新着アラート グローバル

COVID-19における各国の政府介入スキームガイド

ベーカー&マッケンジーは、「政府介入スキームガイド」を作成し、世界各国の法域における政府のCOVID-19感染拡大に対応するための主要な介入手段の概要を紹介している。主な内容は、負債、外国投資制限、課税又は(関連する場合には)EUの国家援助承認についてである。また、EUが実施した主要な措置についても触れている。

COVID-19感染拡大により拡大するジェンダー格差に対応したジェンダー対応型予算編成について

COVID-19感染拡大は、家庭、仕事、経済面、身体的・精神的健康等の観点から、ジェンダーの不平等を加速させている。そのため、育児・介護による多忙、男性との比較における低収入、不安定な雇用状況等の女性が抱えるジェンダーの不平等に対し、雇用者は積極的な対応措置を講ずることが求められている。本記事では、雇用主が実施可能なジェンダーの不平等に対する具体的な対応措置である、男女の実質的な平等を達成するためのジェンダー対応型予算編成について解説する。

バーチャルコミュニケーションのためのデータ関連問題の案内図

COVID-19の影響により、物理的なミーティングを行うことが困難又は望ましくない状況となった結果、バーチャルコミュニケーションが日常的に利用されることとなった。もっとも、金融機関が商品やサービスを提供するためにバーチャル手段を採用する際には、金融規制、データプライバシー、テクノロジー等に関連する問題を解決する必要がある。本記事はこれらの問題を高度なレベルで解決するためのガイドであり、オーストラリア、EU・英国、香港、シンガポール及び米国において、監督官庁の介入や訴訟の潜在的リスクを軽減するために考慮すべき事項について、10段階のステップで情報を提供する。

COVID-19と貿易金融

本シリーズでは、様々な法律、市場、法域ごとに焦点を当て、貿易金融市場の近時のトピックを考察する。今回は、COVID-19が貿易金融に与える影響をテーマに、金融機関が既存・新規融資案件の両方において留意すべき事項、証券化の分野で債権売主に生じる影響、及びトルコにおけるCOVID-19下での代替的な融資について検討する。

資金調達の際の市場の役割について ― 第2弾

COVID-19感染拡大による強制的な閉鎖、避難所の設置、消費需要の減少は、企業の収益や事業の存続さえも困難にしており、何千万人もの人々が一時解雇や解雇を余儀なくされる一方で、他の人々は根本的に変化した状況の中で働いている。本記事では、株式市場と債券市場の両方をカバーする2部構成のシリーズの第2弾として、債券市場がCOVID-19感染拡大に起因する流動性危機に苦しむ上場企業をどのように救済してきたかについて考察する。

EU集団的救済指令、長期交渉の末合意へ

欧州議会は、2020年6月22日、集団的救済指令の改定案に合意した。消費者保護の強化を目的とする同指令は、2018年に「消費者のための新たな取引(New Deal for Consumers)」政策の一環として開始し、以降度重なる議論と改定が行われてきた。本記事では、消費者集団訴訟制度の整備等、今回の改定の概要を紹介する。

COVID-19に関連する公共契約のグローバルガイド

COVID-19感染拡大に鑑み、世界各国の政府は、緊急に必要とされる物資を事業者が調達するための様々な措置を講じてきた。本記事では、複数の国を対象として、当該国の公共契約に関連する、入札提出期限の短縮等の手続加速措置、直接発注の可否、公共調達を行う際に公共契約当局が取り得るその他の措置等について解説する。対象となる国は、オーストラリア、インドネシア、タイ、ベトナム、オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、アルゼンチン、ブラジル、コロンビア、カナダである。

COVID-19に係る職場の再開に関する労働法上の留意事項 ー 第3部

世界各国の政府は、COVID-19感染拡大状況を注視しながら、ロックダウン措置を徐々に縮小し、経済を再開するための措置を講じ続けている。本記事では、安全な職場の維持と従業員の職場復帰を両立させるために必要な労働法上の留意事項に関して、地域別の最新ガイダンスを提供する。

規制当局との関与についての実務的アドバイス

データ処理から消費者販売に至るまで規制対象となる事業を行う企業が増える一方、規制当局は、企業と同様にCOVID-19がもたらす変化に迅速に適応し、これまで以上に幅広い分野でより高い制裁措置を実施するために、広範なリソースを活用するようになっている。本記事では、規制当局との関与についての建設的かつ効果的なグローバル戦略を策定する方法について解説する。

