて、国民に対して、屋内において、口及び鼻を覆う一般的な義務を再び課すことを決定した。2020年9月10日より、すべての国民が屋内において自身の口及び鼻をマスクやスカーフ等によって覆うことを義務付けられる。この一般的な義務は、従業員が一つの職場で業務に従事しており、業務に従事している間他の従業員との間で少なくとも2メートル以上の距離を保っている場合等の一部の例外を除いて、職場においても適用される。

チェコ
COVID-19感染拡大防止対策としての「アンチウイルス政策A・B」の延長措置 ー 雇用者に対する政府の財政支援措置の2020年10月31日までの延長について

政府は、2020年8月24日、COVID-19感染拡大により被害を受けている雇用者を支援するために「アンチウイルス」政策の延長を決定した。アンチウイルス政策A(政府の命令による一時的な業務停止及び従業員の検疫実施のための雇用者に対する支援措置)及び同政策B(COVID-19感染拡大による経済的困難により「半失業」状態となった雇用者に対する支援措置)は、2020年10月末まで延長される。本記事では、上記政策A及びBに基づき、雇用者が従業員に支払った給与等について、国が雇用者に補償金を支給する場合における状況別の金額一覧を提供する。

チェコ
COVID-19対策としてのアンチウイルスCプログラムの導入について

政府は、アンチウイルス雇用支援プログラムの拡張の一環としてアンチウイルスCプログラムを導入した。同Cプログラムにより、特定の条件を満たした雇用主については、3か月分の社会保険料の一部の支払義務が免除されることになる。本記事では、同Cプログラムの適用を受けるために雇用主が満たさなければならない条件、実際に免除される社会保険料の金額の割合、他のアンチウイルス支援プログラムとの併用の可否、具体的な申請方法等について解説する。

チェコ
国家非常事態宣言解除が従業員に与える影響について

2020年5月17日、2ヶ月以上続いたCOVID-19感染拡大に起因する国家非常事態宣言が解除された。本記事では、同解除が従業員に与える重要な影響について説明する。主たる内容は、従業員の健康診断、外国人従業員の入国許可証申請、従業員のマスク着用の義務化、学校の休校等に伴い子供の面倒を見るための従業員の休暇等に関するものである。

チェコ
COVID-19対策としての会社法上の措置

COVID-19感染拡大を受けて、裁判手続等に関する特別措置や倒産法及び民事訴訟法の改正等に関する特別法が制定され、2020年4月24日に発効した。本記事では、同法下で2020年12月31日まで実施される会社法関係の一時的措置のうち、定時株主総会の開催期限の延長、株主総会や取締役会等への物理的な出席に代わる電話会議等による開催、会社役員等の任期の自動延長及び更新について概説する。

チェコ
COVID-19対策緊急措置により生じた損害に対する政府の責任

COVID-19の感染拡大を受けて、政府は、2020年3月12日、30日間の非常事態宣言を発令し、小売業・サービス業等の事業停止や、渡航禁止を含む国民の移動制限等の緊急措置を実施した。本記事では、これらの緊急措置により生じる損害について、政府が責任を負う範囲、賠償対象となる具体的な損害の内容、損害賠償請求の方法等について紹介する。

チェコ
2020年3月20日以降のCOVID-19関連のアップデート - 雇用者への補償、追加的な移動の制限、育児休暇取得者の利益の増進、医療検査及び入国許可

本記事では、2020年3月20日以降にとられたCOVID-19関連の施策のうち、雇用者への補償、追加的な移動に関する制限、育児休暇取得者の利益の増進、医療検査及び入国許可を取り上げ、これらの内容について概説する。

チェコ
「Antivirus」プログラムに関するアップデート

政府は、2020年3月31日、「Antivirus」と呼ばれる、COVID-19の感染拡大により経営が危ぶまれる雇用主に対する財政支援策の詳細を公表した。本記事では、「Antivirus」プログラムの要件を説明すると共に、雇用主が支払うべき給与額、政府による補償額及びその上限などについて解説する。

チェコ
COVID-19感染拡大とビジネス関係への影響
チェコ
チェコにおけるCOVID-19アップデート: 国境閉鎖と検疫

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com