新着アラート スペイン

スペイン
スペイン議会によるヘルスケア部門に影響を与えるCOVID-19対応措置の承認

スペイン議会は、2020年7月22日、COVID-19危機への対応として、新たな健康危機を防ぐために国民の健康システムの改革・強化を目指すとともに、地域のイノベーションや医療材料の生産を促進することを目的とした提案決議のリストを含む社会・経済復興委員会の報告書を承認した。承認された報告書では、製薬・バイオテクノロジー産業に影響を与える大きな変化や規制につながる可能性のある決議が提案されている。本記事では、ヘルスケア部門の事業者に影響を与えると考えられる提案決議の内容について解説する。

スペイン
危険防止措置の重大な違反 - COVID-19に関連する雇用上の措置の違反

COVID-19による健康危機に対処するための緊急の予防、封じ込め、調整措置に関する2020年6月9日付Royal Decree Law 21/2020には、健康危機の間、国民の生命と健康の権利を確保することを目的としたいくつかの予防措置が規定されている。これらの予防措置として規定される雇用者の義務の違反については当初何らの罰則も規定されていなかったが、2020年7月7日付the Twelfth Final Provision of RDL 26/2020によって、当該義務の違反に対する罰則が規定された。本記事では、雇用者に課せられる義務及び新たに規定された罰則の内容について解説する。

スペイン
雇用回復、自営業保護、及び産業部門の競争力強化に向けた労働関連措置に関する6月26日付COVID-19 Royal Decree-Law 24/2020

2020年6月26日、政府及び労働組合・経済団体間で合意された雇用保護に関する第二協定(the II Agreement in Defence of Employment)の内容を反映したRoyal Decree-Law 24/2020が公布され、同月27日に発効した。本記事では、企業の人員削減措置(ERTEs)の継続や不可抗力事由による社会保険料免除等、同勅令の概要を紹介する。

スペイン
COVID-19による健康危機に対処するための緊急の予防、封じ込め及び調整措置について定めたRoyal Decree-Law 21/2020の公布

2020年6月9日付で、COVID-19による健康危機に対処するための予防、封じ込め及び調整措置について定めたRoyal Decree-Law 21/2020(以下「21号勅令」)が公布された。21号勅令で定められた措置は目新しいものではなく、非常事態宣言の間に発表された数々の法律の中ですでに定められていたものをあらためて規定するものであり、これらの措置について非常事態宣言の解除後もその効力を維持できるようにすることを目的とする。本記事では、21号勅令によって規定される主な措置について解説する。

スペイン
COVID-19制限緩和策「新しい日常」への移行計画フェーズ3の適用開始

政府は、2020年5月30日付命令SND/458/2020を発令し、2020年6月1日に発効し、COVID-19制限緩和策「新しい日常」への移行計画フェーズ3の適用を開始した。本記事では、フェーズ3に移行した地域及びこの新たな命令によって定められた各業界における措置について説明する。

スペイン
COVID-19にかかる税制関連措置などを定めたRoyal Decree-Law 19/2020の公布

2020年5月26日、COVID-19にかかる税制関連措置などを定めたRoyal Decree-Law 19/2020(以下「19号勅令」)が公布された。19号勅令は、申告書に用いる財務諸表の要件の緩和(例えば、上場会社については、決議機関において未承認であっても監査済みであればその使用を認める)、中小企業、個人事業主に対しての納税猶予(当初3か月だったものを4か月に延長)といった税制に関連する措置の他に、雇用関係、金融関係の措置なども定めている。

スペイン
行政手続に関する期限延期措置をそれぞれ6月1日、同月4日に解除

政府は、緊急事態宣言の延長、及び行政手続に関する期限延期の解除を内容とする2020年5月22日付勅令を承認した。これにより、2020年6月1日に、行政手続上の不服申立提出期限等の延期措置が解かれ、同月4日には、行政上の請求の時効満了の停止措置や、判決に対する不服申立期間の通知といった手続上の期限に関する延期措置が解除される。

