近年、国内では大規模な営業秘密漏えい事件が相次いでおります。日本では、来年1月1日から、営業秘密保護の強化を目的に、不正競争防止法の改正が行われる予定であり、ますます関心が高まっています。一方で、近年の営業秘密漏えい事件からも見て取れるように、漏えいは国内だけにとどまらない傾向にあり、また、海外からのサイバーアタックの脅威も増しています。営業秘密保護のために、今後益々諸外国の関連する法制度や実務も考慮する必要が出てくると考えられます。

そこで今回は、アメリカ、ヨーロッパ、中国、台湾から営業秘密関連の実務に精通した専門家を招き、セミナーを開催いたします。営業秘密侵害事件における戦略から立証や証拠収集など、実務的なポイントを中心に紹介する予定です。

セミナーお申し込み

お申し込み期限は、2015年11月18日(水)となります。座席数に限りがございますので、お早めのご登録をお願いいたします。

オンラインよりご登録ができない場合には、Eメールにて下記の情報をお送りください。
お名前(※)・貴社名・役職・住所・電話番号・Eメールアドレス
(※については、お手数ですが英語表記も併記していただけますと幸いです。)

本セミナーについてのご質問等は、Eメール にてお問い合わせください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

当日のアジェンダ

時間 トピック スピーカー
09:00 – 09:30 受付
09:30 – 09:45 ご挨拶、イントロダクション Say Sujintaya(バンコク)
09:45 – 10:45 営業秘密法の整備と実例について

  • アジアパシフィック
  • 北アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 中国
  • 台湾
Jay F. Utley(ダラス)
Rembert Niebel(フランクフルト)
Shih Yann Loo(香港)
Grace Shao(台北)

モデレーター:
松本 慶(東京)

10:45 – 11:00 休憩
11:00 – 12:10 企業の営業秘密保護に際する実務的留意点

  • 特許および営業機密保護に関する最善策
  • 合理的で効果的な機密対策の導入方法
  • 法的手続きにおいてどのように営業機密を定義・説明するか
  • 営業機密侵害の立証方法:立証責任および証拠収集方法
Jay F. Utley(ダラス)
Rembert Niebel(フランクフルト)
Shih Yann Loo(香港)
松本 慶(東京)

モデレーター:
Grace Shao(台北)

12:10 – 12:30 質疑応答

講師

開催概要

開催日時 2015年12月2日(水)
時間 9:30 – 12:30 (受付 9:00‐)
会場 ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
(東京都港区六本木1-9-10 アークヒルズ仙石山森タワー28F)
アクセスマップ(PDF)
受講料 無料
言語 日・英(英語で行われるセッションについては、日本語で要約いたします)
お問い合わせ先 Tel: 03 6271 9900(担当: 山下、村尾)
Eメール: seminar.tokyo@bakermckenzie.com

関連情報

日時

開催地

東京

主催者

ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

スピーカー

松本慶、Saya Sujintaya(バンコク事務所)ほか

取扱業務