このページを印刷する

スティーブン・クラグストン Stephen P.T. Clugston

カウンセル
プロジェクト

プロフィール

東京事務所のカウンセル。国際的なプロジェクトおよびプロジェクトファイナンスに関する実務を専門とする。新興市場を中心に様々な分野のプロジェクトに携わり、スポンサー、借入人、政府機関、輸出信用機関、多国間金融機関、融資事業者等に原資格国においてアドバイスを提供、または日本国内において弁護士や外国法事務弁護士に労務を提供。

取扱業務

電力、水資源、石油・ガス、石油化学、インフラ、再生可能エネルギー、電気通信分野を専門とする。ヨーロッパ、中東、アフリカ、中央アジア、東南アジア、米州、アジア太平洋地域におけるエネルギー・インフラ部門全般にわたる金融取引およびその他国境を跨ぐ投資や取引に関して、原資格国においてアドバイスを提供、または日本国内において弁護士や外国法事務弁護士に労務を提供。

主要実績

当事務所に入所以前に以下のような案件に携わる。

電力

  • バングラデシュにおける独立系大規模石炭火力発電事業の開発に関して、日本の商社および国際企業に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • エジプトおよびフィリピン等における独立系石炭火力発電事業への投資計画に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • インドネシアにおける独立系ガス発電事業への投資計画に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • オーストラリアにおける独立系大規模石炭火力発電事業の持分の売却に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。

(以下は日本国外の法域において従事した案件)

  • ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(クウェート、オマーン、クロアチアを含む)における複数の独立系発電事業への参加計画に関して、海外において日系大手商社にアドバイスを提供。
  • アブダビにおける独立系太陽光発電事業の資金調達に向けたイニシャル・ファイナンス・タームズに関して、海外において日系大手商社および投資複合企業にアドバイスを提供(「PFI 2017 Middle East and Africa Power Deal of the Year」を受賞)。
  • パキスタンにおける独立系大規模発電事業に係る資金調達をめぐる課題に関して、ファシリティエージェントおよびセキュリティエージェントにアドバイスを提供。
  • ジャマイカにおける独立系液化天然ガス発電事業のプロジェクトファイナンスに関して、ジャマイカの銀行およびその他の融資事業者にアドバイスを提供。
  • オマーンにおける発電・造水事業(IWPP)への参加計画に関して、国際的なスポンサーを支援する様々な金融機関(輸出信用機関および融資事業者等)にアドバイスを提供。
  • トルコにおける大規模な独立系コンバインドサイクルガス火力発電事業に向けたプロジェクトファイナンスおよびファイナンスリストラクチャリングに関して、様々な金融機関(輸出信用機関、多国間金融機関、融資事業者等)にアドバイスを提供(「PFI 2014 Middle East / Africa Power Deal of the Year」を受賞)。
  • ガーナにおける独立系ガス発電事業への参加に関して、国際的なインフラファンドにアドバイスを提供(「PFI 2014 Africa Deal of the Year」を受賞)。

インフラストラクチャ

  • ブラジルにおける複数の水処理関連インフラ資産の取得計画に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • インドネシアにおける空港拡張・開発事業への出資計画に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • インドにおける鉄道事業の持分に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。
  • ブラジルにおける大規模な輸送・物流関連資産をめぐる課題に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。

(以下は日本国外の法域において従事した案件)

  • 海外の融資事業者および輸出信用機関による国内の複数のインフラ事業への融資に関して、国に代わる借入人であるアンゴラ財務省にアドバイスを提供。
  • フィジー、トンガ、バヌアツ、サモア、キリバスおよびクック諸島に所在する資産に関するプロジェクトファイナンスに関して、国際的なモバイル通信サービス事業者にアドバイスを提供。
  • パプアニューギニアにおけるつなぎ融資に関して、国際的なモバイル通信サービス事業者にアドバイスを提供。

石油・ガス

  • インドネシアにおけるガス輸入・供給インフラへの投資計画に関して、日本の商社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。

(以下は日本国外の法域において従事した案件)

  • ウズベキスタンにおける大規模石油化学プロジェクトの資金調達に関して、様々な金融機関(輸出信用機関、多国間金融機関、融資事業者等)にアドバイスを提供(「PFI 2012 European Petrochemicals Deal of the Year」、「Infrastructure Journal 2013 Oil & Gas Deal of the Year」および「Global Finance Deal of the Year: Project Finance (Asia)」を受賞)。
  • モーリタニア沖の洋上ガス田への投資計画に関して、国際機関にアドバイスを提供。
  • オマーンにおける船舶用燃料およびジェット燃料の貯蔵プロジェクトに係る融資に関して、国際的な融資事業者にアドバイスを提供。
  • アゼルバイジャンにおける肥料工場に係るプロジェクトファイナンスに関して、国際的な輸出信用機関にアドバイスを提供。
  • ロシアにおけるガス火力肥料工場に係る融資の予備段階において、国際的な融資事業者にアドバイスを提供。
  • 大手石油取引企業によるドイツの大手石油精製事業および関連事業、並びにドイツおよびスイスにおけるパイプラインの権益の取得に係る買収ファイナンスに関して、国際的な融資事業者にアドバイスを提供。

鉱業

  • オーストラリア・ニューサウスウェールズ州における露天鉱山をめぐる課題に関して、日本の商社およびその子会社に対するリーガルサービスについてサポートを提供。

著書・論文

論文

  • 「Infrastructure in Vietnam – Needs and Progress」『Infrastructure Journal』(2013年8月)
  • 「Issues Facing Infra in Vietnam」『Project Finance International』(2013年7月)
  • 「Australian government announces proposed carbon tax framework」『PLC Global Finance newsletter』(コーディネーター・コントリビューター、2011年3月)
  • 「The Basel III Framework – knocking on Australia’s door」『PLC Global Finance newsletter』(コーディネーター・コントリビューター、2011年4月)
  • 「The impact of changes to lease operating standards」『PLC Global Finance newsletter』(コーディネーター・コントリビューター、2011年5月)
  • 「Buzzle (in liquidation) returns: lenders and third parties as shadow directors」『PLC Global Finance newsletter』(コーディネーター・コントリビューター、2011年6月)

講演

  • 「Norton Rose Fulbright Energy Academy: Project Finance」(スピーカー、2014年11月、2015年2月および11月)
  • 「City Law Live: Energy Workshop」(スピーカー、2014年12月)
  • 「Legal Systems of the Pacific」(ゲストスピーカー、シドニー大学主催、2005年)

登録

  • オーストラリア・ニューサウスウェールズ州(2008年)(日本では未登録)

学歴

2006年 シドニー大学(Master of International Law)卒業

2008年 ニューサウスウェールズ大学LL.B.取得

2008年 カレッジ・オブ・ロー(オーストラリア)Graduate Diploma in Legal Practice取得

言語

英語

フランス語

スペイン語

関連情報

取扱業務