新着アラート 日本

日本
安倍首相、緊急事態宣言全面解除を発表

安倍首相は、2020年5月25日、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、及び北海道で続いていたCOVID-19に関する緊急事態宣言の解除を発表した。これにより同宣言は全面解除となる。今後都道府県ごとに段階的に規制が緩和される一方で、それに伴う危険性への警戒の重要性が再認識されている。同宣言解除後も、海外から日本への渡航制限は継続予定である。

日本
コロナ禍による損失の国外関連者との戦略的分担とその準備

コロナ禍によるグループ会社間での損失の分担に関して、国内外の税務当局から多くの移転価格問題が指摘されることが予想される。本稿ではコロナ禍による損失をどのように戦略的にグループ間で分担するべきかについて触れる。

日本
対内直接投資における規制の強化

対内直接投資に関する新たな規制が2020年5月8日に施行され、同年6月7日より適用されることとなった。これにより、指定業種における上場企業の株式取得のための取得時事前届出の閾値が10%から1%に引き下げられ、また、国の安全保障上重要と考えられる中核的事業分野における株式取得について事前届出免除制度が導入された。この日本の新制度は、他の法域の国々がCOVID-19に対応して外国投資の審査の強化を公表した時期と同じ時期に導入されている。本記事では、この新たな規制について説明する。

日本
日本政府、新型コロナウイルス感染症の拡大によるサプライチェーンへの影響を受けた食品表示の弾力的運用を開始

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が、国内外の食品のサプライチェーンにも深刻な影響を及ぼしている。食品事業者によっては、例えば新型コロナウイルス感染症により原材料の産地での生産が停滞し、従来使用してきた原材料が不足して原材料の切替えを迫られるなど、製品のサプライチェーンを変更せざるを得ない状況が発生している。そこで、消費者庁、農林水産省及び厚生労働省は、令和2年4月10日、一般消費者の需要に即した食品の生産体制を確保するため、健康被害を防止することが重要なアレルギー表示や消費期限等を除き、表示を切り替えなくても販売を認めるなど食品表示基準の規定を弾力的に運用する旨を発表した。

日本
COVID-19への緊急対応と製造物責任に起因 するリスク

新型コロナウイルスの感染拡大により、人工呼吸器や医療従事者の防護具など薬事法令に基づく認証規制の対象となるいわゆる医療機器と、マスクや殺菌剤など医療従事者や医療施設で用いられる一般資材の不足が深刻化し、国内外において自動車・電機等の他業種の企業に対して、医療関係製品の製造を呼びかける動きが広がっている。かかるリスクに備えるべく、各国における医療機器等の医療向け製品に適用される製造物責任の一般的枠組みを理解したうえで、緊急状況下における特別体制での供給に取り組む製造業者への免責の有無、部材供給先と最終製品製造元との間の責任分担合意の要否などを含め、責任の合理的な軽減に向けた十分な考察が求められる。本アラートでは、緊急状況下での医療関係製品の供給業者の製造物責任及びその免責に関する諸外国の法制について、概要を紹介する。

日本
COVID-19 対応製品に関する関税手続等の緩和 及び関税免除の動き

COVID-19 の感染拡大に伴い、各国でのパンデミック対策用製品の迅速な輸出入が喫緊の課題になっている。各国においては迅速かつ簡易な輸出入手続により対象製品の国内での利用を促すべく、関税の減免を含めて手続の緩和を進めている。日本においても、税関では、新型コロナウイルス感染症対策に係る輸出入通関手続等について、救援物資に対する税関手続が簡素化され、通関手続を弾力化する等の措置がとられている。また、薬監証明についても、自社社員のための医薬品の輸入について、臨時の措置が厚生労働省によってとられている。本アラートでは日本企業にも大きな影響がある思われる米国と欧州における関税手続の変更について説明する。

日本
緊急事態宣言の対象地域の全国への拡大

政府は、2020年4月16日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて2020年4月7日に発令した緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大した。本記事では、COVID-19関連のアップデートのうち、緊急事態宣言の対象範囲、全国民への現金支給の決定、事業者への支援策について情報を提供する。

