新着アラート アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦
紛争解決機関、COVID-19を賃貸借契約中途解約の根拠と認定

アラブ首長国連邦内の賃貸借契約に関する紛争を取り扱うRental Dispute Settlement Centre (RDC)は、COVID-19に起因するホテルの閉鎖及びそれに伴う経済的損失は、ホテル経営者が従業員用宿泊施設の賃貸借契約を中途解約するための有効な解約事由となる旨の判断を下した。本記事では、ベーカー&マッケンジー アラブ首長国連邦オフィスが当該判決について紹介する。

アラブ首長国連邦
不可抗力とフランス・コルマール控訴院の近時の裁判例

近時COVID-19感染拡大が不可抗力事由に該当するかについて専門家の間で議論されているが、アラブ首長国連邦法や裁判例に照らし、港湾や空港の閉鎖により貨物の輸送が不可能となった場合等、「不測の事態」により契約が履行不能となった場合には、不可抗力原則が適用されると考えられる。本記事では、ベーカー&マッケンジー アラブ首長国連邦オフィスが得た、不可抗力の解釈の指標となる近時のフランス・コルマール控訴院判決と、公共契約等において想定外の事由により生じた損害の賠償に関する展望について概説する。

アラブ首長国連邦
不可抗力事由と例外的状況の事由の関係

本記事では、UAEの法律及び規則に基づく契約における不可抗力条項に関して、契約を解除させる効果を有するUAE民事取引法における不可抗力事由の要件及び効果を解説すると共に、その他の選択肢としての、裁判所に対して契約を解除させることなく契約上の経済的バランスの回復を求めることが出来る例外的状況の事由についても解説する。

アラブ首長国連邦
金融サービス業界向けのガイダンス

COVID-19の経済的影響を受けて、各種規制当局から、金融サービス業界に対して、事業継続計画策定命令、世界的な金利引下げへの対応要請、在宅勤務を含む従業員及び顧客の安全確保に関する施策の勧告等が発令されている。本記事では、各命令の概要及び金融サービス業界の国際的な動向について紹介する。

アラブ首長国連邦
COVID-19危機下における雇用者支援

政府は、2020年3月30日、在宅勤務命令の義務化や事業の停止といったCOVID-19感染拡大防止策が実施される中で、給与の削減や労働力の余剰等、雇用者が直面する問題への対応に関するガイダンスを決議した。本記事では、ガイダンスの内容、適用対象及び適用期間について概説する。

アラブ首長国連邦
キャッシュフローの最適化と契約の解約における付加価値税の取り扱い

COVID-19の集団感染により物やサービスの需要及び供給が制限されており、企業は契約の潜在的な解約及び解約によって生じるキャッシュフローへの影響を懸念している。本記事では、契約の解約による付加価値税への影響について検討するとともに、付加価値税の観点からキャッシュフローの最適化について説明する。

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com