このページを印刷する

鷹取康久 (たかとり やすひさ)

パートナー
銀行・金融

プロフィール

東京事務所の銀行・金融グループに所属。当事務所に入所する以前は、第一勧業銀行に勤務。2007年から2008年にかけ欧州三井住友銀行およびBaker McKenzie ロンドンオフィス勤務。2010年から2012年まで国際協力銀行への出向経験を有する。東京弁護士会所属。

取扱業務

一般金融法務及び企業法務に従事。主に、プロジェクト・ファイナンス、PFI、M&Aファイナンス、資産流動化、ファイナンスリースその他ストラクチャードファイナンスを手がける。

著書・論文

著書・論文

  • 「Japan Chapter」Project Finance 2014第7版『Getting the Deal Through』シリーズ(共著、Law Business Research Ltd.、2013年8月)
  • 「東南アジア新興国における新しいPPP法制とプロジェクトファイナンス〔上〕〔中〕〔下〕」『国際商事法務』(共著、国際商事法研究所、2011年11月号、2012年2月号、2012年3月)
  • 「非公開化型LBOにおける上場株式の取扱い」『銀行法務21』(経済法令研究会、2010年2月号)

講演

  • 「米州新興国におけるインフラ事業向けファイナンス組成の実務と動向」(日本ナレッジセンター、2011年3月)
  • 「海外向けプロジェクト・ファイナンスのドキュメント交渉のポイント-電力事業その他のインフラ事業モデルを中心に論点ベースで解説」(プレゼンター、株式会社ストック・リサーチ、2010年10月)
  • 「海外向けプロジェクト・ファイナンスにおけるリスク分配と契約の重要ポイント」(プレゼンター、金融ファクシミリ新聞社、2010年6月)
  • 「英文融資契約の基礎~欧州の契約書雛型(LMA)の解説を中心に、JSLA契約書雛形との比較など」(プレゼンター、株式会社ストック・リサーチ、2008年12月)等

登録

2002年 東京弁護士会登録

所属

  • Tokyo Bar Association – Member

学歴

1993年 慶應義塾大学法学部卒業
2007年 ボストン大学ロースクール(LL.M. in Banking and Financial Law)修了

※Reproduced with permission from Law Business Research Ltd. This article was first published in Getting the Deal Through – Project Finance 2014, (published in August, 2013; contributing editor: Phillip Fletcher, Milbank, Tweed, Hadley & McCloy LLP). For further information please visit www.GettingTheDealThrough.com.

関連情報

取扱業務