About

企業結合の届出制度はM&A取引を行う際に非常に重要となる要素です。ビジネス上の観点からは、ディールのクローズが不確実となり、同制度が定める合併の禁止期間が統合プロセスの妨げになることもあります。また、企業のビジネス部門や法務部門に多大な負担が生じます。

120か国以上の国で企業合併の届出制度が導入される中で、届出が求められる国の特定、スケジュールの検討、届出をしない場合の費用やリスクの評価等は、特に重大な課題を内包し複数の司法管轄地域で届出が必要となるような案件においては、困難なプロセスとなりがちです。世界最大の競争法グループを擁する当事務所では、日本企業同士のM&A取引/日本企業による海外企業の取得事案/海外企業による日本の取得事案/海外企業同士のM&A取引いずれの類型においても、クライアント企業のディールの遂行を迅速かつ効率的に支援することが可能です。

主要実績

  • 米国の上場生命保険会社を買収した案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項について、日本の生命保険会社にアドバイスを提供。
  • 日本の電機メーカーの電池事業の取得案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項について、日本の電子部品メーカーにアドバイスを提供。
  • 国際的複合企業の日本におけるリース事業を買収した案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項について、日本のリース会社にアドバイスを提供。
  • 国際的な化学メーカーのタイにおける子会社の取得案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項について、日本のガラスメーカーにアドバイスを提供。
  • 国際的な医療機器メーカーの取得案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項について、国際的な医療機器/製薬メーカーにアドバイスを提供(問題解消措置の提案を含む)。
  • 国際的な宅配便企業の株式の取得案件に関連して、企業結合の届出制度に関わる事項に関して、国際的な宅配サービス企業にアドバイスを提供。