スペイン
COVID-19 - 外国人の就労・滞在許可証の自動延長

非常事態宣言は、多くの外国人の滞在許可証やその他の許可証の更新及び延長の申請を不可能にしていた。影響を受けていた外国人は、スペインに居住する非EU市民であり、その許可証は非常事態の間に失効したか、または失効する予定である。スペイン政府は、非常事態宣言が解除された後、このような人々が不法移民の状態に陥ることを防ぐために、スペインでの滞在期間の延長及びその他の滞在許可証の付与並びに非常事態の間にスペイン国外にいた在留資格を持つ外国人の保護措置といったいくつかの措置を確立する命令を発令した。

スペイン
COVID-19規制緩和策「新しい日常」への移行計画フェーズ2の適用開始

政府は、2020年5月18日午前12時に、同月16日付命令SDN/414/2020を発効し、COVID-19規制緩和策「新しい日常」への移行計画フェーズ2の適用を開始した。これにより、国家非常事態宣言後に導入された特定の全国的規制が緩和される。本記事では、同移行計画フェーズ2の適用範囲及びその内容について説明する。

スペイン
COVID-19 - 新たな入国制限と入国時の健康対策の義務化

COVID-19関連規制が徐々に緩和される中、内務省と保健省は、既存の国内の移動制限に加え、国外からの入国者によるウイルス拡散防止を目的とした追加措置を承認した。本記事では、スペインへの入国許可者の制限、及び入国後一定期間の隔離措置について概説する。

スペイン
COVID-19感染拡大下において雇用を守るための社会的措置に関する2020年5月12日付政令法について

政府は、2020年5月11日、主要な労働組合及び企業団体との間で「雇用を守るための社会協定」を締結した。同協定には、ロックダウンの段階的緩和期間中の経済活動の回復を容易にするための多くの措置が盛り込まれている。同協定の内容は、雇用を守るための社会的措置に関する2020年5月12日付政令法に含まれる形で発効した。本記事では、同法の詳細について解説する。

スペイン
COVID-19規制緩和策「新しい日常」への移行計画フェーズ1の適用開始

COVID-19規制緩和策である「新しい日常」への移行計画では、予備段階であるフェーズ0と、段階的な規制緩和の程度に応じたフェーズ1から3が設定されている。2020年5月9日付命令SND/399/2020は、同計画のフェーズ1を適用し、非常事態宣言後に課された多くの全国的な規制を緩和するものであり、2020年5月11日より発効する。本記事では、同命令が定めるフェーズ1の適用範囲、従業員の職場復帰後の感染予防対策、小売店舗等における衛生管理、飲食店や宿泊施設、その他施設の部分的又は条件付きの営業再開について概説する。

スペイン
政府が経済及び雇用支援に向けた追加緊急措置に関する4月21日付勅令を承認

政府は、COVID-19危機に直面する経済及び雇用を支援するため、追加の緊急措置を定める4月21日付勅令第15/2020号を承認した。本記事では、同勅令が定める納税に関する規制緩和、企業に対する雇用支援及び失業手当の拡充、賃貸借契約及び消費者契約に関する財政上の措置、その他行政措置等について概説する。

スペイン
COVID-19に関してベーカー&マッケンジーがクライアントに提供するサポートのご案内

ベーカー&マッケンジーは、COVID-19危機の発生以来世界中のオフィスで得た経験に基づき、様々な問題について迅速かつ統合的なアドバイスを提供する多数の専門分野にわたる弁護士チームを設立した。COVID-19の影響により生じ得る重大な問題と、てベーカー&マッケンジーの弁護士チームが労働、商取引、公共事業、紛争解決及び税務といった問題について提供するサポートについて紹介する。

スペイン
非常事態宣言後のCOVID-19の経済的・社会的影響に対応する緊急特別措置法を施行

非常事態宣言後のCOVID-19の経済的・社会的影響に対応する緊急特別措置法が制定され、2020年3月18日に施行された。同法は、労働者に対する支援措置の他、企業に対する経済支援、倒産に関する規制緩和等を定める。

スペイン
スペイン政府、COVID-19による健康危機管理のための非常事態を宣言

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com