日本
COVID-19 により契約が終了するか?世界的感染 拡大状況下において不可抗力条項を理解するため の手順

COVID-19 の感染拡大は世界経済に深刻な被害をもたらしている。新規プロジェクトや取引関係を開始することが、短期的及び中期的により困難になることは確実であろう。しかし、日本企業が締結している既存の契約も影響を受けるのだろうか。ここ数週間で明らかになったように、その質問に対する回答は「はい」かもしれない。本アラートでは、米国法又は英国法準拠の契約における不可抗力条項を分析するための基本的な段階的アプローチを提案する。

日本
COVID-19 により契約が終了するか?世界的感染 拡大状況下において不可抗力条項を理解するための手順

COVID-19の感染拡大は世界経済に深刻な被害をもたらしている。新規プロジェクトや取引関係を開始することが、短期的及び中期的により困難になることは確実であろう。しかし、日本企業が締結している既存の契約も影響を受けるのだろうか。ここ数週間で明らかになったように、その質問に対する回答は「はい」かもしれない。本アラートでは、米国法又は英国法 準拠の契約における不可抗力条項を分析するための基本的な段階的アプローチを提案する。

日本
COVID-19 消費財・小売企業のためのチェックリスト

新型コロナウイルス (COVID-19) が世界中で広がり続けている中、消費者による消費、生産、流通は多大な影響を受けており、消費財及び小売 (CG&R) 業界で事業を行う企業の課題は増加している。ラグジュアリー及びファッション、食品及び飲料、化粧品、耐久消費財及び電子機器からホテル、リゾート、観光まで、あらゆる業界のサブセクターに属する企業は、多くの重大な経営上及び法律上の問題に直面している。本チェックリストは、CG&R企業が急速に変化する状況を切り抜けるための一助となることを目的とした、新興リスクと可能な解決策のチェックリストである。

日本
COVID-19: 新たに医療用機器・資材の製造に 乗り出す場合の留意点

COVID-19の感染拡大に伴い、医療機器その他必要な物資の不足に対する懸念が広がっている。特に、薬理学的治療が可能になるまで、人工呼吸器は、クリティカルなケアを必要とするCOVID-19感染者にとって重要な治療の選択肢である。さらに、種々の検査キットの製造も加速化する必要がある。各国政府は、製造のみならず、製品のデザイン、調達、アセンブリ、検査および輸送の面でも、民間セクターに対し支援を要請している。世界中で、多くの製造業者がこの危機的状況に対処するために、あるいは政府の求めに応じ、あるいは自発的に、新規分野に参入しようとしている。本アラートでは、このような企業が留意すべき法的問題点を整理する。

日本
緊急事態宣言-不動産業界への影響

政府は、2020年4月7日、緊急事態宣言を発令した。同宣言は2020年4月8日から2020年5月6日まで効力を有する。本記事では、同宣言によって不動産業界にどのような影響が生じるかについて概説したうえで、不動産業者の懸念となる事項について、ショッピングモールを例にとりQ&A形式で解説する。

日本
安倍首相がCOVID-19の感染拡大を受けて緊急事態宣言を発令

政府は、2020年4月7日、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令した。緊急事態宣言の適用は、当面の間は1ヶ月間(2020年5月6日まで)、7都府県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)を対象として行われる。本緊急事態宣言により、対象都府県の知事は、外出の自粛要請を含む拡大防止措置要請を行うことができる。

日本
COVID-19:日本における雇用者の義務及びその他の考慮事項

COVID-19の発生は雇用者に困難な問題を提起する。雇用者は安全衛生要綱を再考し、勤務中又は通勤中の従業員の感染リスクを最小にする手続を導入する必要がある。本記事では、日本における雇用者の主要な義務及び重要な考慮事項について概説する。COVID-19に対する政府の対応は急速に変化しており、定期的に政府の最新情報を確認することは雇用者にとり重要である。

日本
COVID-19による経済変動と賃料減額

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com