新着アラート シンガポール

シンガポール
COVID-19感染拡大期間中における、必須の商品及びサービスを提供する競争者間の協力に関するガイダンス

COVID-19感染拡大により、シンガポールを含む世界中において、必須となる商品及びサービスの供給が混乱しており、競争者間でその供給を維持又は改善するための一時的な協力が必要となっている。このような協力がシンガポール競争法に抵触するか否かを明確化するため、シンガポール競争・消費者委員会(CCCS)は、COVID-19感染拡大への対応のための競争者間の協力に関するCCCSガイダンスノートを公表した。このガイダンスノートでは、CCCSは、総経済的利益を生じさせる可能性がある協力については例外的に反競争的協定の禁止に抵触しない可能性があるものとみなすとしている。本記事では、このCCCSによるガイダンスノートについて解説する。

シンガポール
賃借人に対する追加的救済措置に関するCOVID-19臨時措置改正法案(2020)

議会は、2020年6月5日、COVID-19臨時措置改正法案(2020)を可決した。改正法案は、適格中小企業のための賃料救済の枠組みを導入し、COVID-19により契約上の義務を履行できない賃借人に対する追加的な救済を与えるものである。法務省は、同月3日にプレスリリース(MinLaw Press Release)を公表し、改正法案の対象となる措置について更なる情報を提供している。本記事では、改正法案の内容について解説する。

シンガポール
医療分野におけるサイバー攻撃の増加

COVID-19に関連した方策を利用したサイバー攻撃の事例が、すべての業界で増加している中、特に医療分野が最も被害を受けており、フィッシング攻撃の件数は2020年1月から4月にかけて約200倍に増加している。医療分野は、医療機関が保有する大量の個人データや貴重なCOVID-19研究データのために、サイバー攻撃者にとって特に利益をもたらす分野となっている。医療分野において、サイバーセキュリティに対する既存のアプローチの再検討が望ましく、医療関連従事者の教育が重要である。

シンガポール
人材紹介業者向けの新たな差別禁止基準

労働省は、COVID-19と移動制限の打撃を受ける労働市場の現状を受けて、シンガポール人の雇用を強化し、公正な雇用慣行を維持するため、2020年10月1日より、人材紹介業者に対し雇用差別禁止の新たなライセンス条件を課し、またシンガポール人の雇用を強化した業者に対して一定の手当を提供することを発表した。本記事では、本措置の概要を紹介する。

シンガポール
COVID-19による経済的打撃を緩和するための第4次景気刺激策

COVID-19の感染拡大及び「サーキットブレーカー」による経済的打撃を緩和するための第3次景気刺激策の導入から7週間後、政府は、2020年5月26日、330億シンガポールドル規模の第4次景気刺激策について公表した。「不屈の精神予算」と呼ばれるこの支援策は、雇用を守るための救済措置を含んでおり、感染拡大によってもたらされた無数の不確実性の中で、さらなる景気後退に対応する準備をしている政府の中心的な焦点となっている。本記事では、第4次景気刺激策に関する重要な点及びその詳細な内容について解説する。

シンガポール
健康科学庁がCOVID-19に関連する効果を謳う製品の規制

保健科学庁(HSA)は、COVID-19に対する診断、予防及び治療を謳う、虚偽であり誤解を招くような宣伝文句を使った製品の販売を規制している。オンライン市場や地元の小売業者に対する監視を強化することで、HSAはこのような製品を1,700点以上オンラインでリスト化し、販売業者や企業に1,600通以上の警告書を発行した。

シンガポール
COVID-19感染拡大対策としての遠隔医療サービス - 新しい日常とは

保健省は、COVID-19対策として、患者がビデオ診察を通じて慢性疾患等についての定期健診を受けることができ、かつ、その費用をコミュニティ医療支援制度の補助金及びメディセーブ制度の積立金を利用して相殺することを可能とする制度を導入した。また、保健省は、遠隔医療サービスの提供を予定している医師のために、遠隔医療に関するe-トレーニング制度も導入した。本記事では、これらの制度の詳細について説明する。

シンガポール
健康科学庁による、COVID-19期間における利用を目的とする重要医療機器の3Dプリントに関するガイダンスの発表

健康科学庁は、2020年5月8日、COVID-19期間における利用を目的とする重要医療機器の3Dプリントに関するガイダンスを発表した。同ガイダンスは、COVID-19の影響によるサプライチェーンの混乱、及び個人用保護具や人工呼吸器の付属品等の重要な医療製品の需要増加に対応するために、3Dプリントへの企業の転換が進んでいることを背景に発表されたものである。本記事では、同ガイダンスに関する重要なポイントについて解説する。

