このページを印刷する

川村 麻紀 (かわむら まき)

シニア・アソシエイト
不動産、銀行・金融、気候変動

プロフィール

9年以上の実務経験を有し、東京事務所の銀行・金融グループ及び不動産グループに所属。The Legal 500 Asia Pacificの不動産法分野2017年版において、国際法律事務所・ジョイントベンチャー部門で次世代を担う弁護士として選出される。英語が堪能。

取扱業務

不動産取引法務および金融関連法務を中心に手掛ける。国内外のクライアントに対し、オフィス・居住・商業施設、リゾート関連プロジェクトにおける、資産取得・処分、リース、資金調達等についてアドバイスを提供。その他、日系企業の海外投資案件、クロスボーダーM&A、排出権取引の案件を多数取り扱う。

主要実績

  • 日系企業のアジア諸国への海外投資事業に関連し、不動産開発の許認可、現地法人への出資等、全般的な調査及び法的アドバイス(報告書の作成を含む)を提供
  • 外資系ファンドによるスキーリゾートの買収に関連し、法的アドバイスを提供
  • 海外の事業会社による日本の本社オフィスのリースに関連し、法的アドバイス(報告書の作成を含む)を提供
  • 外資系企業の日本への海外投資事業に関連し、ストラクチャリング、現地法人への出資等、全般的な調査及び法的アドバイス(報告書の作成を含む)を提供
  • 外資系企業の日本における不動産売買に関連し、法的アドバイス(報告書の作成を含む)を提供
  • 政府系機関、国内大手銀行、日系企業等を代理し、日本国内、アジア、東欧諸国における排出権取引に係る契約書作成、法的アドバイスを提供

著書・論文

  • 『アジア・ビジネスの法務と税務―進出から展開・撤退まで』(共著、中央経済社、2011年8月)
  • 「World Legal & Business Guide No.1インドネシア」『Business Law Journal』(共著、レクシスネクシス・ジャパン、2011年4月号)等

登録

2007年 東京弁護士会登録

所属

  • Tokyo Bar Association – Member

受賞歴

  • The Leal 500 Asia Pacific 2017年版の不動産法分野において、国際法律事務所・ジョイントベンチャー部門で次世代を担う弁護士として選出

学歴

2001年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業

言語

日本語

英語

関連情報

取扱業務