このページを印刷する

中村聡子 (なかむら さとこ)

シニア・アソシエイト
税務・移転価格

プロフィール

東京事務所の税務・移転価格グループに所属。国際税務・移転価格の案件に従事。『国際税務プランニングの実践ガイド』を共同執筆し、『国際税務』へ多数の論文を執筆。当事務所に入所する以前は、公認会計士として大手監査法人に勤務し、その後税理士法人にて勤務。

取扱業務

移転価格コンサルティング、国際税務プランニングに従事。特に、米国、中国、韓国、オーストラリアなどの多国籍企業の事前確認制度(APA)の利用や移転価格文書化プログラム等の移転価格プロジェクト、並びに移転価格調査の立会い等のサービスを提供。

著書・論文

論文

  • 「経済環境変化時における税務戦略と配当免税制度を考慮した資金還流政策の考察 – 欧州におけるオランダCOOP等の活用」『国際税務』(税務研究会、2009年4月)
  • 「事業再編・サプライチェーンマネジメントへの国際課税(ドイツ退出税等)の影響」『国際税務』(税務研究会、2008年10月)

著書

  • 『国際税務プランニングの実践ガイド』(共著、中央経済社、2008年11月)

登録

2006年 税理士会登録

学歴

大阪大学経済学部卒業

言語

日本語

英語

関連情報

取扱業務