このページを印刷する

菅礼子 (すが あやこ)

留学、研修、出向等により休職中
アソシエイト
知的財産

プロフィール

東京事務所の知的財産・情報通信グループのメンバー。当事務所に入所する以前は、国内大手法律事務所において、国内外の企業間取引及び紛争案件に従事し、知的財産・IT関連法を始めとして、独占禁止法、景品表示法、個人情報保護法、薬事法に関する助言を提供した経験を有する。日本語を母国語とし、英語に堪能。

取扱業務

国内外における知的財産権の保護、ライセンスその他の契約及び紛争解決に関する案件を扱う。特にクロスボーダー取引における知的財産権の権利処理及び契約書の作成・交渉に経験を有する。

主要実績

  • 経済産業省「平成26年度産業経済研究委託事業(営業秘密保護制度に関する調査研究)」において、日本を含む7か国の営業秘密法制の調査及びその報告
  • 特許権、商標権、著作権、その他の知的財産権に関する国内及びクロスボーダーのライセンスその他の契約書の作成及び交渉(共同開発、技術移転、製造販売委託、フランチャイズ、知的財産権の譲渡、ソフトウェアライセンス、エンターテインメント契約等)
  • 日本企業を対象とするM&Aにおける知財関連デューデリジェンス
  • 国内外における商標出願及びこれに伴う拒絶査定不服審判手続に関する助言
  • 世界各国における特許調査及び自由実施確保(FTO)に関する助言
  • 米国における特許不実施主体(NPE)による提訴に対する防御に関する助言
  • アジアにおける模倣品調査及び対策に関する助言
  • 中国企業を相手方とする国際仲裁において日本企業を代理

著書・論文

著書

  • 『食品産業の海外への事業展開に向けて』(共同監修、社団法人農林水産先端技術産業振興センター、2010年3月)
  • 『食品産業模倣品対策の手引き 食品産業知的財産保護委員会報告書』(共著、財団法人食品産業センター(JAFIC)、食品産業海外事業活動支援センター、2010年3月)
  • 『アジアにおける主権免除法制について』(共著、日本銀行、2009年5月)
  • 『食品産業の意図せざる技術流出対策 英文版秘密保持契約書条文文例』(共著、食品産業海外事業活動支援センター、2009年3月)

論文

  • 「諸外国の営業秘密保護法制と実務 米韓中台独で可能な法的措置」『ビジネスロージャーナル』(共著、レクシスネクシス、2016年5月号)
  • 「Flat-fee licensing system falls flat」『 Intellectual Property Magazine』(共著、Informa UK PLC、2013年12月16日)
  • 「The Other Benefits of Trade for Japan」『Wall Street Journal』(共著、2013年12月22日)
  • 「インターネットショッピングモールの運営者の商標権侵害等の責任」『知財研フォーラム』(共著、知的財産研究所、2011年冬号)
  • 「シリーズ・ベトナム投資関連法制 5 ベトナム知的財産法 ―商標権による模倣品対策を中心に―」『JCAジャーナル』(共著、日本商事仲裁協会、2010年2月号)
  • 「急速な変化を遂げる中国の知財実務の動向 特許及び商標に関する最新判例から分析」『月刊ザ・ローヤーズ』(共著、アイ・エル・エス出版、2009年6月号)

講演

  • Practice Area Workshop – Patent Exhaustion in Japan(The 6th Annual In-House Congress Tokyo、2009年12月)

登録

2007年9月 東京弁護士会登録

所属

  • Inter-Pacific Bar Association(環太平洋法曹協会)会員
  • 日中法律家交流協会会員

学歴

2006年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2013年 Stanford Law School(LL.M. in Law, Science & Technology)修了

言語

日本語、英語

関連情報

取扱業務