このページを印刷する

ギャビン・ラフテリー Gavin Raftery

パートナー
銀行・金融、フィンテック

プロフィール

ベーカーマッケンジーのグローバル買収ファイナンスグループ議長、及び東京事務所のフィンテックに関するワーキング・グループの議長を現任。アジア太平洋地域の銀行・金融グループ運営委員会のメンバー、東京事務所の経営委員会メンバー。

オーストラリア、イギリス、日本の金融法務に経験を有する。Chambers、Legal 500、『International Financial Law Review (IFLR)』誌に、日本の銀行および金融分野で活躍する優れた弁護士として掲載。

取扱業務

国内外の買収ファイナンス、ベンチャー・キャピタル、金融サービス規制、プロジェクトファイナンス、ECAファイナンス、 デリバティブ、排出権取引、カーボン・ファイナンス、証券化、その他ストラクチャード・ファイナンス案件、金融商品開発に従事。

国内外のクライアントに対し、金融取引及び規制問題に関して幅広いリーガルアドバイスを提供。

主要実績

  • 日本企業による過去最大規模のクロスボーダーM&Aとなった、ソフトバンクグループによる約240億英国ポンドのARM社の買収における一部融資となった1兆円のブリッジローン(つなぎ融資)に関連し、アレンジャー及びレンダーを代理。
  • サントリーによる約160億米ドルのビーム社の買収をめぐる125億米ドルの融資に関連し、アレンジャー及びレンダーを代理。本案件では、『ASIAN-MENA Counsel』誌において、「Deal of the Year」として選出され、『FinanceAsia』誌において、「Japan Deal of the Year」を受賞。またALB Japan Law Awards 2015において、「Debt Market Deal of the Year」、「M&A Deal of the Year」、総合的な実績を表彰する「Japan Deal of the Year」を受賞。
  • ソフトバンクによる216億米ドルのスプリント買収をめぐる1兆6,500億円の貸付に関連し、アレンジャー及びレンダーを代理。本案件では、ALB Japan Law Awards 2014において、「Debt Market Deal of the Year」、「M&A Deal of the Year」および「TMT Deal of the Year」を受賞。
  • ベインキャピタルによるすかいらーく買収をめぐる貸付に関連し、アレンジャー及びシニアレンダーを代理。本案件では、ALB Japan Law Awards 2012において、「Debt Market Deal of the Year」を受賞し、『FinanceAsia』誌において「Best Private Equity Deal in Japan for 2011 by FinanceAsia」として選出された。
  • 米国、欧州、アジア太平洋地域などに拠点を置く様々な金融機関及びテクノロジー企業の日本におけるオンライン金融商品およびプラッフォームの立ち上げに関して、同各社を代理。
  • 日系フィンテックファンドの複数の米国を拠点とするフィンテックスタートアップ企業に対する投資に関して、同社を代理。
  • フランス系金融機関の日本における証券事業の再編および事業拡大に関して、同社を代理。
  • グローバル自動車メーカーの日本における受賞オートローン債権証券化プログラムの構築、及び初期6件の発行に関して同社を代理。
  • 国内、米国、ヨーロッパの多数の金融機関や企業に対し、金利や為替ヘッジ、商品デリバティブ取引についてアドバイスを提供。

著書・論文

著書

  • 『Global Financial Services Regulatory Guide』(共著、Baker & McKenzie、2016年10月、言語:英語)
  • 『Getting the Deal Through – Acquisition Finance 2016』(共著、言語:英語)
  • 『Getting the Deal Through – Market Intelligence: Project Finance』(共著、言語:英語)
  • 『Ghosts in the Machine』(寄稿、Euromoney/Baker & McKenzie thought leadership report、2016年4月、言語:英語)
  • 『Global Acquisition Finance Guide – The Essentials 2015 Edition』(共著、Baker & McKenzie、2015年4月、言語:英語)

講演

  • 「 Expansion. Growth. Opportunities and Challenges in Fintech」(Blockchainに関するセッションを含む)(プレゼンター、2016年12月、言語:英語)
  • 「Risk and Returns – Opportunities and Challenges in Fintech」(Blockchainに関するセッションを含む)(プレゼンター、2016年9月、言語:英語)
  • 「Innovation and Fintech – Blockchain」(プレゼンター、2016年8月、言語:英語)
  • 「Blockchain Beyond Bitcoin – Financial Sector Applications and Asia Pacific Update」(プレゼンター、2016年7月、言語:英語)

登録

1998年 ニュー・サウス・ウェールズ州、クィーンズランド州及びオーストラリア最高裁判所(連邦裁判所制度)弁護士登録
2003年 イングランド及びウェールズ弁護士登録
2007年 東京弁護士会外国法事務弁護士登録

所属

  • 豪州ニュー・サウス・ウェールズ弁護士会会員
  • イングランド及びウェールズの弁護士会会員
  • 多数の業界団体(ISDA及びIETAを含む)に所属
  • SuperCharger フィンテック・アクセラレータ・プログラム(香港)メンター
  • MUFGフィンテック・アクセラレータ・プログラム(東京)メンター

受賞歴

Chambers、Legal 500等において日本の銀行・金融分野および気候変動関連分野の優れた弁護士として多数受賞歴を有する。

学歴

1995年 オーストラリア ボンド大学卒業(LLB)
1997年 カレッジ・オブ・ロー卒業(Graduate Diploma in Legal Practice)
2017年 シンガポールマネージメント大学 フィンテック&イノベーションコース修了(SMU Certificate in FinTech & Innovation)

言語

英語
日本語

関連情報

取扱業務