COVID-19後のプライベート・エクイティ向けの戦略集

COVID-19危機後の局面を見据えてプライベート・エクイティはどのようにして機会を創出し、価値を引き出すことができるか。本記事は、プライベート・エクイティ事業に関して、新たな局面を切り抜ける戦略について、ディストレストM&A、PIPEs/少数持分投資、株式の非公開化、企業価値評価方法、新しい日常におけるM&A、債務買戻しといった項目に分類して解説する。

恒久的施設と企業の居住地に関するガイダンス

OECDはCOVID-19が租税条約の取扱いに与える影響についてまとめたガイダンス(OECD Secretariat Analysis of Tax Treaties and the Impact of the COVID-19 Crisis)を公表した。本記事では、恒久的施設(Permanent Establishment)及び法人の税務上の居住地に関して、本ガイダンスと米国及びオーストラリアの税務当局が公表したガイドラインとの比較検討を行う。

職場の再開に関する労働法上の留意事項 - 第2部

本記事は、多国籍企業が直面する安全な雇用環境の維持と経済活動再開のバランスに関する課題についてのグローバル・ウェビナーシリーズに続き、雇用者が職場の再開を計画する際の留意事項について情報を提供するものである。本記事では、職場の再開に関する最新のガイダンスについて、地域別にまとめている。

COVID-19 - 接触追跡アプリ - 各国で異なるアプローチ

COVID-19に感染していると疑われる者又は感染している者と接触した人に対して自己隔離及び検査の必要を包括的かつ迅速に通知することを主な目的とする接触追跡アプリが、COVID-19との戦いにおいて我々の新たな武器となっている。もっとも、同アプリについては各国で様々なアプローチが取られている。本記事では、同アプリに関連する法的問題並びに同アプリの導入について注目すべき各国の傾向及び違いについて解説する。

COVID-19によるキャッシュフロー危機: 現金でなく株式による従業員への給与支払

COVID-19 は経済に大きな打撃を与え、多くの企業において現金の保全が急務となっている。政府による雇用維持のための緊急措置が失速することも見据えて、企業としては、雇用を維持しながら現金を保全すべく、従業員、特に役員に対する報酬に占める株式の割合を増やすことも有用である。本記事では、実現可能な株式報酬プランの種類、株式報酬の割合を増やすことのメリット、現金給与削減に際して企業が検討すべき事項について概説する。

金融機関向けのCOVID-19チェックリスト

COVID-19感染拡大は、金融機関のビジネスモデルに大きな影響を与えている。本記事では、金融機関が今後事業を継続していく中で、短期、中期、長期的に注意を払う必要があると思われる主要な法的・規制上の問題に関するチェックリストを提供する。

COVID-19感染拡大に対する特許裁判所の対応

COVID-19感染拡大による難局に対する各国の特許裁判所の対応について概説する。19の法域において、裁判所は、ソーシャルディスタンスを確保しつつ一定限度での業務を続けている。本記事では、この危機を切り抜けるための実務的な留意事項を紹介する。

産業、製造及び輸送企業向けのCOVID-19チェックリスト

COVID-19感染拡大により、産業、製造及び輸送(IMT)分野で事業を行う企業が直面する課題は増加している。本記事では、急速に変化する状況に対応するため、IMT企業を支援することを目的として、COVID-19による新たなリスク及びその解決策に関するチェックリストを提供する。

現在の世界の市場における石油・ガス取引のためのヒント - 電話会議のサマリー

世界的な価格及び供給交渉、COVID-19による需要の下降、資本支出の影響により、石油・ガス産業は現在、難しい状況を迎えている。本記事では、今日の状況下でのM&A取引における問題、エネルギー取引、石油・ガス取引における不可抗力及びファイナンスの問題について、ベーカー&マッケンジーがクライアントに向けて発信した電話会議のサマリーを紹介する。

ヘルスケア・ライフサイエンス産業における問題点

COVID-19の感染拡大が進むにつれ法的・規制的措置も増加しており、その多くはヘルスケア・ライフサイエンス分野に直接的に関連している。本記事では、ベーカー&マッケンジーが作成した、市場アクセス、臨床試験、知的財産リスク、遠隔医療に関する質問に対する概括的な考察をまとめたData Privacy & Security Surveyガイドを紹介する。

