ベーカーマッケンジーでは、来る2018年11月13日(火)午後、ホテルオークラ東京にて、「次世代モビリティー法整備の海外最新動向」を開催する運びとなりました。

本セミナーでは、国内外における自動車産業、特に近年、活発な議論を呼び発展が目覚ましい自動運転、ライドシェア、電気自動車、コネクテッドカー等、いわゆる「次世代のモビリティ」と言われる分野に詳しい専門家をヨーロッパ、米国、アジアの各オフィスから招き、各国のビジネスの動向、法規制の変化など、日本の企業にとっても見逃せない話題についてお話をさせていただきます。

また、「モビリティ2.0 -『スマホ化する自動車』の未来を読み解く」の著者であり、海外での業界動向に精通する、浜銀総合研究所主任研究員 深尾三四郎氏をゲストスピーカーにお招きし、業界大変革の背景にある、世代・時代・社会の3つのメガトレンドの変化を説明し、旧来の発想とはまったく異なるパラダイム転換のメカニズムについて解説していただきます。

本セミナーのアジェンダ詳細は、こちらよりご確認ください。

お申込み

申込締切:2018年11月8日(木)

座席数に限りがございますので、お早目のご登録をお願いいたします。なお、お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

オンラインよりご登録ができない場合は、Eメールにて下記の情報をお送りください。
お名前、貴社名、役職、住所、電話番号

本セミナーについてのご質問等は、Eメールにてお問合せください。

皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

セミナー情報

開催日 2018年11月13日(火)
時間 セミナー:1:30pm ~ 6:00pm(受付開始:1:00pm)
ネットワーキング・カクテル:6:00pm ~ 7:00pm
場所 ホテルオークラ東京
2階 オーチャードルーム
〒105-0001
東京都港区虎ノ門 2-10-4
ご案内図
費用 無料
言語 日本語および英語(同時通訳が入ります)
お問い合わせ Tel:03-6271-9900(担当:三島)
Email:seminar.tokyo@bakermckenzie.com

関連情報

日時

開催地

東京

主催者

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

スピーカー

達野大輔穂高弥生子、他

取扱業務