About

独占禁止法は、ビジネスの拡大を図る上で、競合企業や規制当局による攻撃から身を守り、訴訟や終わりの見えない調査への対応ではなく、より本業に関わる課題に時間やリソースを注ぎたいと考える医療・ライフサイエンス関連企業にとって、押さえておくべき重要な法律です。当事務所では、独占禁止法及び競争法に精通する商事・紛争解決分野の弁護士が、合併規制、不当競争、カルテル、不正取引慣行等、日本における様々な独占禁止法上の課題について、アドバイスを提供しています。また、これらの弁護士は、公正取引委員会の認定を受けて事業者団体が策定する公正競争規約に基づく、医薬品・医療機器・ヘルスケア業界に特有のルールにも精通しています。

主要実績