COVID-19影響下における国際民間航空のためのカーボンオフセット及び削減スキーム(CORSIA)の未来

COVID-19による健康危機の拡大及び航空業界に対する経済的な打撃に伴って、今後の排出ガス対策の進め方、また、それらの対策のこの数年で航空業界に与える影響といった議論が再燃している。本記事では、国際民間航空機関によって承認された国際民間航空のためのカーボンオフセット及び削減スキーム(CORSIA)について、その内容びCOVID-19によって受ける影響を検討する。

関連者間取引においてのロイヤルティ支払いに係る潜在的な影響

COVID-19感染拡大は、グループ間取引におけるリスク及び損失の配分について多くの問題を生じさせる。本ニュースレターでは、関連会社であるライセンシーがCOVID-19の影響を受けて損失を計上している場合のライセンサーによるロイヤルティの支払いの取り扱いについて、判例、米国財務省規則やOECD移転価格ガイドラインも踏まえて沿って解説する。

COVID-19感染拡大による世界各国の特許当局の対応に関するアップデート

世界各国の特許当局は、COVID-19感染拡大対策として行われている社会隔離政策や事業所閉鎖等の影響を受けている特許出願者を支援するための措置を実施している。本記事では、当該措置の内容について説明する。なお、本記事は、前回発表した記事の更新版である。

雇用者のためのCOVID-19対応ガイド

COVID-19の感染が拡大する中、雇用者が直面している問題について、本記事では42カ国の法域に特化したガイダンスを提供する。具体的には、各国の法律及び政府の規制、それらに基づく雇用者及び従業員のCOVID-19感染リスクに関する情報開示義務、会議等の実施方法、在宅勤務や出勤停止命令の可否、事業の停止、賃金支払の要否、安全配慮義務等について概説する。

COVID-19に関連する景気刺激策

COVID-19を受けて、世界各国で、自国の経済、企業、市民に混乱や低迷が生じないようにするための景気刺激策を導入している。本記事では、ベーカー&マッケンジーが作成した、2020年4月9日時点での米国及び12の法域における景気刺激策に関して給与資金、事業費の支払い及び助成金、低・無利子事業ローン、破産・倒産保護、税制優遇・繰延措置の5つのカテゴリーにおける利用可能性を示した一覧表を紹介する。

移転価格税制の観点からの損失の最適化 ~COVID-19感染拡大を受けて~

不況下においては、リスクが限定されたディストリビューター又はサービスプロバイダーとして運営されている子会社は一定のリターンが保証されるべきであるという指摘を海外税務当局から受けやすく、多国籍企業の最終親会社に損失が集中してしまう可能性がある。しかしながら、環境が急激に変化する現況下においては、グループ内の精緻な機能分析と経済リスクの負担に応じて、全世界グループ間で損失を負担することが適切な場合もある。本記事は、多国籍企業が損失負担を最適化するために考慮するべき事項を解説する。

移転価格担当者が今検討するべき不可抗力(Force Majeure)条項とは?

COVID-19の感染拡大及び関連する政府規制は、準拠法並びに特定の事実及び状況に応じて、不可抗力事由に該当する場合があるが、多くの場合において関連者間契約において、不可抗力条項が含まれていない。本稿では、英米法における不可抗力条項の概要及びOECD移転価格ガイドライン等の観点から、COVID-19の感染拡大に伴う被害及び政府規制を理由とする関連者間取引への不可抗力条項の適用にあたって検討すべき事項を解説する。

COVID-19の石油・ガス産業への影響

石油・ガス業者の多くが、COVID-19に関連する需要の減少やロシアとサウジアラビアの価格戦争による石油価格の暴落を経験することになると考えられる。本記事では、石油・ガス会社が現在の情勢を切り抜けるための一助となることを目的として、今後予想される事態に関する情報を提供する。

世界各国でのCOVID-19関連の税制措置を集約した情報集約サイトを開設

COVID-19感染拡大を受けて、世界各国の政府は様々な税制措置を相次いで公表している。ベーカー&マッケンジーでは世界各国での税制の措置を集約した情報集約サイトを開設した。本ページでは、プルダウン形式で国を選択することで、各国の税制措置の概要を表示することができる。今後、継続的に情報が更新され、収録国も拡大されていく予定である。

