このページを印刷する

イアン・マックファーソン Ean Stuart Mac Pherson

パートナー
プロジェクト、再生可能エネルギー

プロフィール

東京事務所のパートナー。従来型および再生可能エネルギーの電力発電事業におけるスポンサーの代理、エネルギーおよび天然資源分野における企業買収や合弁事業、大型プロジェクトを主に取扱い、企業法務に携わる。

東京事務所に入所する以前の1995年から1998年にかけて、ベーカーマッケンジーのバンコク事務所において訴訟・仲裁グループに所属。また1999年から2003年には、ベーカーマッケンジーのシドニー事務所において大型プロジェクト・コーポレートグループに所属。

ベーカーマッケンジーの東京事務所では再生可能エネルギーグループを共同で率いており、海外の再生可能エネルギー事業に投資する日系企業への助言を積極的に提供。

取扱業務

電力、鉱業、石油・ガス分野の案件および上場企業への投資案件に従事。日本の公共事業会社、商社および鉱業会社による、オーストラリア、タイ、インドネシア、カザフスタン、カナダおよびその他鉱業国への電力(従来型および再生可能エネルギー)や鉱業プロジェクトの投資案件に携わる。

また鉱業、天然資源およびその他業界の上場企業に対する投資についても、クライアントにアドバイスを提供。IPO投資や戦略的提携による上場鉱業会社の株式取得、またエネルギー・天然資源分野のさまざまな合弁プロジェクトの再編とその後の株式上場に関連し、クライアントを代理。

主要実績

  • シンガポール、米国、中東で事業を展開する船舶用燃料企業の再編において、出資者である日系商社を代理。さらにその後のシンガポール証券取引所へのIPOにおいて、船舶用燃料企業を代理。
  • オーストラリア証券取引所へのオーストラリア石炭会社のIPOに際し、日本の投資家による過半数株式取得を代理。
  • オーストラリア、インドネシアおよびカナダにおける10カ所以上の炭坑の買収と権益売却案件において、日本の投資家を代理。
  • ベトナム国有会社と共同で北ベトナムに大型港湾建設のための合弁会社を設立する案件において、日本の海運会社および商社からなるコンソーシアムを代理。
  • バス海峡における石油・ガス事業の権益11.25%を取得する案件において、日本の商社を代理。
  • 西オーストラリアにおける大型LNGプロジェクトの持分買収案件において、日本の公共事業会社を代理。
  • フランスの上場自動車販売会社の株式29.8%の取得案件において、日本の商社を代理。
  • 南オーストラリアにおけるウラン採掘合弁事業において、日本の電力公共事業会社を代理。
  • 2007年に実施されたタイにおける卸電力事業(IPP)の入札案件において、落札者となった日本の公共事業会社を代理。

著書・論文

講演

  • 『公開会社のM&A: ニューヨーク、トロント、オーストラリアの証券取引所上場企業に対する投資における問題点』(Public Company M&A – Issues for Investment in Companies Listed on the New York, Toronto and Australian Stock Exchange)(2009年10月)
  • 『タイにおけるM&A: 大型プロジェクトの規制問題と最近の動向』(M&A in Thailand: An overview of regulatory issues and current developments in the major projects field)(2008年9月)
  • 『海外投資企業における締役の義務と責任について』(Director’s Duties and Liabilities Issues for Japanese companies investing overseas)(2007年4月13日)

登録

1999年 オーストラリア ニューサウスウェールズ州弁護士登録
2009年 東京弁護士会外国法事務弁護士登録

学歴

1994年 オーストラリア国立大学(Australian National University)法学士号(LL.B.)、アジア研究学(タイ)学士号(B.A.)取得。オーストラリア学長委員会(AVCC)より奨学金を受け、バンコクのタマサート大学法学部に一年間留学

2003年 シドニー大学 法学修士号(LL.M.)取得

言語

英語を母国語とし、タイ語、日本語に堪能。

関連情報