このページを印刷する

佐々木俊夫 (ささき としお)

オフ・カウンセル
プロジェクト

プロフィール

大型プロジェクト案件並びに特許問題全般についてのアドバイスを提供。当事務所に入所前には新日本製鐵の技術部門で長年勤務し、アブダビ及び中国渤海湾の大規模オフショア石油パイプライン・プロジェクトに関与し、建設工事及び予算の策定、設計、管理全般にわたる幅広い経験を有する。

取扱業務

プロジェクト及びエネルギー、知的財産権案件に従事。専門分野である大型プロジェクトに常に伴う技術面と法律面のアドバイスを提供し、廃棄物処理施設、風力発電プロジェクトファイナンス、PFI事業(神奈川・千葉・埼玉・岡山・東京・岐阜・広島)、太陽光発電事業(北海道・岩手・福島・栃木・茨城・愛知・三重・岡山・高知・福岡・長崎・鹿児島など)、石炭・LNG火力発電事業等多数の案件に携わる。不動産の証券化、流動化案件(開発案件を含む)も多数手がける。その他、PPA等エネルギー関連契約、EPC等の建設請負契約や、特許裁判及び実用新案権裁判等の案件も手がける。

主要実績

  • 国内建設会社の建設プロジェクトに関しての裁判を手がける。
  • IPに関して国内外企業の裁判を手がける。
  • 銀行のプロジェクトファイナンスやプロジェクト案件(PFI事業も含む)-風力発電事業、図書館、水族館、美術館等公共施設事業、廃棄物処理事業、給食センター事業及び市民病院事業。
  • 不動産の証券化、流動化に関するファイナンス-ショッピングセンターなどの商業施設、倉庫、輸送等の流通施設及びホテル。
  • 土地再開発に関連するファイナンス。
  • 国内地方電力会社にPPAやPSAに関する法律面のアドバイスを提供する。
  • 国内各地における再生可能エネルギー(風力・太陽光)発電に関するファイナンス、建設請負契約等についての法律面のアドバイスを提供する。

登録

1999年 東京弁護士会登録
2000年 日本弁理士会登録

所属

  • Tokyo Bar Association – Member
  • Japan Patent Attorneys Association – Member

学歴

1969年 東京大学工学部卒業、
1976年 マサチューセッツ工科大学卒業(M.Sc., O.E.)

言語

Japanese

English

関連情報

取扱業務