新着アラート タイ

タイ
COVID-19の感染拡大を踏まえた公共契約に関する留意事項

COVID-19に対する防護、管理又は治療のための医薬品、医療用品及び医療機器又はサービスの調達については、緊急性が高いため、特定の方法による調達の財源上の限度額を指定し、その限度額については書面による合意を必要とせず、検査委員会の選任を要することを内容とする特定の方法が適用されることとなる。この方法は、緊急事態宣言が解除されるまでの間においては、上記物品の調達について、通常の限度額を超えても適用することが出来る。

タイ
取締役会及び株主総会に関して完全遠隔での電子的開催を可能とする緊急法令が発効

取締役会及び株主総会の電子的開催に関する緊急法令が、2020年4月19日に発効した。この緊急法令は、上場企業、非上場企業の双方に適用される。この法令により、出席者はタイ国内にいる必要もなく、どこからでも取締役会や株主総会に出席することができ、物理的に同じ場所に存在していなくとも定足数を充たすことができることとなる。

タイ
COVID-19感染拡大に対する保険委員会事務局の活動

本記事では、保険委員会事務局が市民をCOVID-19から保護するために行った保険に関連する活動のうち、保険商品承認のためのファストトラック手続の導入、2020年3月17日以前に販売された保険商品にCOVID-19のリスクに対する保障を含めることの義務化、保険ストレステストの実施について説明する。

タイ
政府がCOVID-19感染拡大に対する税制対応策の第二弾を発表

政府は、2020年3月24日、COVID-19感染拡大に対する税制対応策の第二弾を発表した。第二弾には、個人所得税、法人税の申告・納税期限の延長、一部事業者への源泉所得税・VATの申告延長、債務リストラ支援策、医療従事者の個人所得税免除、従業員への補助金等が含まれている。本記事では3月10日の第一弾の税制措置(源泉所得税率の低減、中小企業者の利払いの特別控除、中小企業者の従業員賃金の特別控除、VAT還付の短縮)も含め、その概要を解説する。

タイ
財務諸表及び株主名簿のE-Filingシステムによる提出義務化

商務省事業開発局は、2020年4月1日付けの通知を発行し、財務諸表及び株主名簿については、E-Filingシステムのみを介して電子的に提出する必要があることを示した。本記事では、同通知の内容について説明する。

タイ
非常事態宣言及び措置並びに雇用者への影響

COVID-19の感染拡大により、世界中の組織が仕事場や従業員に関して対応を強いられている。本記事では、タイ政府による封じ込め措置の下における、雇用者の対応や義務について解説する。

タイ
企業に向けたCOVID-19に関するアップデート

政府は、2020年3月24日、非常事態を宣言し、これに関する政令が26日に発効している。これに対応して、商務省が事務所の職員が減少することが予想されるため、商務省等の政府機関が関与する登録及び提出手続については、リードタイムが必要となる。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com