このたび、ベーカーマッケンジーでは、「海外プロジェクトファイナンスの実務」と題したセミナーシリーズを開催する運びとなりましたので、ご案内いたします。

本セミナーシリーズは、投資家、開発事業者、レンダー、建設請負事業者等のご担当者の皆さまに向けた、海外プロジェクトファイナンスに関する包括的なトレーニングプログラムです。ベーカーマッケンジーのグローバルネットワークに蓄積された知識、洞察、経験を、皆さまのニーズに応じてご紹介できればと考えております。発展を続ける世界のプロジェクトファイナンス市場において、クライアント企業の皆さまが最新動向を把握し、これに対応し、ビジネス目標を達成するための一助となれば幸いです。

本シリーズは、2019年3月より開始し、年間を通して計4回の開催を予定しています。各セミナーは、国際的なプロジェクトファイナンス実務及びこれに関連する分野に精通する日本法弁護士及び外国法弁護士が担当し、英語及び日本語で行います。主にプロジェクトファイナンスのストラクチャー、リスク管理手法、キャッシュフローリスク、資金源等、新興市場におけるプロジェクトファイナンス実務に役立つテーマを予定していますが、事前のご要望や各セミナー開催後のフィードバックをもとに、参加者の皆さまのビジネス上のニーズに沿った話題を取り上げてまいりたいと考えております。

ご意見・ご要望などございましたら、積極的にお寄せいただければ幸いです。

お申込み

セミナーお申込み

座席数に限りがございますので、お早めのご登録をお願いいたします。また、お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

オンラインよりご登録 ができない場合は、Eメールにて下記の情報をお送りください。
お名前(※)・貴社名・役職・住所・電話番号・ Eメールアドレス
(※については、お手数ですが英語表記も併記していただけますと幸いです。)

本セミナーについてのご質問等もEメールにて受付けております。

アジェンダ

PDFをダウンロード

時間 トピック スピーカー 言語
1:15pm – 1:30pm 開会のご挨拶 スティーブン・クラグストン
Marc Fèvre
英語
1:30pm – 2:15pm 契約ストラクチャ及びセキュリティ上の課題:基本的事項

  • 主な融資関連契約及び当事者とその関係
  • 新興市場におけるセキュリティの考え方、実態、構造的な課題
  • 主催国政府及びスポンサーとしての政府機関の役割
  • 直接契約とその意義
スティーブン・クラグストン
Marc Fèvre
英語
2:15pm – 3:15pm バンカビリティの評価:プロジェクトファイナンスにおけるリスク配分

  • リスク配分のパターンと留意点
  • 政治的リスクと輸出信用機関(ECA)/国際開発金融機関(MDB)の役割
  • マクロ経済リスクの管理
  • リスク軽減策としての保険
サミール・デサイ
鈴木康祐
英語
日本語
3:15pm – 3:30pm 休憩
3:30pm – 4:30pm 融資可能額及びキャッシュフローに関する課題への対応

  • キャッシュフローウォーターフォールの基本ストラクチャー及び留意点
  • コベナンツ、リザーブ、キャッシュスウィープの利用
  • 分配の制限
  • 為替管理及び為替制限への対応
Marc Fèvre
ピエール・シアソン
英語
4:30pm – 5:10pm プロジェクトファイナンスにおけるリスクヘッジ

  • 金利変動/為替変動リスクに対するヘッジ手段
  • プロジェクトファイナンスにおけるその他のリスクヘッジ手段
  • プロジェクト融資契約に係るデリバティブ問題
松添聖史 日本語
5:10pm – 5:30pm 質疑応答/閉会のご挨拶

スピーカー

セミナー情報

開催日 2019年3月18日(月)
時間 13:15~17:30(受付開始:12:45)
場所 ベルサール御成門タワー 3F
〒105-0011
東京都港区芝公園 1-1-1
ご案内図
費用 無料
言語 日本語および英語(同時通訳ではありません)
お問い合わせ Tel:03-6271-9900(担当:道岡)
email:seminar.tokyo@bakermckenzie.com

関連情報

日時

開催地

東京

主催者

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

スピーカー

スティーブン・クラグストンサミール・デサイピエール・シアソン松添聖史鈴木康祐

取扱業務