シンガポール
税務上の居住者性に関するガイドライン

シンガポール内国歳入庁は、2020年4月6日、COVID-19の蔓延により渡航制限がかかっている現状を鑑み、法人及び個人にかかる税務上の居住者性に関するガイドラインを公表した。例えば、法人がシンガポール法人として取り扱われるためには、重要な事業場の判断がシンガポールにいる役員により行われている、即ち管理支配がシンガポールで行われている必要があるが、本ガイドラインでは、役員がシンガポール国外で取締役会に参加せざるを得ないような場合の法人の税務上の居住者性の考え方についても示している。本記事では、本ガイドラインについて解説する。

シンガポール
シンガポール控訴裁判所、関連する訴訟手続において矛盾する可能性のある主張を行う際のガイダンスを提供

BWG対BWFの訴訟手続に関し、控訴裁判所は、当事者が同一手続又は関連する手続において矛盾した立場を採る場合には、当該矛盾に関する合理的な理由の説明がなされない限り、訴訟手続の濫用に該当する可能性がある旨の判決を下した。同判決は、特にCOVID-19感染拡大の結果として当事者が行う不可抗力の主張等に広い範囲で適用される可能性がある。本記事では、同判決の内容及びその影響について解説する。

シンガポール
シンガポール控訴裁判所による倒産及び調停合意の関係性の明確化

シンガポール控訴裁判所は、債権者と債務者との間に調停合意に従うという関係性がある場合の会社清算の申立てについて適用される判断基準を明らかにした。すなわち、控訴裁判所は、(a)両当事者間に有効な調停合意が存在し、(b)債務について当事者間で係争化したものの、当該債務は調停合意の範囲内に含まれるものであり、かつ、(c)当該紛争が手続の濫用として債務者によって提起されたものでないことが明確である場合、債務者は会社清算の申立てに対抗することができると判示した。今回の判断は、COVID-19感染拡大による景気後退の影響を受け、特に重要な意味を持つものと思われるため、本記事では、同判断基準による影響について考察する。

シンガポール
ヘルスケアニュースレター(2020年4月号)

保健省(MOH)は、COVID-19の感染拡大を抑制するため、感染症法及びCOVID-19(暫定措置)法に基づく2つの新しい規則をそれぞれ導入した。これらにより、自宅待機通知(Stay-home Notice)の執行力が強化され、治療の必要等の合理的な理由がない限り指定された場所から外出してはならず、違反した場合には罰金刑や懲役刑が科されることとなる。その他、本記事では、新たに導入される食品衛生に係る認証枠組み、飲料の包装・広告規制、ケータリングサービスを提供する飲食店のテレビカメラ設置義務等について紹介する。

シンガポール
COVID-19(暫定措置)法に関する留意事項

国会は、2020年4月7日、COVID-19(暫定措置)法を可決し、同日より順次施行が開始されている。同法は7部で構成され、契約上の義務履行の停止、経済的に困窮する個人や企業への救済、会社における会議実施の代替措置、裁判実務への遠隔通信技術の導入、固定資産税の減免措置、感染拡大防止のための移動制限等を定める。本記事では、同法の内容及び適用対象等について概説する。

シンガポール
COVID-19影響下における電子署名を利用したリモートワーク

COVID-19の感染拡大を受けて、多くの人々が自宅からリモートワークをするようになり、企業も身体的接触を減らした状態での事業の継続を余儀なくされている。このような状況下で、リモートワークを促進する技術のうち、電子署名の利用が増えている。本記事では、電子署名の利用に関する情報及び留意すべき点について解説する。

シンガポール
COVID-19法案(暫定措置)の導入

法務省は、2020年4月5日の週の議会において、COVID-19の影響を鑑み、企業及び個人の契約義務の履行能力、並びに倒産及び破産に関連する一時的な変更を行うため、COVID-19法案(暫定措置)を提出することを発表した。本記事では、同法案の内容について説明する。

シンガポール
入国管理規制のアップデート

シンガポール政府は、COVID-19の危険性の高まりに鑑み、シンガポールに入国するすべての旅行者に対して措置を講じた。2020年3月23日以降、短期滞在者のシンガポールへの入国又は乗り継ぎを禁止している。労働省は、医療、流通等の必要不可欠なサービスを提供する者に対してのみ、扶養家族を含む就労パス保持者の入国又は帰還を許可する。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com