COVID-19感染拡大下におけるオープンエンド型のファンドマネージャーの考慮事項について

COVID-19感染拡大は、世界経済及びその関係者に壊滅的な損害を与えている。本記事では、オープンエンド型のファンドマネージャーが、この前例のないビジネス環境下において検討すべき主要な問題の概観について説明する。

Bloomberg BNA特別寄稿記事 ― COVID-19がもたらす移転価格問題への対処

多くの多国籍企業は、外出規制、サプライチェーンの寸断や顧客需要の急減に伴う事業の停止、さらに世界は流動性への懸念に直面している。ベーカー&マッケンジーでは、Bloomberg BNA と提携して特別レポート「COVID-19: Impact on (The Other) TP」を寄稿した。本稿では、COVID-19に関連して生じる移転価格問題(恒久的施設の課税やバリエーションの問題を含む)への影響とそれらへの対処策を解説する。

COVID-19影響下での世界的な企業結合規制の道標

COVID-19の感染拡大は、世界中の産業や政府に先例のない混乱を生じさせており、競争当局も例外ではない。しかし、競争当局は、COVID-19を理由に、実質的な企業結合審査について寛容な態度をとることはない。本記事では、COVID-19が世界中の企業結合審査に与えた影響についてリアルタイムかつ最新の情報を提供する、ベーカー&マッケンジーが作成した「Global COVID-19 Merger Control Map」について紹介する。さらに、世界的な企業結合審査プロセスに関与する企業に対して実務的なポイントについても解説する。

不動産関係者のためのCOVID-19対応ガイド

COVID-19の世界的な感染拡大により、商業用不動産の所有者及び占有者のビジネスに対する影響への懸念は強まっている。本記事では、地主や賃借人の懸念事項となる世界的に共通する重要な問題について、ベーカー&マッケンジーの不動産チームが、39ヵ国の情報を提供する。

COVID-19に関する税制関連の情報

COVID-19の感染拡大に伴い、各地の税務当局は、経済的な影響に対応するための対策を打ち出している。ベーカーマッケンジーでは、より明確な情報をわかりやすくお伝えするために、COVID-19に関する税制関連の情報をまとめた「COVID-19 Tax Measures Resource」について紹介する。

COVID-19対策のための個人用防護具の製造

COVID-19の世界的感染拡大による医療従事者向けの個人用防護具不足が懸念され、すでに自主的に生産ラインを切り替えて個人用防護具の製造を始めるメーカーが出てきている。本記事では、このような生産拡大の方法と、その際生じ得る問題(許認可、既存製造業者との協働、IPライセンス、競争法リスク等)について紹介する。

政府による外国投資監視に対する影響

COVID-19の影響が生じる以前には、世界の脱グローバル化の流れの中で、国家安全保障の観点から外国投資への監視強化が求められていた。しかし、日和見主義的な投資家にとっては、COVID-19の影響によって弱体化した企業を買収し、又はこれに投資する機会となる可能性が出てきた。そのため、外国投資の監視強化は、COVID-19の影響により生じた経済的・社会的な懸念事項に対処するために用いられるようになってきたと推察される。本記事では、外国投資に対する監視・規制を厳格化した国について紹介する。

COVID-19:ファンド関連の留意事項とプライベートファンドマネージャーへの影響

COVID-19は、資金調達と資金の運用に関して、ファンドスポンサーとクローズドエンド型プライベートファンドのゼネラルパートナー(GP)に前例のない課題をもたらした。本記事では、GPが考慮すべき重要な問題について分析する。

COVID-19によるBRI(一帯一路)活動の変化

Silk Road Associates及びベーカー&マッケンジーによる調査によれば、グローバル・サプライチェーンとのより緊密な繋がりのみならず、民間部門や外国企業の参入によって、BRIの質が向上することが期待される。本記事では、COVID-19がBRI活動に対して与える影響について分析したレポートを紹介する。

消費財/小売企業のためのCOVID-19チェックリスト
ヘルスケア・ライフサイエンスのCOVID-19チェックリスト
産業、製造、輸送企業ためのCOVID-19チェックリスト
企業のサプライチェーンに与える反贈収賄・人権コンプライアンス上のリスク
キャピタルマーケットにおけるCOVID-19による影響
COVID-19の影響による混乱から如何にサプライチェーンを守るか

コロナ・ウイルス・リソースセンター
トップへ戻る

キーワード検索

お問い合わせ先

info.tokyo@bakermckenzie.com